2011年10月8日土曜日

日本人女性ミカが映画『スパイダーマン』を英語で説明 Japanese Girl Explains Spider-Man

こんな日本人女性が作ったYouTubeビデオがアメリカで(しかもなぜかゲイのサイトで)紹介されてる。

他にもタイタニックとかいろいろな映画を同じ感じで英語で紹介してるんだけど、、、、。

これが一部英語圏の人達にウケてるみたいだねー。このコテコテの日本語訛りで間違いだらけの英語、全く足りない英語のボキャブラリー、飾らない風貌っていうのが相まって、「おもろー」っていう反応になってるみたい。


そっかー、こういうコテコテの日本語訛りで語彙力も小学生レベル、人の好さそうなアジア人を演じれば、それがいいって言ってくれる人達っているんだねー。無理してアメリカ英語をネイティブ並みにしゃべる必要はない、と。。。

でもこれって一理あると思うんですけど。普通にアメリカ育ちのふりして英語で話してて、相手もこっちがアメリカ育ちのアジア人だと思うと、なんか関係が親密にならないというか、その場の雰囲気がほだされないっていうか・・・。

こっちが、「実は生まれも育ちも日本なんだよ」、なんて言うと、途端に相手が愛想よくなる、なんてことがある。あれって、何なんだろうね?突然、向こうはアメリカを代表してる気分になるのかね?"Welcome to the United States of America"みたいな?下手な英語を話すと、アメリカ人の男の中には逆に安心する人達っているのかもね。逆に、英語が下手な外国人はお断りっていう(ブライアンみたいな)人もいるけどねー。そこを使い分けるのが難しい。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)