2013年7月12日金曜日

【動画】有吉ジャポン 「ある”ゲイカップル”に密着!」2013年7月12日 を見てみた



日本のテレビ深夜番組、『有吉ジャポン』で「ゲイカップルに密着」っていう文字が躍ってるのを見かけて、おもわず見入ってしまったよ。またきっと、ゲイのことを面白おかしくとりあげてるんとちゃうん~?っておもいつつ見たら、深夜のお笑い番組にしては意外としっかりと取り上げられてて好印象だった。しかも、ゲイカップルが二人とも若くてイケメン。


番組冒頭のナレーションで、「電通総研によると日本人成人の20人に一人(5.2%)がセクシャルマイノリティ」なんだって。ま、アメリカの複数の調査でも、確か、3%~10%という数字だったから、電通総研の調査結果もその中間値に無難に着地したって感じだね。でもどうやって調査したんやろ~。気になる。(そういやー、2011年のブログで、『アメリカ国民に占めるゲイ人口発表!』っていうの書いてました。)

僕が子供の頃にも、ビート武の元気が出るテレビか何かで、やっぱり同じようにゲイのカップルを取り上げて、二人の結婚式を挙げるっていうのやってたんだよね。高田純次がレポートしたりして。そのカップルも子供ながらにイケメンで、かっこえーって思った記憶がある(←僕って超ベテランゲイやわwww)。だけど、時代が時代というのもあるし、番組が番組というのもあって、やっぱどこか笑いのネタにしてる雰囲気が否めなかったんだけど、今回の番組は思いのほか好印象で見てて喜ばしかったな。

ちゃんとゲストにレズビアンとゲイの人(GQの編集長って、頑なに自分はゲイって言わないよね)が出てフォローしてるのも最高。日本の社会が(経済は発展したけど)多様性を社会の中に認めることに関しては遅れてるっていうのって、まさにそのとーりー!って拍手喝采を送りたいね。バイの人も結構いて、大人になって目覚めちゃう人がいるっていうのも、もっと掘り下げてほしいくらいのテーマ。特に既婚者男性とかで男性に目覚める人とか、超興味あるんですけど。

このカップルの一人、ジュンジュンが、まさに20歳で目覚めたらしいのだけど、仲が良かったマスターに介抱されてそのままやっちゃったって・・・、あんた、それで目覚めたっていうより、その前に素養がかなりあったんじゃね?素養がないと、そのままやっちゃわないだろうし(笑)。

それにしても、23歳の割に、二人とも大人っぽくない?僕が23歳の頃なんて、もっと子供だったなぁ。 それに、23歳で顔出しOKでテレビ出ちゃう二人もスゴイ。テレビ局の人達はどこで彼らを見つけてきたのか・・・。あと、ジュンジュンの両親はアメリカに住んでるから、まだカミングアウトしてないけどテレビに出て大丈夫っていうのも、今のインターネットのご時世、危ういんじゃない?日本でいとことか知り合いがテレビ見て、彼の両親に話が伝わるなんて十分考えられるし。そして何より、ゲイがバレルっていうより、レイザーラモン張りの露出で踊ってる姿のほうが問題になりそう・・・。

と、色々書いたけど、お幸せに~。カズタカさん、ジュンジュンの胃袋と玉袋、しっかりつかんでね!

これがその番組(4分割になってます)。みなさんの感想は?


14 件のコメント:

  1. Congratulations on your back to your blog!

    数年前からブログ拝見させていただいたAndy@Texasです。久々のブログ再開、とても楽しみにしています。更新を見たときはうれしい驚きでした。

    実はL1労働ビザ切れで、7年近く住んだテキサスを離れ、先月東京に戻りました。同じ会社の東京オフィスに転勤しましたが、逆カルチャーショックに悩んでいます。でもDOMAが廃止になったので、今ワシントンにいる相方と近いうちに結婚する話をしています。一応東京勤務が終わったら、GCサポート条件で、アメリカのポジションに戻ることになっていますが、ビジネスの世界では何が起こるかわからないので、この最高裁の判決は暗い気持ちを一蹴してくれました。そんな中で、こちらのブログの再開を発見、今まで隠れファンでしたが、コメントを残させていただくことにしました。

