2013年8月7日水曜日

【動画】Youは何しに日本へ?~ノルウェーのイケメン編~ [Japanese TV] Why did you come to Japan? - Hot Norwegian Jocks

 『Youは何しに日本へ?』っていう日本のテレビに、最近はまってる。バナナマンが司会をしていて、(主に)成田空港に到着したばかりの外国人を相手にWhy did you come to Japan?(Youは何しに日本へ?)と突撃インタビューをするというのがお決まりのパターン。そして、特に面白そうな「You」に同行取材をするという内容。

数週間前に放送された回では、過去にインタビューして、特に人気だった外国人を追跡取材してた。その人気外国人というのが、僕も最初の放送を見てすっかり惚れてしまった、ノルウェーからニセコにスノボーしに来ていた二人のイケメン、アーランド(23歳)とオイスティン(22歳)!

とにかく二人ともカラダがすごいの・・・。しかも脱ぎっぷりがオトコマエ。

こちら、冬の北海道の川にバック転で飛び込むオイスティン。

 

 それに続くアーランド。二人とも、カラダが半端ないー。しかも、二人ともお揃いの黒のボクサー。これってノルウェーではスタンダードなのかね?

そして、突撃取材で再会したノルウェーの自宅では、同じような大学生ジョック5人で同居してるんだとか。パラダイスやわ~。しかも、ルームメート、ベンさんも、やっぱり黒のボクサーショーツ。

そして再び、オトコマエな脱ぎっぷりを披露~。オイスティン、オシリの割れ目のところが日焼けせずに白いままやね。これは日サロで焼いてるからだねぇ~。一方のアーランドは真っ白ー。

いいよねぇ~。氷河の雪解け水にダイビングって、やっぱ、バイキングの血を受け継いでるからなのかね?こういうの、典型的なジョック・タイプだよねぇー。こういうのに、多くのアメリカ人ゲイたちは憧れるんだよえぇ。
 「ジョック」って日本で言うところの、「体育会系」なんだけど、汗臭いスポーツマンとか「体育会系」とはまた違うんだよね。日本の「体育会系」って、野郎のノリっつーのか、汗臭かったり泥臭い野球部とかラグビー部、柔道部のスポーツマンっていうのが通常のイメージじゃない?

まー、その筋肉質な肉体と、男っぽさが必須条件になってくるけど、「ジョック」っていうのはそれから汗臭さを引いて、爽やかさを足した感じとでも言うのかなぁ。人生について超ポジティブな姿勢で、軽いジョークを飛ばしながら周囲を笑わせてくれるようなイケメン、というようなイメージ。この二人は、まさにそんなイメージにぴったり~★!

ただ、話を聞いてると、仕事を辞めてヨットを買って、世界一周旅行の冒険に出るとか、かなり人生に前向きすぎるライフスタイル・・・。人生を共にするには、自分も同じくらい「前向き」にならないとついて行けなさそう・・・。こういうジョックって、一生、こういう生き方なんだろうねぇ。週末にはキャンプして冬の海や川に飛び込んで、たまに気が向いたら世界一周旅行、みたいな。自由人やわ~。

このビデオの6:10あたりから二人のエピソードが始まるよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)