2014年4月8日火曜日

【動画】英俳優ダン・スティーブンス 女装趣味を持つニューヨークのイケメン・パパを好演 - "High Maintenance"の最新エピソードで

イギリス人俳優のダン・スティーブンスって典型的なイケメン・イギリス人。彼が話題のウェブ・ドラマ・シリーズ『High Maintenance(ハイ・メインテナンス)』の最新エピソードでイケメンのパパを演じてる。

彼って、欧米で社会現象になった英国ドラマ『ダウントン・アビー(Downton Abbey)』にも出演してたんだね。

今回、イケメンやわーって見てたら、友達のジェームスが、「彼って「ライン・オブ・ビューティー」で主演してたよね」ってボソっと呟いた。

なぬー!

『ライン・オブ・ビューティー』 って、僕のDVDコレクションにあるし、、、。

しかも、2007年5月25日にその感想をブログに書いてるし、、、。

これが 『ライン・オブ・ビューティー』の表紙。やっぱ若いっ。このドラマでは、有色人の男とヤリまくりのイギリス人青年を演じてるのだー。見てない人には、ぜーったいオススメ。見た後、トラウマになっちゃうかもしんないけど、、、。


そしてこれが『ダウントン・アビー』での彼。太ってるね。あとやっぱ老けた。


そしてこれが、最新のウェブ・ドラマでパパ役を演じる彼。また痩せたみたいね。彼、ヒゲを生やしてる方がカッコいいと思うわ。


無料のウェブ・ドラマなので、日本でも見られると思う。ただ日本語字幕がついてないけど、、、。13分と短いので、英語がわかんなくてもなんとなくストーリーは追えると思う。


おおまかなストーリーはというと、ニューヨークで妻と息子と生活するColin(コリン)が主人公。そのColinを演じるのがダン・スティーブンス。

妻はファッション業界でバリバリ働くキャリアウーマン。一方、Colinは、作家を目指しているけど、全然、芽が出ない。毎日、息子を幼稚園へ送った後、自宅でマリ0ァナを吸って無為に過ごす日々。

たまに妻から、「あなた、今日こそは何か文章を書きなさいよ」と言われ、そういう日はカフェに行ってマックとにらめっこ。

だけどそんな日も、午後になると息子を幼稚園へ迎えに行かないといけない。

日常は、息子を幼稚園へ送り迎えすることを中心に回り、息子が幼稚園へ行っている間は、自宅で一人悶々と過ごすことの繰り返し。

そんな彼には秘密の趣味があった——

っていうストーリー。

もちろん、その趣味っていうのは女装なのね(笑)。

まー、『ライン・オブ・ビューティー』でヤリまくりのゲイ青年を演じた彼にしてみれば、女装なんて朝飯前だろうけどw。

エンディングが超意外で斬新だったなー。いまどきのurban daddyってこういうのを言うのかなーって思ったり。もうゲイ・カップルなんて古いんだよ!って言ってるようにも聞こえた。

皆さんの感想は?


【追記】
『ライン・オブ・ビューティー』の第1話冒頭がYouTubeにアップされてた。


この動画の後半はR18指定で。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)