    長々となりましたが、有吉の番組、確かに良かったですね。なによりカップルがイケメンだったのが効果が高いですが、オネエタレント=ゲイという図式で笑いを取る日本のTVの幼稚さに辟易していたのでうれしい限りです。

    昨夜は久々に2丁目に足を踏み入れ、GB(ご存知ですよね?)に行って来ました。フェイスブックで繋がっていたバーチャルな友人と面会を果たしたり、同じマンションに住むイケメン白人バンカーを見かけたりと、いろいろ収穫がありました。

    それでは、これからも、更新を楽しみにしています!

    返信削除
  2. ありがとう~。昔、テキサスのオースティンに住んでる人からコメントをよくもらってた気がするけど、違う人だよね・・・?隠れファンだったということは、今回が初めてのコメントかな。いずれにしても、ありがとうございます。隠れてないで、これからはどんどんコメントくださいね。

    そっかー、ワシントンで相方さんと結婚してアメリカに戻ってこられることを計画中なんだね。もし会社からのサポートじゃなく、ワシントン州で結婚してグリーンカードをとっても、同性婚を認めていないテキサス州で働けるんですかね?なんか、DOMAが廃止されても、実際の運用はどうなるのかわかんないじゃない?後進の日本人ゲイのためにも、色々体験を教えてもらえると嬉しいです。

    GB懐かしすぎるー。まだやってるの?(なんて失礼。)同じマンションの白人バンカーがいたっていうのが笑えたw。僕も、昔、GBに行ったら、NHKの英会話に出演してる米人男性がいたんで吹き出しそうになったよ。あいにくブサイクだったけどさ。

    カリフォルニア州は、世界の同性カップルたちが「結婚観光」でやってくるんで、観光産業が活気づくんじゃないかと期待してるらしい。まだ失業率が高いし、これで少しは経済が上向きになるといいなーなんて。

    返信削除
    返信
    1. 返信ありがとうございます。GBまだやってますよ。客層が全体的に高齢化してるというか、ずっと日本に滞留してる白人達とそれを取り巻く外専日本人客がそのまま常連になってるという感じですが。ところで、その同じマンションの白人バンカーとは続きがあって、その後、フェイスブック経由でメッセージが来て数通やりとり、、同じマンションに住んでるんだから会おう、と向うから言ってきたにもかかわらず、具体的な話をしだしたら返事が来なくなって、、、。というパターン。数日間OUT OF TOWNのはずが、マンションのロビーばったり。ああ、白人ゲイってこういう行動するんだったな、と久々に無垢で若いころの思い出がいろいろとよみがえって来ました。ルックスに引き寄せられてこういう輩に引っかかると痛い目にあうので、早速退散。まあ、こういう白人がいつの間にか賞味期限が切れて、気付いたときには見向きもされなくなってはじめてLOOKING FOR LTRとかLooking for MR RIGHTとか言ってるんですよね、、。ネットのプロフでは5歳とか10歳とか年齢サバよんで(笑)。

      ところで、同性婚が認められている州で結婚してGCをとってしまえば、GC自体は全米で有効なのでどこでも働けます。実際NYでアメリカ人と結婚してGCを取った同僚女性がテキサスに単身赴任してました。でも、僕的にはパートナーのスポンサーでGCを取得さえしてしまえば、仕事にためにテキサスに戻る必要はなく、彼と好きなところに住めるのです。長年、ビザ切れで恋人と離れることにおびえて来た外国人ゲイにとってこれってすごいことだと思います。

      削除
    2. そっかー、GBはまだ健在なんだね。もう僕がデビューした頃から、客層は高齢化していたような・・・。僕が日本でつきあってたアメリカ人の元カレの話によると、GBのマスターは、気に入った客と閉店後に店のカウンターの上でやってたらしいよ。それ聞いて以来、普通にカウンターでドリンクが飲めなくなっちったけど・・・。

      「向こうから連絡取ってきたのに具体的な話をしたら返事が来ない」ってあるある!いるよねー、こういうflakyなアメリカ人ゲイって。日本人が情に篤すぎるのかね?日本人って律儀な人が多いじゃない?

