2013年11月15日金曜日

カミングアウトするときに気をつけるべき3原則 Three Rules - Coming out of your closet: Ash Beckham at TEDxBoulder

先週の投稿、『お笑い芸人のこまつ、ゲイだとカミングアウト』でも書いたけど、カミングアウトするときに「ゴメン」って謝るのはおかしい!という件。


そのとき、僕が一番の疑問に思ったのが、コマツが両親に謝ってたこと。

「ゲイでゴメンナサイ(I'm sorry for being gay)」なんてぜーったい言わねーし。このブログでも、アメリカの芸能人のカミングアウトを沢山取り上げてきたけど、親とかに謝ってる人なんて一人もい ないからね!そこが日本語思考と英語思考の大きな違いだと思うわ。
 まさに、このことについて語ってるYouTube動画がアメリカで話題になってた。なんちゅうタイミング。

コロラド州ボルダーで開かれたTEDで、レズビアンのアッシュ・ベッカムが、カミングアウトについて語ってる中でこの点について触れていた。



日本語字幕がないのだけど、カミングアウトの心得みたいなことを語ってる。

彼女が言うカミングアウトするときの3原則は、

1、be authentic:本物であること。自分にウソをつかない。

2、be direct:直接的であること。ゲイであるなら、「僕はゲイ」と言ってしまいなさい。両親に、「僕はゲイかも」と濁してカミングアウトしても、「ゲイじゃないかもしれない」と両親に変な期待を持たせてしまうことになりかねない。

3、 be unapologetic:謝るな。これが最も重要なこと。カミングアウトするときに、決して謝罪しないこと。自分は自分。本当の自分をさらけ出すのに謝る必要はない。

まさにその通り!これからカミングアウトを予定されてる方、ご参考にされてはどうでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)