2012年1月15日日曜日

政治風刺コメディアンのビル・マー、「リック・サントーラムはゲイ以上にゲイ・セッOスについて考えてる」Bill Maher: Rick Santorum Thinks About Gay Scx More Than a Dild0 Salesman in West Hollywood

アメリカで政治(家)を痛烈に風刺するので有名なコメディアンのビル・マーが、昨晩の深夜トーク番組に出演。そこで、こんなオモロイ(けど本質をついた)痛烈な批判をやってのけた。見てるこっちは気分爽快!

ビル・マーが出演したのは、これまたゲイに人気の女芸人チェルシーが司会を務める深夜番組、Chelsea Lately。



番組開始そうそう、共和党の大統領候補たちについてバッサバッサの100人切り!大統領候補の一人、ニュート・ギングリッジ(ここでも紹介)について、ビルが、「ニュート・ギングリッジは大っ嫌いなんだ」と。これにチェルシーも、「私も大っ嫌いなのよ。この番組を見てる皆さんも嫌いよね。子供たちに、ニュート・ギングリッジは悪い人なのよって教えましょう」と返事。それにビルが間髪入れずに、「(子供たちには)詳しく説明はいらない。キム・ジョンイルが悪い人なのと一緒!」。ここまでで既に僕は爆笑の渦の中。

そして笑いのピークが来たのは、ビルのこんな皮肉きいたリック・サントーラムへの批判(ビデオの1:56あたりから)。リック・サントーラムも、共和党の大統領候補で、アイオワ州の予備選でモルモン教のミット・ロムニーに次いで2番目の獲得投票数で注目されてる・・・。

チェルシー:「一番、最低な大統領候補って誰かしら?」

ビル:「リック・サントーラムだな。ご存じの通り、ゲイ・セッOスにハマってる男さ」

(観客の笑い)

ビル:「彼はいっつも同じチョッキを着てるだろ。ゲイの友達が一人もいないっていう確たる証拠だよね」

チェルシー:「あるいは、(同じチョッキを)何着か持ってるっていう証拠よね」

(観客は爆笑)

ビル:「この男は、本当に、アメリカに住むどのゲイよりも、ゲイ・セッOスについて考えてるよね。ウェストハリウッドにあるドロシー・アンド・ディOドというお店で働いてるヤツですら、リック・サントーラムほどゲイ・セッOスについていつも考えてるわけじゃない」

爆笑~。もちろん、ドロシー・アンド・ディOドっていうお店が実在するわけじゃない。それくらいゲイ向けセッOス・ショップの店員ですら、リック・サントーラムほどゲイ・セッOスについて考えてないっていうね。

リック・サントーラムについては、ここで紹介してました。ゲイ恐怖症でゲイをねちっこく攻撃する男ほど、実は同性愛の指向があるっていう実験結果を紹介したときに、その代表例としてリック・サントーラムについて紹介したのでした。ビル・マーは、まさにその気持ちを痛烈に直球で指摘してくれた。いやー、スッキリしたー。

ちなみに、ビル・マー自身、独身で、ゲイではないかという噂があるけどカミングアウトはしてない。彼も自分が司会する政治系お笑いトーク番組“Real Time with Bill Maher” を持ってるのだけど、過激すぎて数年前にABCテレビからケーブル有料テレビのHBOに移籍してる。どんだけ過激やねん?!ってこれだけでわかるべー。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)