2012年2月25日土曜日

ニューヨークからのゲイ友とロサンゼルス・ライフ満喫 Exploring Los Angeles Gay Life With a Buddy from New York City

ニューヨークから旧知のゲイ友(アジア人&南米人好きな白人男)が遊びに来てる週末。僕も金曜を休暇にしていつもと違ったロサンゼルスを楽しんだぞ。やっぱりこだわりの友達と行動を一緒にすると、自分の日常の型を破って新鮮な体験ができるよね。

コーヒー通の友達なので、こ洒落たカフェを検索できるアプリをiPhoneにインストールしてる。。。スタバなんかのチェーン店には絶対入りたくないというこだわりよう。なので朝のコーヒーも特別なコーヒーを味わいたいというので、ゲイ・タウンのウェストハリウッド(WeHo)にあるカフェCommissaryへ行ってきた。

Commissary
801 N Fairfax Ave
Los Angeles, CA 90046
Neighborhoods: Mid-City West, West Hollywood
(323) 782-1465
www.coffeecommissary.com

WeHoといってもゲイバーが立ち並ぶ中心街から遠くて少しうら淋しいエリア・・・。だけど開発が進んでる地区みたいでオシャレな客の多いこと。ゲイ客は半分くらいで、残る半分は脚本家とかデザイナーなどクリエイティブ系の仕事をしてそうな(←勝手な想像)若いイケメン男性がわんさか。しかも全員、Mac使ってるっていうね。ちなみにこの時、僕以外はアジア人ゼロでしたわ・・・。

なによりコーヒーを淹れてくれたバリスタがイケメンやった~。つねにネクタイをしてるのがユニフォームみたいね。愛想はあんまよくなかったけど。。。支払いもフリップする小型コンピュータ画面がカウンターについててオサレ~。(これは行って直接見ないと、説明しにくい・・・。)

これ↓はネットで見つけた写真だけど、僕が行った時も似たネクタイしてるのでやっぱユニフォームなんでしょう。行く日によってバリスタが変わるみたいだから、誰に当たるかは運しだい~。

コーヒーを入れてくれるカウンター兼キャッシャー↓。注文を受ける度に手で1杯ずつコーヒーを入れてくれる。淹れたコーヒーをビーカーで受けるっていうのがなんとも面白い(写真の右側↓)。ちゃんと分量を量るためなんだろうね。やっぱイケメンが淹れてくれたコーヒーは一味違いますたわ。コーヒーは1杯3.5ドル前後。

中に座る席もあれば、外にも20席ほど(?)座る椅子やテーブル、パラソルがあってイイカンジ。外は犬を連れた客が多い。同じブロックに巨大ペット用品店があるっていうのと関係してそう。

そして南カリフォルニアに来る友達が必ずリクエストしてくるのが、ビーチ。というので僕らも腹ごなしにビーチへ。霧がかかってたけど、サーファーも何人か出てたし、冷たい水ながら裸の上半身を僕らに見せつけながら海に入る筋肉ジョックがいたりして豪華~。

しかもイルカが10頭ほど出現して水面から飛び出してジャンプしたりして友達も、「ナショナル・ジオグラフィックの番組みたいだね!」って興奮。連れてきた甲斐があった。でもビーチにきたら5回に1回くらいの頻度でイルカは見られるのだけどねー。

ビーチでまったり時間を過ごした後、今度は彼が会員になっている高級スポーツクラブのEquinoxへ行こうということに。無料でゲストを呼べるってことで、僕も初体験~。数あるスポーツクラブの中でも高級なところとしてかなり有名。

最初の写真(↑)が、そのEquinoxの数年前の広告。オリンピックに出場したことがあるスキー選手のジェレミー・ブルームがモデル。

こっちはまた別の広告(↓)・・・。刺激的だよね。ま、そういうスポーツ・クラブなわけです。


ロッカールームに入って早々、全裸で歩き回ってるイケメンたちにたじろいでしまった僕・・・。心の準備ができてない・・・。いつも見慣れてるはずなのに、いざこうやって直近で囲まれてしまうと直視できないよね。あーもったいねー。

友達と空いたロッカーを見つけて、そこにあるベンチに座って服を着替えてたら、通路を挟んだ反対側のロッカーでも服を着替えはじめる若い白人男性・・・。僕の友達は背を向けてたから気が付かなかったけど、正面を向いて座ってた僕の目の前では、一人ストリップショーが始まった。わざとらしく下着を脱ぎ、軽く両足を広げた状態で前かがみになってなにやらモゾモゾ物を探す仕草・・・。もうタマもナニも股の間から見えちゃってるしー。あれってわざとだよねー。いやー、Equinoxに入店して3分でこの洗礼。

施設全体が、とにかくゴージャス、清潔、オサレ。おいてるマシンとかはどこにでもあるものなんだけど、おしゃれな内装、高級な雰囲気、窓から見える絶景、イケメンのジム・トレーナー、そして来てる客層もゴージャス揃い。金曜の昼間ってこともあり、ランチタイムにひと汗流すために来てるリーマンが多かったみたいね。だけど身長190センチ以上みたいなのがゴロゴロしてて威圧感あったなぁー。(←って僕が気弱すぎ?)

