2014年5月25日日曜日

【動画】有吉ジャポン 33歳遅咲きゲイ、ナオヤが「ひげガール」へ入店した理由

旅行中に放送されてたゲイ・ネタのテレビ番組。遅ればせながらアップします。


ヒゲガール by japaneseTV

これ見て、ゲイの皆さんはどう思った?

なんか違和感を感じたのは僕だけ?

しょせん、深夜のバラエティー番組で取り上げられてるから、おもしろおかしく「キワモノ」扱いされてるのはしょうがないとしても、このナオヤさんが自分を見失ってる感が半端ないと思ったんですけど。。。

男性に振り向いて欲しいから女装する?っていう心境の変化が僕には理解が難しかったなー。

だって33歳まで女装に興味なかったわけでしょ?ドラッグ(クロスドレッシング)には興味なく、単に男として他の男が好きっていう田舎のゲイが、ひげガールっていう女装家やニューハーフが集まるバーに身を置いたことで感化されちゃったっていうだけに映るんですけど。

それか、僕が知らない世界には、男として男が好きなゲイだった人が、男性に振り向いてもらいたくって女装しはじめるっていうのが一つの「定番」パターンとしてあるのかなー?(あー、そういやー、女装すれば男性にモテることを知って目覚めるっていう中華系イギリス人が主人公の映画、『Cut Sleeve Boys』っていうのがあったね。)

ただほとんどの女装したり性転換する人って、周りに感化されてっていうより、幼少期から自分は女性と思ってたり、内面からこみ上げてくる自己に突き動かされてそうしてると思うんだよね。

男性にモテるんだったら、女装してもいいっていう人いる?

もしくは、好きな相手に「女装して」って言われたらどうする?

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)