      あとさ、ゲイに限らず、アメリカ人男とかって、"what are you doing this weekend?"とか何気に聞くでしょ?日本人の感覚からすると、今週末何か誘ってきてるのかな?って期待しちゃうんだけど、ぜーんぜんお誘いじゃないんだよね。聞いてるだけ~っていう質問でいっつも紛らわしいわー。週末の予定を聞いてくるのって、期待を持たせると思わない?"What are you doing?"とかって質問返ししても、"nothin'"とかって、特に何の予定があるわけでもなく、かといって、こっちを誘ってくるわけでもなく・・・。

      「こういう白人がいつの間にか賞味期限が切れて、気付いたときには見向きもされなくなってはじめてLOOKING FOR LTRとかLooking for MR RIGHTとか言ってるんですよね、、」って笑える。いるいる、ネットに行くと、LTRとか探してるのって、だいたい40代半ば以上のオジサマたちだよね。まー、それがゲイの典型的な人生パターンなんじゃないの?若いころは遊ぶだけ遊んでおいて、容色が衰え始めたら、そろそろ落ち着こうか、みたいな。それでアジア人に流れてくる白人って多くない?若いころは見向きもしなかったのに、中年になって、やっぱ相手は若い子がええわーってなったとき、相手にしてくれるのがアジア人ボーイたちっていう。

      そうそう、同性婚でもGCを取っちゃえばどの州でも有効みたいね。アメリカ人に聞いたら同じこと言ってた。すごいよねー。これまでビザで苦しんでた国際カップルにとっては人生を変える大ニュース。

      削除
  3. 初めましてです。少し前に当サイトを見つけたのですがお休みになってるのに気づき残念がっていた所での再開、嬉しい限りです。
    日本でも2丁目のオカマの方達以外が特集されているのをみると嬉しく思いますね。
    日本人の(まちがった)ゲイに対するイメージを伝えようとブラジル人の彼氏に「オカマ48 vs akb48」という番組企画の映像を見せた時の彼の顔を思い出しました。

    次の更新を楽しみにしています♪

    返信削除
  4. 初めましてNeilさん。ブラジル人のカレシがいるんだー。わー、ラテン系っていいよね。やっぱり水着はビキニ?

    日本に限らず、どこの国に行っても、女性っぽいゲイや、トランス・ジェンダーの人とかトランスセクシャルの人がいるかと思えば、見た目では同性愛と分からないようなゲイまで様々だよね。アメリカのゲイの間でも、女性っぽいゲイに対する差別みたいなのがあって、これまた問題だなぁって思ってるところ。

    アメリカだと、やっぱりゲイコミュニティーの中での人種差別とか「カースト制度」っていうのがあって、エグイ。日本でも、細身、熊系、筋キン、デブ、体育会系、オネエ系(?)などなどいろんなジャンルに分けられるけど、アメリカにくると、そこに人種や出身国がからんできてものすごい種類になっちゃうんだよね。(アメリカ人の中にも「ガイセン」っつーのがいて、イギリス訛りの英語やオーストラリア訛りの英語を話す白人が好きっていう白人もいる。その気持ちは分からなくもないけどさ。)

    まー、全種類の男たちを愛せないというのはわかるけど、あからさまに差別する人にはゲンナリしちゃうよね。例えば、オンラインデートとかのプロファイル欄で、「アジア人だけは絶対に無理」とかって書く人いるの(でも、「黒人やラテン系は絶対無理」って書く人はほとんどいないのに!)。アホちゃう?って思っちゃうんだけどね。どうして、自分が好きなタイプじゃなくって、わざわざ嫌いなタイプをプロファイルに書くのか・・・。自分とは違う他者に対して思いやりがないよね。これはゲイコミュニティーにとっての永遠の課題だなと思う。

    あ、長くなっちゃいました。ブラジルにもトランスジェンダーとかドラッグクイーン多そうだけど、意外とそうでもないのかな?

