2011年6月11日土曜日

X-Men: First Class見たー

LAではプライドフェスティバルまっただ中なんだけど、友達に誘われて封切られたばかりのX-Men: First Classを見てきちゃいました。不真面目なゲイ・・・。(プライド・パレードは明日日曜なんで、それには行きますです!)


日本でも同時公開だったんだよね。いやー、これまでで一番面白いX-Menだった。ケビン・ベーコンがいい味出してた。悪役が超似あってた。しかもナチス・ドイツのマッド・サイエンティスト風なのがはまり役。ドイツ語とロシア語を操るシーンがあって、ずいぶん練習したんだろうなぁって思った。

ストーリーは見てからのお楽しみに、ってことで、気になった役者さんが一人いたので紹介。

マグニートの若いころを演じたMichael Fassbender 。彼が年取ったら、イーアン・マケランになる?!ならねーべーー。ちょっと無理ある配役だったかもねw








彼も映画の中でドイツ語ペラペラしゃべってて、すげーって思ったら、半分ドイツ人だった。お父さんがドイツ人なんだって。で母親が北アイルランド人。どうりで。ブラピが主演したInglorious Bastardsにもナチス将校役で出てたんだね。やっぱアメリカ人にも彼の顔はドイツ人顔に見えるんだね。

彼、現在はLAに在住。1977年4月2日生まれの34歳かぁ。やっぱ白人って老けるの早い。30代後半か40代かと思った。

映画のストーリーの一部で、元ナチスの戦犯がアルゼンチンに逃亡し、それを若いエリック(後のマグニート)が復讐のために追いかけるっていうくだりがあるのだけど、確かにアルゼンチンに去年旅行に行ったとき、これがアルゼンチンの陰の歴史っていうのでガイドブックに載ってた。戦争に負けて戦犯として裁かれるのを恐れたナチス将校(?)たちがアルゼンチンに逃亡してきたんだと。なんかそれを思い出した。

あと、X-MenのディレクターとライターのJoss WhedonとBryan Singerが、今回の作品「も」ゲイな作品にわざと仕上げたとゲイ雑誌のインタビューにこたえてる

たとえば、とあるミュータントがCIAで研究者として働いてたところに、プロフェッサーが紹介されて、「やぁ、君も仲間だね」と見破るシーンがある。他のCIA職員は、この研究者がミュータント(ゲイ)とは知らなかったために、研究者は、

「あ、あの、まだ誰にいも言ってなかったんだ」と言訳する。続けざまに、「誰も僕がミュータントか、って聞いてこなかったから今までそうだと言う機会がなくって」。

これって、まさにアメリカの軍隊に最近まで適用されてたDon't ask, don't tell法(ゲイだと言わないし相手に尋ねもしない=性的指向については口をつぐんでおけっていうルール)じゃんか!

他にも、全身青色のミスティークは、自分の見た目が醜いことにコンプレックスを抱いていたのだけど、途中から「I'm a mutant, and I'm proud!」って、まさに6月はGLBTにとってのプライドを再認識する月にぴったりのメッセージが込められている。この作品にも、ミュータントだとわかる体の特徴をなくしてしまう薬(=ゲイを治す薬のメタファー)が登場して、それを使うかどうか葛藤するというシーンもある。

あと、ネタバレになっちゃいますが(18禁の写真もあるので自己規制してスクロールダウンしてください)、、、、










時代設定がこれまでのX-Menから数十年さかのぼるので、今回の映画にウルベリンは登場しないんだけど、チョイ役でちらっとヒュー・ジャックマンも顔出しするよ。お楽しみに!



ヒュー・ジャックマンって意外と小さい?!体がデカイとナニは小さく見えちゃうってやつ・・・?(この写真は映画とは全く関係ありません。)

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)