2012年1月16日月曜日

浜崎あゆみが1年で離婚した元夫マニュエル・シュワルツのヌード写真集 - "Super Manuel" -Japan's Pop Queen Ayu Hamasaki's Ex-Husband Manuel Schwarz in Nude Photobook


浜崎あゆみが離婚したんだー。結婚してちょうど1年らしいね。そういや、僕のブログでもあゆの結婚についてここで書いてた。2011年1月13日かぁ。ホントにちょうど1年前なんだねー。

離婚の原因についてはここや、ここでいろいろ書かれてるけど、一番気になったのがこれ:

関係者によると、マニュエルが浜崎に無断で写真集を出版したことも大きく影響しているという。昨年11月、マニュエルは浜崎に相談せず、自分のヌード写真集「SUPERMANUEL」を発表した。同書には「美しい妻に捧ぐ」と記し、ツイッターでも「少し早いクリスマスプレゼントだよ」とつぶやいた。浜崎も「心臓が止まりそうになった(笑)」とつぶやいたが、内心は怒っていたという。写真集には股間を強調した悪ノリともみえるカットも掲載されていた。

見てみたい~って思って調べたらネットに溢れてた・・・。



1000部限定で出版されたんやねぇ~。

浜崎あゆみの夫でオーストリア出身俳優のマニュエル・シュワルツ氏が11月25日、写真集「SUPER MANUEL」を1000部限定で発売することがわかった。

同作を手がけた写真家レスリー・キー氏のTwitterによると、52ページに及ぶ写真集はロサンゼルスにて撮影されたもの。そして25日からクリスマスイブまでの1ヶ月間、六本木ヒロミヨシイ・ギャラリーにて同作の発売記念を兼ねた男性ヌード写真展を開催するという。

見てどう思う?これはキレイかなぁと思う。

でもこのOバック下着はちょっと・・・。

去年、結婚したときに見た写真はもっとカッコよかった印象があるけど、この写真集って別人っぽくない?髪を黒く染めてる?







オーストリア人っぽくないよね。一瞬、スペイン人のアントニオ・バンデラス似。

あ、またOバックや~。しかもまた開き系ー。これは笑えるわー。


わお~。女性用下着ブランド「ビクトリアズ・シークレット」のパロディー?これにあゆも「dickmatized」されてたんやねぇ~。



でもさ、ヌード写真集って言っても、全部出してるわけじゃないみたいだしさ、カワイイっちゃーカワイイよね。これが離婚の主な原因だとしたら、マニュエルがかわいそう・・・。でもそもそも格差婚だから、妻の逆鱗に触れて解雇告知、じゃなかった、離婚告知されたというなら、もうそれは最初っから織り込み済みの結婚条件だったわけだしね。

これ、マニュエルのツイッター@Mannie69 だけど、名前からしてふざけてるよね。69って、あんた・・・。まー、もともとこういう性格の人なんでしょ?!それを分かって結婚してたはずだし、この程度のオフザケ写真集が離婚の原因じゃなさそうだよね。

で、今回の離婚でマニュエルはいくらの慰謝料をもらったんだろうね・・・。

ゴチソウサマ~。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)