2007年5月25日金曜日

傑作ゲイドラマ『ライン・オブ・ビューティー』がオススメ The Line of Beauty


久々に傑出したゲイ・ドラマをご紹介。BBCで2006年に放送された、The Line of Beautyというドラマ(1時間×3話)。最近、こちらではDVDが発売開始になった。原作はアラン・ホリングハーストの同名の作品。2004年にブッカー賞を受賞した傑作(らしい)。(日本語による説明をされているブログを発見。こちら。)

ジェームスによると、作家がイギリス人ということもあり(?)かなり高尚な表現や語彙が多くて読みにくい文章なのだとか。特にネーティブでない僕なんかは楽しめる代物じゃなさそう・・・。ボブは読んだって言ってた。

で、この作者(白人イギリス人)は有色人種が好みらしくて、絶対、彼の作品には白人と黒人のシーンが出てくるとか。The Line of Beautyにも、まさに予言どおりにそういうシーンが初っ端に出てきた。動画でも湯気が出るほど生々しいシーンだったけど、原作はもっとスゴイらしい。なんかわかる気がする・・・。映像より、想像を掻き立てる言葉による描写のほうが生々しいっていうの。

遅ればせながら、ストーリーをご紹介。主人公はNickという中産階級出身の好青年(写真中央)。彼とオックスフォード大学で同級生だったTobby(写真左側)は、父親が保守派の政治家で金持ちという家庭で、大学卒業後、Nickはこの家庭に居候することになった。しかも驚いたことに、Nickは自分がゲイというのを公言していて、意外なことに、その保守派の父親ですら気にすることなくNickを受け入れ、信頼関係を築いていく。特に、Tobbyの妹は、精神不安定で、反抗的、かつ自殺願望の強いキャラクターなんだけど、彼女とは大親友になる。そういう娘といい関係になるNickを、彼女の母親も信頼を寄せ、家族同然のような関係に。

一方、80年代のロンドンにあって、ゲイ文化は花開いていた。Nickは色々な男性と関係を持つが、そんな一人が、ビジネスで財を成したレバノン系移民の息子Wani(写真右側)。だけど彼はクローゼット状態で、婚約者がいる存在。しかも、Waniは押し殺した自分のセクシャリティーのためか、見境なく他人と関係を持つ。そして彼らを襲うエイズという脅威。そして幸せで完結した生活にも亀裂が・・・。

登場人物がそれぞれ確立され、まるで実在する人物のように完成されているのは、さすがブッカー賞を受賞した作品だけある。B級(もしかしてC級?)が多いゲイ・ドラマにあって、これは稀有な作品といえるでしょう。80年代、ゲイ、政治、エイズ、っていうキーワードが、アメリカの作品、Angels of Americaと重なっているなと思いました。


これは、もともとブロードウェーの脚本としてトニー・クシュナー(ゲイのユダヤ系アメリカ人)が書いた作品が元になっていて、2003年にテレビドラマ化された。(モルモン教徒で、自分のセクシャリティーに悩む青年役の役者がハンサム。)この作品も超オススメ。


0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)