2012年1月15日日曜日

イギリスの10代少年がゲイとばれて両親に家を追い出されるという痛ましいニュース。一因はフェースブック-UK Gay Teen Inadvertently Outed by Facebook Targeted Ads

イギリス人の10代少年が、ゲイということが両親にばれてしまって、着の身着のまま家を追い出されてしまったんだって・・・。かわいそう。


ゲイに家出はつきもの(?)だけど、日本でよく聞く話は、自分のほうから家出するっていうパターンで、ゲイであることがバレタからって両親のほうから子供に「勘当だ!家を出て行け!」なんてあんま聞かなくない?

たとえ、そういうことを言ったとしても、一時的なもので、結局、家に戻ってくるのが一般的な印象なんだけど。僕ってホーム・ドラマの見すぎかもしんないけど・・・。日本だとゲイっていうだけで家を追い出されるって、あんまり聞いたことがなかったんで驚いた。

しかも、この10代の少年がゲイだとバレた原因が、フェースブックにあるのだそう。彼自身は、ゲイとカミングアウトしてるわけじゃなかったのに、彼のオンラインでの交遊記録や閲覧履歴から、彼のフェースブックのプロフィール・ページにはゲイをターゲットとした広告が表示されるようになって、それを見つけた両親にバレてしまったということらしい。

この記事には、この件について、誰に一番の責任があるのか?と疑問を呈している。そこで挙げられる責任の所在としては、

1.この少年の両親―未成年の実子を養育するという義務を放棄しているから
2.ロンドンで増大している、同性愛への極端なまでの恐怖症というサブカルチャー
(London’s increasing subculture of extreme homophobia)
3.本人からの同意なく、勝手にゲイ関連の広告を表示したフェースブック

特に2番目が気になった。きっと一部の人達なんだろうけど、同性間のシビルユニオンが合法化されてるイギリスの首都ロンドンなんかでも、ゲイに対する極端な嫌悪感を持つ人達が増えてるっていうの・・・。ロンドン在住の人、現地に住んでる実感としてはどうなんでしょう?
Create your free online surveys with SurveyMonkey, the world's leading questionnaire tool.

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)