2013年8月20日火曜日

ニューヨーク在住の日本人芸術家夫婦に密着したドキュメンタリー映画『キューティー・アンド・ザ・ボクサー』 Cutie and the Boxer - A Japanese artist couples in NYC

『キューティー・アンド・ザ・ボクサー』っていうドキュメンタリー映画が、アメリカでちょっとした話題になってる。

アメリカ国内では8月16日に封切りされたばかり。シノハラ・ウシオという日本人芸術家と、その妻ノリコの関係をテーマにしたドキュメンタリー。


ウシオは、60年代、日本では名声を得ていた芸術家で、ロックフェラー財団の奨学金を得て、ニューヨークへ。アバンギャルドなスタイルで、ボクサー のグラブに絵具を浸して、キャンバスを殴りつける手法で日本では有名だったのだけど、ニューヨークではそんな日本での名声は通用しなかった。そしてノリコは、19歳のとき、アートを学ぶためにニューヨークへ一人やってくる。そ してニューヨークで二人は知り合うと、すぐにノリコが妊娠し、二人は結婚する。

だけど、ウシオの奨学金は1年で終わり、貧乏生活と同時にビザの問題も抱え、生活は不自由な状態に。ノリコは、芸術家になるという夢をあきらめざるをえず、自分の夢を犠牲にして、子育てとウシオへ捧げてきた。そんなノリコも、近年、アニメーターとして再スタートしている。

ちなみに、ノリコはウシオよりも20歳くらい若い、年の差夫婦。

このドキュメンタリーは、彼らの芸術というよりも、二人の複雑な人間関係を、2年間にわたって丁寧に見つめた映画で、サンダンス映画祭にも出品された。

40年間、ニューヨークで貧乏芸術家を続けている日本人夫婦、というだけで興味が湧くドキュメンタリーだけど、僕の目を引いたのは、この映画を作った監督ザッカリー・ハインザーリング(Zachary Heinzerling)がイケメンだったということ。


役者になれそうな風貌じゃない?たぶん最初は役者志望だったんじゃないかなぁ。

いかにもドイツ系の顔立ちだよね。マイケル・ファスベンダー(ここここで紹介)と同列のゲルマン系のお顔立ち。


こちらが映画の予告編。特に、3人へのインタビュー動画で驚いたのが、ウシオさんが通訳をつけてたってこと。40年間、ニューヨークに住んでて、英語がほとんどマスターできてないって、すごくないっすか?ノリコさんのほうは、辛うじて英語で受け答えしてるけど、英語字幕が必要なほどの超日本語なまりの英語・・・。それでも、40年間、ニューヨークで生き残ってこられたってすごいんだろうねぇ。そこは執念というか、アートへの情熱が強かったんだろうねぇ。

齢(よわい)を重ねた芸術家夫婦だけど、映画では二人の年齢を感じさせないくらい、二人の精神世界や芸術家としての生き様が表現されてるそう。ますます見たくなった映画。アメリカ在住の人で、どなたかもう見たって人いる?

YouTubeでの予告編


Vemeoでの予告編(上と同じ)

Cutie and the Boxer - Trailer from ARTJAIL on Vimeo.


3人へのインタビュー(約20分)

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)