2012年2月20日月曜日

映画「Shame」を見た感想 - I Saw The Movie Shame

映画Shameを見てきたぞ。

ゲイのゴシップ系サイトなんかにもオンライン広告が出てたから、「ゲイをターゲットにしてるんやぁ~ 」と思ったのが第一印象。そして、ここでも紹介したX Menの映画にマグニートの若かりし頃の役で出演したマイケル・ファスベンダーが主演というので萌えたのが第二印象。。。

映画のタイトル「Shame(恥)」にもあるように、ストーリーは、セックス依存症の男性(ファスベンダー)が主人公で、その依存症のために苦悩するというお話。これくらいのざっくりした情報しか知らないまま、映画を見てきた。きっとファスベンダーのヌードが山ほど見られるだろうっていう下心が突き動かした無謀っぷり。

でもその予想は的中!前に 「俳優マイケル・ファスベンダーが雑誌Wでセミヌード」でわーわー言ってたけど、あんなセミヌードなんてお子様っていうくらい、映画では脱ぎに脱ぎまくってたファスベンダー・・・。

こちらが予告編。英語だけど。

ただ、ストーリーはイマイチやったわ・・・。ワンシーンが超長いんだよね、この映画。一回カメラ回すだけで5分以上のシーンを一度に撮っちゃうっていう手法が好きな監督みたい。だから、延々と彼がマンハッタンでジョギングしてるシーンを車道から追いかけて撮影してるシーンとか、レストランで注文するシーンとか、カットなしでずーっとフィルムを回してるわけ。演技する人は大変やったと思うわー。だけど見る側も大変・・・。注意力が持続しないし。やっぱ、コマ割りが長かったり、カメラのアングルが固定されてずーっと同じ視点だと、見てる側も飽きる。

 お話も、予想通りっつーか、ようは依存症の男性の私生活を赤裸々に描いた、っていう、ま言ってみればそれだけの映画。中には、「こいつ、ここまですんのか?!」っていう驚きのシーンが一か所あったけど・・・。それは見てのお楽しみ。特にゲイはそのシーンを楽しめると思う。ノンケ(ヘテロ)の人達はドン引きするやろーなー。

なんかエンディングでカタルシスがあるのかと思ったら、それも曖昧なままだし、後味が苦い。

そうそう、ニューヨークが舞台で、地下鉄のシーンがたくさん出てくるんだけど、車内にある広告が笑えた。もちろん英語で書かれてるんだけど、キャッチコピーが、全部そのシーンと意味ありそうな笑えるメッセージになってる(監督が意図的に配置した広告のはず)。日本語字幕では訳してないと思うから、注意して見ると少しは笑えるかも。

それと、ファスベンダーの役は本当に難しいキャラだったと思う。結構無口なキャラだったから、苦悩とか感情の起伏を表情や行動で表さないといけないシーンが多くて、演技力が求められる役柄やわーって思った。そういう意味で、彼の演技を楽しむつもりで見ると見ごたえある映画かなぁ。ストーリーに期待しちゃダメだけど。

演技と言えば、ファスベンダーが性 行為するシーンが山ほど出てくるんだけど、ホント、よくやったよなぁって思う。普通にキスしたりベッドでシーツの下でモゾモゾ、なんていうのは他の映画でもよく見かけるけど、彼は本番やっちゃったんじゃねーの?!っていうくらい熱演やったわ。。。例えば、女性のオシリに顔を埋めてるシーンとか・・・。アレ、マジで本人がやってたと思うわ。あと、何気なく全裸で部屋を歩き回るシーンとか、ho-nyo-シーンも・・・後姿なんだけど股の間でタマがブラブラしてるのが見える。 そこまで見せる必要ある?って思ってしまったんだけど。

ニューヨークにできた(比較的)新しいホテルThe Standard Hotelが、部屋の中が外から丸見えになるので有名で、そこで敢えて窓ガラスにへばりつきながら性 行為をするカップルとかが目撃されてニュースになってたんだけど、ずーっと昔にこのブログでも話題にしてた。まさにそのシーンとかも映画の中に出てくる。。。

ファスベンダー演じる主人公はノンケ(ヘテロ)の役やけど、ある意味、たくさんいるセックス依存症のゲイ男性と二重写しに見えたなぁ。結局、映画の中で都合のいい解決を提示していないのも、その現実に直面して自力で依存症を克服していくしかない、っていうことを言ってるのかなぁとも思ったり。

ファスベンダーの熱演シーンに興味ある人、こちらでどうぞ。大人向けです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)