2011年6月22日水曜日

ゲイのネットワーキング・イベントに参加してきたゾ

そしたら、なんと!5年以上前に東海岸で知り合った中国系アメリカ人のベンがいて驚き。生まれと育ちがLAっていうのは知ってたけど、僕らが知り合ったのは東海岸。それも何年も前。聞くと、彼も仕事を辞めて大学院に進学して卒業したところなのだとか。みんな同じような人生設計というか、人生のパターンなんだねぇ。人生ゲームの同じ曲がり角みたいな。


このパーティー、年齢層は幅広で、バックグラウンドも雑多。一応、目的はネットワーキングということになってるけど、どことなく集団お見合い。まー、ゲイが集まりゃ、どこでも集団お見合いになるんだけどさー。ゲイバーなんて、毎週末、集団お見合いだよね。

シャイを自称する僕なので、こういう場所で知り合いの人以外にはあんまり話しかけない。今晩も知り合いと話つつ、その輪に入ってくる新しい人と挨拶したり。でね、だいたい、こういう状況で、自分に興味ある人っていうのは、向こうから言い寄ってくるもんでしょ?自分に全然興味ない人とか追いかけてもしょうがないしさ。You made him interested in you!とか言う強気の人もいるけど、僕にはちょっと白人の肉食系を相手にそんな大技はできません。。。

で、今晩もいつも通り待ちの体制。運よく、既に知り合いな人が4、5人いたので、彼らとお話してると、自然とその会話の輪に入ってくる人たちがちらほら。まず、一人目は長身、だけど40代?くらいの大学の先生が僕の隣に。英文学を教えてるとかでインテリ風。だけどしわがちょっと気になる・・・。二人目は、スタンフォード大学卒業の弁護士。あっちゃー、弁護士かぁと思ったけど、性格はよさげ。だけど30代にして禿げててナーディー系・・・。企業の買収専門のリティゲーション・ローヤーで羽振りはよさげ。やたらと僕の仕事について聞いてきて、結構根掘り葉掘り。

最初は知り合いと話してたのに、いつのまにかこの二人と話す体制に。二人とも話は巧みで、人生経験も積んでるし教養も高いしでレベルたけーってimpressedしたけど、年齢とか見た目でどうしてもそういう風には見られない僕・・・。リティゲーション・ローヤーとか、きっとこういう人と恋人になれたら安泰な生活が待ってるんだろうなぁって思うんだけど、どうあがいても萌えない・・・。

で、英文学の先生は途中で撤退して別の輪へ。リティゲーション・ローヤーと二人で話をしてると、今度は60代のジイチャンが輪に強制挿入してきた。耳が遠いみたいで、wwwhat?を連発して感じ悪い・・・。このジイチャン、結婚歴があり二人の息子(26歳と24歳)がいて、長男もゲイなのだとか。ただ、ソーシャルスキルがないというか、老いぼれで耳が遠いからなのか、ちょい周りが見えてない感じが全面に出てて引いた。僕と話してたローヤーも超引き気味。あまりに僕に食いついてくるんで、ローヤーも僕を見る目がなにか憐れむ目になってる。。。ジイチャンの一方的な会話に飽き飽きしたローヤーが、「もう一杯ワインを注文してくる」といって離れてしまって僕はジイチャンと二人きりに。苦痛で苦痛でしょうがなかったんだけど、こういう状況でどう対応すればいいんだろうね?バーとかだったら「なんだこのジジィ!」とかって勝手に会話を終わらせることもできるけど、このパーティーはまじめなネットワーキング・イベントだったということもあり、無下にもできず。

ワインを片手にローヤーが戻ってきてくれたからよかったものの、その後はなしのつぶて。知り合い数人が挨拶とハグ&キスに僕の所まで来てくれて、今度ディナーパーティーをしようとか、来月のパーティーに行こうとかそういう話でお開き。

知り合いが入ってる輪に飛び入り参加したりもしてみたのだけど、アジア人は苦手って思ってる人だったりすると全然会話が弾まない。。。3人で話してる輪で、そのうちの一人は何度もつるんだことのある知り合い、っていうんで彼らの会話に入ってみたけど、残る二人はなんかアンフレンドリー。結局、2対2で会話の輪が途切れちゃった。まー、二人とも中年オヤジで興味ないからいいんだけどさー。でもかんじわるー。

ハーバード卒業っていうカッコよさげな人もいたけど、接点が見当たらずすれ違うだけ。他にもカッコいい人いたけど、そういう人たちってやっぱ有色人種は人間として見てないんだよねぇ。自分たちだけでたむろってた。こちらもかんじわるー。

そうそう、バークレー卒業のイタリア人、マルコっていう人も話しかけてきた。。。しかも自分のアジア人ボーイフレンド連れて。。。ボーイフレンドが申し訳なさげというか、バツが悪そうに半歩後ろにたたずんでた。このマルコ、カッコいいんだけど、てめーアジア人ボーイフレンド連れてるわけじゃん?それを半歩後ろに引き連れて別のアジア人に声かけるってどーよー?これがイタリアの伊達男の作法ってやつなの?だったら、こんな男のボーイフレンドにはなりたくないねー。あーアジア人ボーイフレンドがかわいそう。

アメリカでこういうイベントに参加すると、やっぱ白人が主流。アジア人はマイノリティーということを痛感させられる。これはアメリカで生まれ育ったアジア系アメリカ人も常に感じているよう。今晩も、ベンを含め、アジア系アメリカ人がもう一人いたのだけど、僕と会話してる白人がいると、すぐさま僕らの会話に割って入って僕を無視して白人相手に会話を乗っ取るんだよねぇ。しかも、こいつ、今晩それを2回もしやがった。超失礼じゃない?この手のアジア人ってホント多い。こっちは仲良くしようと思ってても、こういう行動に出られると仲良くする気になんてなれないよね。。。他山の石で、こういう人を見るたびに、自分はこうなってはいかん!って強く思うよ。

いやはや、下心がないわけではなかったけれど、僕は知り合いを広げることを第一の目的に参加してたので、一応、その目的は果たせたかなぁ。やっぱ既に知り合いになってても、たまに会わないと縁も薄れちゃうしね。先週のゲイパレードで知り合ったアンドリューとクリストファーにも再開したし、ベンとも数年来で再開したし、ホワンとアルとも再会。

このグループはまた夏にパーティーをするっていう予定なので、そこにも参加するつもりっす。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)