僕が通ってるジムだと、ロッカールームでふと気づくと真後ろにジジイが立ってたなんてホラーストーリーが日常茶飯事なんだけど、やっぱEquinoxは、気づくと真後ろにイケメンが立ってた、なんていうのが何度も起きるんで、これはハマるとハマっちゃうだろうなぁ~。

友達も、ニューヨークでは別のジムに入ってたのだけど、常に濡れてぐちょぐちょな床のロッカールームだったりと、不衛生な施設にウンザリしてEquinoxに変えたそうな。入会前にEquinoxに見学に行ったら、受付嬢が、「ゲイの見込み客1名あり~」(←彼の勝手な想像)という館内連絡みたいなのがあって、イケメン男性トレーナーが登場。彼を案内してくれたんだそう。

しかも、ジムを案内しながらのセールストークが、「ここでは僕らはファミリーみたいなもんなんだよ。君も入会すれば、僕と一緒にエクササイズできるよ」とか、かなり匂わす内容だったとか。心の中では、「いやー、あんたとはエクササイズのレベルがちゃうでしょー」って友達も思ったらしいんだけどね。笑える~。

僕が筋トレしてたときも、ゲイっぽい客のトレーニングを指導してたトレーナーが、これまたイケメン。彼も僕がゲイって気が付いたみたいで目線が火花。あれも営業の一つ?!

どれくらい払ったらああいうイケメン・トレーナーに指導してもらえるのかわかんないけど、彼はエクササイズの後、客にマッサージまでしてた!筋トレコーナーの横に、マッサージ用のベンチが置いてあったりして、そこで足の筋肉を伸ばすマッサージとかやってるしー。ええわー。でも高そう。



スチーム・ルームもついてるし、シャワーも水量が豊富で足元は檜(?)だしオサレ~。備え付けのシャンプーもアミノ酸配合とかで高そうな感じ。使ったら髪しっとり。タオルも高そうなフカフカのが館内中いたるところに山積みになって使いたい放題なんだよね。ああいうちょっとしたことだけど大盤振る舞いなところに高級感がにじみ出てる。

友達に聞いたら、毎月183ドル払ってるそう(パーソナル・トレーナーはもちろん別料金)。入会金もそれくらい取られるそうなのだけど、彼の場合は7周年記念で7ドルだったとか。ネゴると入会金は安くしてもらえるみたい。

いやー、恐るべしEquinox... これまでは毎月180ドルもジムに払うなんてアホらしぃ~って思ってたけど、その価値あるかも。あとは、実際にどれくらい出会いのチャンスがあるかってことやねぇ(ってかなり動機が不純)。来てる男たちが半分以上ゲイで、しかもイケメンっていうのだけで期待は膨らむけど・・・。一旦入会すると最低1年間は解約できないそうなんで、20万円ちょいの投資か。みなさんだったらどうでしょう?

ちなみに、ニューヨークのゲイ・エリア、チェルシーにあるEquinoxでは、男性ロッカールームの入口を入るとすぐ正面にスチーム・ルームがあって中がぼんやり見えるそうで、中で「悪いこと」ができないデザインになってるんだって。下手に人通りの少ないロッカールームの奥とかに作っちゃうと、ホント、悪さするチェルシー男とか多そう~。以前紹介した『スチーム・ルーム・ストーリー:隠れゲイたちの小話ビデオ』を思い出しちった・・・。

チェルシーといえば、ニューヨークのメガ・ゲイ・バーのXLが話題らしいね。「セックス・アンド・ザ・シティー(SATC)」の撮影でも利用されたXLは一旦閉鎖されたのだけど、去年、ニューヨーク初のゲイ・ホテル、The Out NYCの中に再オープンしたそう。へぇ~。やっぱニューヨークのゲイ・シーンって常に変化してるよねー。


ジムで心身ともにリフレッシュした後は、オーガニックのサラダが食べられるTender Greensでランチ。野菜がウマイ!


久々に再会した友達だったので、話題が尽きなくて色んな面白いボーイズ・トークが炸裂したんだけど、全部書いてると終わりそうもないのでこの辺で・・・。彼とは明日もロサンゼルスに繰り出す予定!

2 件のコメント:

  1. EQUINOX豪華でいいですよね。入り口の前通るたんびにそう思っています。
    近所のEQUINOXにはプール付いてないドライ・ジムなのでボクは違うジムに通っていますが、なんかストレートが多そうな気が、-.- 失敗。笑
    やはりニューヨークのゲイの皆様はEQUINOXじゃないとあかん!と思っている人が多いんですかね。プールも一緒に作ったら会員数もっと増えるだろうに。マンハッタンだとスペースの問題が絡んでくるのかなー。ロスの広大な敷地と比べられないですよねー。
    お友達と楽しいお時間、お過ごし下さいませ。

    返信削除
  2. そっかー、Junさんは泳ぐんだね。

    Equinoxにデビューしたときは、来てる男たちのゴージャスさに感動しちゃってたけど、数日たってみて、ようは、オシャレさんたちが行くゲイ・バーでみかける客層と同じっちゃー同じなんだよねぇ。そういうゲイ・バーって、気位の高いゲイが多いじゃない?Equinoxも、結局、そういう見た目重視で日々ジムに通ってるビッチなゲイが集まってるのかって考えたら萎えてきたかも。。。

    やっぱ、初めて行ったときの印象と、頻繁に通い始めてジムで顔を合わせするのはだいたい同じ人(気位の高いゲイ)になってきたときの印象って、また違うと思うんだよねぇ。理想は、今通ってるジムでよく見かける気取らない男性が、実はゲイでこっちに興味あるっていうシチュエーション・・・←かなり妄想。

    返信削除

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)