2011年11月19日土曜日

アシュトン・クッチャーとデミー・ムーアの離婚の原因は、デミーの復讐だった? Real trigger for Demi and Ashton Kutcher's divorce is Demi's revenge?

アシュトン・クッチャーとデミー・ムーアの離婚の本当の原因がわかった・・・。女は怖い~っていうのがよくわかる。

先日、『アシュトン・クッチャーとデミー・ムーアが離婚 Demi Moore to divorce Ashton Kutcher After 6-Year Marriage』で二人の離婚を報じたけれど、その時、僕はアシュトンの一回くらいの浮気を許せなかったデミーはプライドの高い人や~って言ってたけど、現実はさらに複雑だったみたいよ・・・。


確かに、1か月ほど前、アシュトンがサンディエゴに来ていたとき、そこでジャグジーで複数の美女とご乱交に及んでしまったというのが不仲の原因だった。でもその時、エッチしたのは一人の女性とだけだったらしいんだけど。

これを知ったデミーがご乱心になって、なんと、仕返しとしてアシュトンの知り合い男性とやっちゃったんだって。「ほらどーや、相手が浮気したら嫌な気になるやろ?」ってあてつけでやったるって、デミー、すげー。

Demi started banging a member of Ashton's "inner circle" just to make up for his "One Night in San Diego" stunt.(アシュトンへの仕返しに、デミーはアシュトンの「知り合いの一人」とやり始めた」

とあるから、もしかしたら、デミーは1回だけじゃなくって、その男性と何回もやり始めたってことなのかなぁ。その辺は不明。

ただ、このデミーの復讐に耐えられなくなって、アシュトンは離婚へと踏み切った、というのが真実みたいよ。

デミーってこえ~って思わない?どうよ?こういう復讐って。

確かに、最初に浮気をしたアシュトンが悪いけど、それに対して、この仕打ちはやりすぎじゃない?デミーも、もうこいつとは離婚しかないって思ってたのかな?じゃ、すぐに離婚だけすればよかったわけじゃない?アシュトンに復讐して気は済んだかもしれないけど、アシュトンが「離婚や~!」って気になるっていうのを予想してたんかなぁ?「そういうつもりじゃなかったのよ!」とかってデミーは言ったと思う?

でもさ、こういう裏事情は、AP通信の報道には全然載ってなかったね。アシュトンの浮気が原因で、それを許せないデミーが離婚を突きつけた、みたいなコメントしか載ってなかったけど、実は裏にはこんなドロドロ劇が隠されていたとは・・・。やっぱゴシップネタって重要やね。真実は、なかなか主要メディアでは報じられないっていうね。

デミーなんて、AP通信へのコメントで、「私が神聖だと感じる価値観そして(結婚の)誓約があります。この精神に沿って、私は自分の人生を次の段階へと進めることにしました・・・」なんて聖母みたいなこと言ってたのに、自分だって、結婚中に別の男、しかも夫の知人とやっちゃってたわけじゃない?婚姻中の不貞行為という意味では、デミーも同罪やわ。

皆さん、この二人のドロドロ劇、どう思う?僕はやっぱアシュトンの味方やわ~。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)