    返信削除
  5. ご無沙汰しております。以前何度かコメントをさせて頂いたオレゴンのjpと申します。急にブログのupdateがとまっていたので心配しておりました。その後もちょくちょくたまにこのブログにかえってきて様子を伺っていたのですが、まさかとは思いましたがブログが更新されてるではないですか!おかえりなさい!!!もう1年以上たったんですね。こちらもなんだか色々ありましたが元気にやっております。僕は、このブログに出会わなければ今の自分はない、というぐらい何度も背中を押してもらいました。今ではゲイの友達もたくさん出来ましたし、このブログには多くのことを学ばせて頂きました。そんな僕のメンターのようなTsuyoshiさんのブログが帰ってきて嬉しいです。本当におかえりなさい!

    返信削除
  6. お~、JPさん、お久しぶり。よく覚えてるよ。確か、このブログがお休みに入る直前くらいによくやり取りしてなかった?オレゴン行きたいなーなんて話してたような記憶がある。

    メンターだなんて照れくさいですよ。でも人生が前向きになるきっかけになっているとしたら、とーっても嬉しいです!

    お休みしてる間は、僕は逆にヘコタレてばっかだったんだけどね・・・。ステューとも大ゲンカしたりして・・・。今思い出しても凹むわー。

    楽しいことばかりじゃないけど、色々体験して感じたことをまたぼちぼち綴って行こうかなと思ってます。

    返信削除
  7. オレゴンは今がベストシーズンで天気もよくアウトドアも楽しいです!はい、色々質問にも丁寧に答えていただいた覚えがあります。あの時は本当にありがとうございました。たしかゲイのオンラインサイトもこのブログで知り、その後多くの出会いがありました笑 そういえば、僕も数ヶ月前大喧嘩して怒鳴られて、今も微妙な感じでいます。凹むことも多いですよね。その分わくわくすることもありますけどね。すいません、このままだと長々と僕の話をしてしまいそうなのでこのへんで。 今もカリフォルニアにいらっしゃるんですか?オレゴンにも是非遊びに来てくださいね!個人的にはTsuyoshiさんの近況アップデートのほうがセレブリティのニュースなんかよりも興味があります、また楽しみにブログを拝見させていただきます!本当に帰ってきてくださって嬉しいです!

    返信削除
  8. えー、もっと色々と話を聞きたいなー。僕ばっかりじゃなくって、みなさんの恋バナも聞きたいよ。

    オレゴン行きたいなー。おススメってどこ?やっぱポートランド?

    近況アップデートっつっても、平凡な日常についてじゃつまんないっしょ?かといって恋バナらしい恋バナもないんだよねー最近は・・・。あの二人とはもうヤルダケの関係みたいになっちゃってるし・・・。

    セレブ以外の近況報告は、また面白いことがあったらボチボチ書いてきますね。

    返信削除
  9. 僕の話は、あまり参考にならないと思います。。。僕も、最近目覚めた側の人間なので、Tsuyoshiさんのお話はとても興味深いです。
    一緒にいるのが楽しかったちょうどピークの頃に、彼が日本に留学をしてしまって、5ヶ月くらい会わなかったんです。それでなんだかぼくのFeelingが消えてしまったんですよね。それに、こっちって付き合い始めるっていう曖昧じゃないですか?付き合おうって付き合い始めるよりも、流れで一緒にいることが多くなるみたいな。それはぼくにとってConfusingで、とある日、僕はその相手とは付き合ってるというよりは友達関係だったんですけど、相手は付き合ってると思っていたといわれて。僕はもっとカジュアルの関係だったと思ってたんです。それに相手は幻滅してかなにショックを受けたらしくて今は口も聞いてくれません。僕は今までの普通のままで全然良かったのにとおもって。Labelingが好きじゃないです。その相手は日本に英語を教えに行くので、付き合ってたとしても長距離ですし、Long Distance はなかなかうまく続かないと思いますから。それでこの間彼がまた日本に行くことを知り久しぶり電話をして、色々頑張ってねと応援するつもりののりで少し話そうと思ったんです。その時に、「何で電話なんてしてくるんだ!!!??君はいつもそうだ。本当に辛い!!!」と怒鳴られ、僕は、その相手と友達の関係でいたいっていったらまた怒鳴られて。何故そんなに相手にとって辛いのだろうと思ったら、彼が「Your call and text always upset me because I still like you!!!」ていわれてしまいました。なんかほんと申し訳なくて。好きとかそんなに伝えてこなかったし愛情みたいなのがそんなに感じられないのんびりとした気まぐれな彼だと思っていたのでびっくりしました。I still like him but I don't want to be in a relationship with him. He still likes me but he doesn't want to be my friend, he wants to be my boyfriend.そんな感じです。monogamyって難しいです。ってなことが最近あったんんですけど、今までにいろいろなことがあったなーと思いにふけてしまいました。長々と拙いにほんごですいません。使わないとほんとになかなか日本語でてこないですね。こんなに長く日本語を打ったのは久しぶりです。

