2012年2月15日水曜日

筋肉マッチョになりたい? A Chubby Comedian Becomes a Matcho Man on Japan's TV Show

先週2月10日に放送された『Oh!どや顔サミット』見た人いる?おデブ芸人がムキムキ・マッチョに大変身っていう内容だったんだけど。。。

before and afterの写真をこう並べてみると、もう別人・・・。やっぱ身体は大切だよねーって思った。例えば、ゲイの出会い系サイトに初日のデブ写真を使ったプロフィールと、3か月後のムキムキになった写真のプロフィールを掲載したら、断然、後者のほうに応募が殺到するでしょー。あ、デブ専の方には申し訳ないけどさ。


このカリスマ・トレーナーの費用が1か月で43万円っていう料金もすげーって思ったけど、その食事内容もすごいよね。肉、肉、肉ばっかっていう。でも、43万円も払う価値ある?と思ってしまったんだけど、、、だって全部一人でできそうな内容やし、やってることもMen's Healthとかの筋トレ雑誌とかでいつも書かれてることだし。。。やっぱ、これまでダイエットに失敗してる人にしてみたらワラにもすがる思いなんだろうね。


10代の頃って成長期でどうしても身長が伸びる分、やせ型な体系になってしまう人が多いと思うけど、20代になって筋肉つけたいっていうのは多くの(ゲイ)男性が思うはず。僕もそれにもれず、一時期、筋トレに目覚めた時期があったのだー。

この番組で紹介されたみたいに、炭水化物は極力減らして、肉、卵白、大豆のプロテイン飲料なんかを大量に摂取。筋トレもほぼ毎日やって、これまた番組内であったみたいに、筋肉に色んな刺激を与えてマンネリ化しない筋トレプログラムを開発したりして。やっぱ3か月後には大胸筋や上腕二頭筋が発達してV字体型になった。で、ゲイ・バーでの男の食いつき方が変わったなぁと実感したまでは良かったんだけど・・・。

こういう肉体を手に入れてしまうと、だいたい言い寄ってくる男は身体目当ての軽薄なヤツが増えるという悪い影響が出てきた。やっぱskin deep(表面的なこと)しか見てないから、もう筋肉見ただけで相手が萌えちゃって、中身まで見ようとしないんだよね。ノンケの世界で言うと、胸のデカイ女性が、そればっかに目が行く男しか言い寄ってこないっつーのと一緒やわ。

あと、筋肉マッチョの体系を維持するのが大変!肉代がかかるし、プロテイン飲料も結構するし、筋肉は高い、っていうのが実際やってみた感想。この番組でも赤身肉を大量購入してそればっか食ってるでしょう?こんな食生活、一生できんでー。

短期間で体重を減らして筋肉つけるにはこの食事療法が効果的だと思うけど、やっぱり長期的に見たら健康に悪いっていう研究結果がある。番組内でも痩せて筋肉つけるには「高たんぱく、低脂肪」って言われて、一見、健康食の代名詞みたいに聞こえるけど、高たんぱく・低脂肪の食事に偏ると発がん率が高まるという研究結果がある。あと、タンパク質やカルシウムを摂取するのに低脂肪牛乳がよさそうだけど、牛乳や乳製品を摂取すればするほど骨粗鬆症になるっていう統計結果もある(牛乳を飲むと身体が酸化するので、それを中和しようと骨からカルシウムが溶け出すらしい。乳製品の消費量が多いデンマークなんかの北欧では日本より骨粗鬆症が多いんだって)。

僕も低脂肪乳を毎日1リットル飲んでた・・・。そしたら、てきめん、吹き出物が出るようになったし、肌がガサガサになったね。最初は原因がわからなくて、1か月続けたんだけど。というのも、筋肉が増えると男性ホルモンの分泌が増えるから、吹き出物が出やすくなると聞いたことがあったんで。でも牛乳飲むのやめたら出なくなった。

あとさ、ボディービルダーみたいな人で肌が若々しい人って見たことある?まー、彼らは日サロに通って紫外線を浴びすぎてるから肌がボロボロになってるっていうのもあるかもしんないけど、やっぱ筋肉つけるために大量に(タンパク質ベースの)食事を採ると老化は進みそう。

NHKの番組でもやってたけど、老化を遅らせる方法の一つが摂取カロリーを減らすことっていうのがここ数年で分かってきたらしいんだよね(関連したニューヨークタイムズの記事もある)。必要な栄養を取りつつ摂取カロリーを減らすと、老化を司る染色体の両端部分のすり減り方がゆっくりになって若さを保てるんだって。 昔から言われてきた「腹八分」って、やっぱ健康によいことなんだね。で、筋肉を増強させるための食事はそれに逆行してるなと。

これは究極の選択かもね。若いうちだけでもいいから、筋肉マッチョになって、やりまくりの「太くて短い人生」がいいと思うか、野菜中心でバランスのとれた食事して筋肉マッチョじゃないけど健康的でお肌ツルツル、いつまでたっても若く見えるっていう「細くて長い人生」がいいと思うか・・・。まー、人生の中で短期間でも一度マッチョになれば、「ま、こんなもんか」って吹っ切れるかもしんないからやる価値はあると思うけど。みんなはどう思う?

4 件のコメント:

  1. なるほど、興味深い。太く短くor長く細く…やりまくりって(笑 ダンサーとかほんと細マッチョイケメンの宝庫ですよ。しかも、イケメンに限ってゲイ。皆、美意識高いですからねーこっちのダンサーは顔も小さいし、いつも羨望の眼差しで見てしまいます。体質的にもなかなかマッチョにはなれないので、僕は選択の余地なしで後者の「長く細く」かな。「やりまくり」も僕には無縁ですしね…

    返信削除
  2. ダンサーって運動選手と同じだから実用的な筋肉が程よくついてるよねー。やっぱ筋トレだけで付けた筋肉とは一味違うよね(pun unintended...)。ダンサーと言えば、むかーし、ニューヨークでクラシック・バレエのダンサーと一夜を過ごしたことを思い出した・・・。ベッドに寝そべった状態で足だけで白鳥の湖やってくれたのは豪華やったわー。( ̄ε ̄;|||

    返信削除
  3. えーそんな逸話も!!ネタ持っていますね(笑 クラシックバレェーのダンサーとか、多分体は彫刻のようだったんじゃないですか?バレェダンサーの体って、決してマッチョではないけど、良質な筋肉と言うか、しなやかでほんとにキレイですよね。僕の意中の人…実は元バレェダンサー。僕もベッドで寝そべった状態で横で踊って欲しい。「くるみ割り人形」とか(笑 まぁ、あり得ないですけどね。anyway, 自分も彫刻のような体型を目指します!!

    返信削除
  4. そうだねー。ここでは言えないようなことも含めると、ネタの数はけっこうあるかも。(^.^;

    やっぱクラシックバレーのダンサーの身体は普通じゃなかったね。自分の脚の美しさにものすごい自負心というかプライドがあって、「膝部分がまっすぐっていうのがとってもクリティカル」って語ってたなぁ。

    返信削除

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)