2013年12月2日月曜日

【動画】イギリス高飛び込みのオリンピック選手トム・デイリーがカミングアウト Tom Daley Came Out on YouTube

トム・デイリー(19歳)が男性と付き合ってるってYouTubeでカミングアウトしたっすねー。やっぱりな。

ちょうどこの10月に僕のブログでも紹介したけど、なぜかイギリス人のトム・デイリーが、ゲイで有名な映画脚本家ダスティン・ランス・ブラックとハリウッドで密会しているところが報じられていて、「なんでぇ〜?カミングアウトの相談かなにか?」なんて訝ってたところ。予想が的中したにゃりねぇ〜。なので驚かないぞ。

 これがそのカミングアウトの動画。


まだ19歳っていう若さでカミングアウトするってエライと思う。だけど、なんか煮え切らん内容やわー。だって、「当然、まだ女性にも興味があるけど、今は男と付き合ってる("Of course I still fancy girls but right now I'm dating a guy)」って。往生際が悪いカミングアウトの典型だねー。

「女性にも興味あるけど、男性が好き」って、ゲイって言い切れない男が言う常套句!僕の予想では、この先、トム・デイリーが女性と真剣にお付き合いすることはないと思うわー。ま、慣れればゲイである自分を全て受け入れられるんじゃない?

実際、注意して彼のカミングアウトを聞くと、彼は一度も「自分はゲイ」とは言ってないんだよねー。これまた往生際がわるー。

「この春、僕はある人と出会って人生が大きく変わったんだ・・・。その誰かというのは、男性なんだ・・・。このことに少し驚いたけど、いつも僕の頭の片隅にこんなことが起きるんじゃないかっていう考えはあったんだ。だけど、この春になって初めて、それが現実のものになった」。

"In spring this year my life changed massively when I met someone, and they make me feel so happy, so safe and everything just feels great. . . That someone is a guy. . . It did take me by surprise a little bit. It was always in the back of my head that something like that could happen. . . But it wasn't until spring this year that something just clicked. It felt right and I thought 'Okay. . . And my whole world changed there and then."
 好きになったのが、たまたま男性でした、っていうことね。これまたありがちー。それをゲイって言うんだよ!って突っ込み入れてやりたいけど、19歳の未成年だから大目にみてあげないとね。

 さて、そんなトムを「これまでにないくらい幸せ」と言わしめた男はどんな人なんだろうね?今はそっちの方が気になるわー。

トム・デイリーが男性とツーショットで写ってる写真を探したらこんなのが出てきた。この中にカレシいるのかなぁ〜?



2 件のコメント:

  1. twitterで知って、早速Tyさんブログをチェックしてみると、やはり、早いですな。毎週のようにチェックしては(もうひとつのブログとともに)とても楽しませてもらっています。ゴシップやハリウッドスターのnakedは入手しやすいですが、現地で話題になっているニュースなんかは知る手段がほぼないので、とても楽しいです。あとTyさんのプライベート話も。

    さてトムデイリーについてですが、僕もやっぱりなあと。しかし19歳という若さでのカムアウトは本当に脱帽。動画から伝わる緊張感を感じると、よりいっそう勇敢だな思います。僕も彼と極めて近い年齢ですが、親にはカミングアウトしていないですから。トムは家族にも伝え、サポートしてくれいているということですもんね。恋人もいるということで、うらやましい限りです。僕は、Tyさんの記事で見た脚本家が恋人なのかなと思いましたが、気になるところですね。今後の報道に期待です。

    最近の二丁目は以前より外国人の数がとても多くなったように思います。興味ない友達はなげいていましたが、僕にとっては嬉しいばかりです。

    出会いを求めてあくせく通っていたのですが、出会いはあるものの実を結ばず、心がすり切れるばかり。二丁目通いも自粛しようかなと思っているところです。そんな僕にも「これまでにないくらい幸せ」と思える人に出会えるといいですが。引き続き更新楽しみにしております。

    返信削除
  2. 久しぶり!ってゆーか、ブログにコメントをくれる人がめっきり減っちゃって本当に独り言みたいなサイトになってたので、コメントを頂いてとても嬉しいです<3

    トム・デイリーのカレシがダスティン・ランス・ブラックという説かぁ。それは盲点だった。だってダスティンってネコ役やし、19歳で背もぐっと低いトムだと、大ネコのダスティンの相手は勤まらなさそー(爆笑。だけど正直コメント)。でも意外な凸凹カップルも結構いるしね。長身、マッチョで年上でネコと、細身で若い年下のタチとか。

    二丁目に外国人が戻ってきたんだー。そりゃーいいニュースじゃない?原発問題があって外国人が遠のいてたのが、戻ってきたんだろうね。あと、経済も回復してるのも関係してそう。

    どんな感じの人たちが多い?英語教師系?ビジネスマン系?軍関係?僕がいたころは、結構、金融機関で務めてる人が多かったような、、、。意外に軍関係が少なくってガッカリだったんだけど、今でも少ないのかな?米軍でも同性愛が認められるようになったけど、東京でもその風を感じる?

    「出会いはあるものの実を結ばず」っていうのが興味をそそるわー。僕と同じ境遇で(涙)。やっぱ、ヤルだけの人が多い?僕は二丁目で真剣なお付き合いをするようになったボーイフレンド2人と出会ったよ。アメリカにきて、二丁目で知り合った外人はまじめな人が多かったなぁって思ったほど。

    stさんの二丁目便りを楽しみにしてまーす。♥️

    返信削除

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)