2011年10月15日土曜日

MTVのReal Worldサンディエゴ編、バイのFrankとレズビアンのSamが登場 MTV's Real World: San Diego - Bi Frank and Lesbian Sam are Hawt!

MTVって、昔ミュージック専門番組だったけど、ゲイ・チャンネルに衣替えしたの?!特別番組"Coming Out"に引き続き、今放送されてるリアリティー番組Real Worldのサンディエゴ編で、バイのフランクとレズビアンのサムが出演してる。

『リアル・ワールド』って、1992年からもう何年も放送されてる長寿番組だよね。全米の都市ごとに大きな家を借りて、そこに出演者の素人の若者が複数人共同生活を始めて、その日常を追うっていうリアリティー番組の王道。そして必ず、出演者の一人はゲイというのも見逃せない。


で、今週、リアル・ワールドのサンディエゴ編、第3話が放送されてた。このエピソードでは、レズビアンのサムが「みんなでゲイ・バーに行こう!」と言い出したことでドラマが展開する。








ノンケ(ヘテロ)のザックは、豆鉄砲を食らったハトのよう。










バイのフランクも、「ゲイ・カルチャーって俺、好きじゃないんだ」と。←マジで?










女ったらしのフラット・ジョック、ネイトも、ゲイバー行きには乗り気じゃない。










でも、結局、サムとフランクだけがゲイバーに行き、そこでフランクは男を見つけてキスし始める始末。

やっぱ好きなんじゃーん。フランクって素直じゃない。

このシーンがこちら。(見れるのはアメリカからだけかも。)


で、フランクはこの人を共同生活する家へ「お持ち帰り」して、ルームメートたちに、「俺、これからセックスするから」の宣言。

ミシガン州で育ったザックと、カンザス州の田舎で育ったネイトはおののき気味。「お前、言ってる意味わかんのか?!」のうろたえよう。

それをよそに、ネイトは部屋へ。ゴシップ好きな女子たちが覗き見したりして、「家政婦は見た」並みの低俗ぶり。

そして男どもに報告。

「ネイトはタチ(男)役だったわよ~。使い終わったコンドームがシャワールームに落ちてたわ」と。

この件があり、(バイの)フランクとその他の男たちとの間に溝が発生。そのことに悩むフランクを、レズビアンのサムや女友達のプリシラが慰める。


で、3日間、互いを無視するっていう状況が続いてたけど、最後はフランクがザックとネイトを素敵なディナーに連れて行ってそこで仲直り。ネイトは、「ゴメン。ゲイを恐れてたよ。もし蛇が怖かったら、蛇が詰まった中にジャンプするみたいに、今度はサムとフランクと一緒にゲイ・バーに行くよ」と。

ちなみに、フランクはMTVのサイトでこんなふうに紹介されてる。

ハリケーン・フランクというあだ名がついてる彼は、最近、名門大学のミドルベリー・カレッジを卒業したばかり。感情はつむじ風のように激しい。気分がいいときはいいが、悪いときは周りは気を付けないと大変だ。ニューヨーク州北部で育ったフランクは、スポーツのスター選手で、クラスで最も優秀な生徒だった。大学でもその才能を発揮していた彼だったが、突然スポーツをやめた。医学部への準備コースも止めて、社会運動や社会問題の科目へと変えた。そして彼の21歳の誕生日の日、彼は男と寝た。この日から1年間、フランクは女と男の両方とやりまくった。フランクは、「記憶がなくならない夜はおもしろくない」と信じてる。この他人の心をもてあそぶのに長けたフランクは、心のうちを素直に打ち明けるが、感情的すぎる面も併せ持つ。フランクは、サンディエゴで真の自分を見つけることができるのか?それとも彼は変化し続け、つむじ風のように騒動を起こし続けるのか?Nicknamed Hurricane Frank, this recent graduate of prestigious Middlebury College is a whirlwind of emotions. When he's up, he is soaring and when he is down, watch out. Growing up in upstate New York, Frank was a star athlete and the smartest kid in class. This trajectory continued in college, but all of a sudden he quit sports, changed from pre-med to focus on activism and social issues, and on his infamous 21st birthday, hooked up with a guy. What followed was a year of sex with multiple sex partners, both "chicks and dudes." Frank believes that a night without blacking out is not enough fun. And yet, this master of manipulation wears his heart on his sleeve and is brimming with emotions -- perhaps too much. Will Frank find himself in San Diego or will he continue to keep shifting, keep moving and keep whirling?

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)