2014年4月2日水曜日

【動画】マッチョなラグビー選手たちのヌード写真集 撮影風景の動画、他

やっぱりラグビー選手ってセクシーだよねー。水泳選手、サッカー選手、消防士、警察官、自衛官/軍人と並んで、どこの国に行ってもゲイにとって憧れの存在。

先週も、ニュージーランドで全裸でラグビーする動画なんかを紹介したけど、もっとスゴいラグビー選手の動画を見つけたので紹介するヨ。

 まずは2009年からヌードカレンダー『Les Dieux du Stade(スタジアムの神々)』を出して有名になってるパリのラグビー・チーム。その2014年版カレンダーのメーキング動画。

ほぼほぼ見えてるね(笑)。ヘアーも見えてる(p゚∀゚q)




これは2013年版カレンダーの動画。めちゃカラダが出来上がってる男ばっか出てくる、、、。今回紹介する動画の中で、一番、男のレベルが高くて動画もアーティスティック。天国って、きっとこんなところなのね、、、。




これはイタリアのラグビー・チームのヌード・カレンダー(?)の撮影風景。生ハムと一緒にっていうのがイタリアっぽいね。でもどっか田舎臭いっつーかバタ臭いっつーか、イマイチ、センスが感じられない。脱いでる男たちは、普通のノンケって感じで、それはそれでオイシイです、はい。




これは世界初のゲイのラグビー・チームのイメージ動画。イギリスはロンドンにあるKings Cross Steelersっていうチームだって。来年で創設20周年になるそう。へぇ〜。やっぱ、チームメートの間で色恋沙汰が起きてるんだろうね(妄想)。




2年に一度、ゲイのラグビー世界大会が開かれてるって知ってた?The Bingham Cup(通称、Gay Rugby World Cup)って呼ばれてるんだって。見に行きた〜い。今年はシドニーで開催だそう。これはそのプロモーション・ビデオ。女性チームもあるんだね。さすが。きっと、開催期間中の会場ではグラインダーが混雑状態になるんでしょう。啞啞、行きたいなぁ。




これも有名なイギリス人ラグビー選手Ben Cohenの撮影動画。彼って、積極的にゲイの人権とかを訴えてるゲイ・フレンドリーなノンケ選手なんだよね。一度でいいからお手合わせ願いたいねぇ〜。←一回だけでいいからやらせてって女性に頼み込むノンケ男子と一緒ね(;´д`)




これは、以前にも紹介したイギリスのノンケ・ラグビー選手たちが酔った勢いで脱ぐわ、男同士でキスするわのどんちゃん騒ぎを撮影したテレビ番組。もう前もみえちゃってるwww。




そして、最後に取っておいたのが、ベスト動画!これはテレビコマーシャルなんだけど、あまりに衝撃的すぎてアメリカでは放送禁止になったイワクツキの動画。確かに、これが普通にテレビで流れ始めたら引くわー。オレでも引くわー。しかも家族とか一緒にいたら超引くわーーー。



このコマーシャルに出演してるラグビー選手は、ホンモノの選手なんだって。だけど、「主演」の二人は役者さんだって。やっぱ、そこは「プロ」なのね(笑)。

まー、たしかのこの熱のこもりようは、ノンケのラグビー選手には出せないにゃりよねぇ〜。いやー、このタングアクションはホンモノですわ。 (;^_^A

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)