    ポートランドは楽しいですよ。町のサイズもそこまで大きくなくて、交通機関もしっかりしてますし。あと、Bendというところは今の季節は特にアウトドアはいいですね。冬にはMount Hood という山でスノボも楽しいです。あと、行ったことは無いのですが、Crater lake というところは夏は特にきれいらしくよくおすすめされます。とにかくオレゴンは白人が多いので(僕の学校でも白人の割合がかなり多いです)、僕のタイプの人がいたるところにいる感じであたふたします笑 
    僕はLAのような大きな町に住んでいないので、Tsuyoshiさんの生活はどんなに楽しいのだろうなと勝手に妄想を膨らませております。あの二人とは、すて

    返信削除
  10. 途中で切れてしまいました。。あの二人とは、一人のほうはステューさんですか?もう一方は。。。。

    返信削除
    返信
    1. jpさんも残酷なことをするよねー。そういう、気軽に友達だと思って電話とかするのって、好意を抱いている先方からすると地獄だよ。それは日本人・アメリカ人関係ないと思うんだよね。好きになっちゃったら、相手のちょっとした一言とかしぐさで心が大きな振り子みたいに揺れ動くじゃない?ようは、心が超敏感になってるわけ。そういうところに、単なる友達のつもり~っていう軽い気持ちで電話とかされると、心が痛むよ。

      jpさんって、Sっ気があるね。(笑)

      僕も実は似たところがあって、相手が自分のことを好きだなって分かると、やたらと良い友達になろうとするところがある・・・。同じパターンで、過去に一人、傷つけてしまったことがある。結局、4年間くらい絶縁状態だったけど、フェースブックのおかげで再会して今でも連絡を取り合う仲になってるけど。

      一人はステューで、もう一人は昔ここで紹介した「玉が仁王」の人ね。今でもちょっと仁王。。。

      削除
  11. こんなことになる前までは、普通に仲良かったですし、そのままで良かったのにと思います。ほんと申し訳ないです彼に。心が超敏感ってわかるような気がします。彼はもう卒業してるんで、僕と日々のスケージュールも違ったんです。こっちがほんとに忙しいときに、なかなか話せなかったとき、僕としても申し訳なかったんですけど、でも勉強や他のことがプライオレティだったので。忙しいってことを理由に逃れようとしていた気がします。それに彼はupsetで他の学生の人でもrelationshipに入っている人はいるじゃないか!っていわれて、それに対して僕は、なんで他の人と比べるのだよ!とそれに対して怒ったり。あーほんと最悪でした。もう電話もテクストもしない!って決めたものの、僕の中でまだ会って話しがしたいという気持ちもあるような気がするんですけど、付き合うことは無いと思うので、また彼を傷つけてしまうと思うので、もうこのまま何も無いんですかね。まさか自分がSだなんて。
    僕この夏日本に一時帰国するんですけど、彼も同じ時期に日本にいるんですよね。
    4年間くらい絶縁状態から今でも連絡を取り合う仲ってすごいですね。会ったりとかはしないんですか?
    フィル君ですか?仁王ことを直接言ったりはしないんですか?直接でなくてもなんとなく言ってみるとか。

    返信削除

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)