2013年7月24日水曜日

日本で一番人気だった元ファッション・モデルと会食した件 Met with fomer male model who has been the most popular in Japan


最近、社会人ゲイのためのネットワーキング・イベントに参加したことをご報告しました。その後、4、5人の人からメールがあり、また会いましょうということになってるのだけど、早速、そのうちの一人Jと会食してきた。

 イベントで会ったときは、冴えないオヤジだなぁっていう印象しかなく、しかもゲイっぽくない。どこにでもいそうな40代中過ぎの中年アメリカ人っていう印象・・・。ちょっとヤサグレ感が漂ってて、運のなさそうな感じとでも表現すればいいのか・・・。決してブサイクなわけではないんだけど、パッとしないんだなー。

仕事のほうも、テレビ・プロデューサーという肩書なんだけど、お手製の名刺っぽいし、メール・アドレスがGメール・・・。自営業っぽいね。

向こうから後日メールが来た時も、なんだか積極的だったし、仕事を探してる感がバンバン出てる。

今晩、再会したときも、一方的にトークを始めて、30分後には、

「君の会社で僕を雇ってくれないか?」

おー・まい・がー、じゃない?会って2回目で仕事くれって、やっぱアメリカ人って積極的だよねー。しかも超年下相手に恥じらいはないのかね?やっぱ、こういう恥じらいの文化って日本的なんだねー。アメリカ人には恥じらう感性が欠如してると、日本人の僕の目には映ってしまうんだけど、アメリカ人からしてみると、日本人はシャイすぎるってことなんだろうね。

で、予想通り、中年オヤジの就職相談をすることになって、結局、2時間くらい話を聞いてあげたかな。彼の興味や職歴を考えて、色々、ビジネス提案してみたんだけど、生意気にもダメだししてくるし!「それは手間もかかるし時間がかかるよね」とか、「僕の興味とは違う」とか。あんた、タダで就職相談にのってやってんのに、その態度ってどういうこと?!

半分切れかけで、そろそろ帰ろうかと思ったころ、僕がひねり出したアイディアがヒットだったみたいで、話が盛り上がることに。

「それ!すっげーグッド・アイディア!さっそく、会社を興すよ」、とのこと。

ほとんど初期投資なしで始められるビジネスを提案したのだけど、彼の親族にこのビジネスを一緒に立ち上げてくれそうな 人が数人いるということや、来週、両親の結婚50周年記念パーティーがあって一族に会う機会があるとかで、タイミング的にもこのビジネスを相談するのに絶好の機会だったみたい。こりゃー、相談料を払ってもらわんと割にあわんわー。こっちはタダ働き。

ビジネスの話が一段落したころ、僕が日本出身ということを伝えると、彼は、日本でちょっとした「有名人」だったことがあるとか。

えー、この冴えないオヤジのどこが?って思ってたところ、彼は大学生の頃、ファッション・モデルをやってて、1986年と1987年(バブル絶頂期?)に日本の屋外広告で最も登場したファッション・モデルだったんだって。週に5日の撮影で当時のお金で1万5000ドル(今のレートで150万円くらい)稼いでたんだと。それを年に数カ月やりながら、自分で大学の学費を全部稼いだらしい。

へぇーーーーー

しかも、当時は腹筋が6個に割れてたらしい。

へぇーーーーー 今じゃその面影が微塵もないわー。

 下着モデルとか、色んな広告のモデルをやってたんだと。見た目がいかにもアメリカ人っぽいのが受けてたらしい。日本のエージェントが用意したモデル用のウィークリーマンションに住んで、朝起きたらタクシーで撮影スタジオまで移動。言われるがままにポーズしたりして、夕食もエージェントが用意したレストランで済ませたり、ほとんど日本文化を堪能したり現地の人に触れる機会はなかったとか。まー、当時19、20歳くらいの大学生で、そういうことに興味も湧かなかったんだろうね。

それが今じゃ、こんなに冴えない中年オヤジ化しちゃって、職探し中っていうのが世知辛いねぇ~。この人、たぶん、人生の大半の運気を10代20代で使い果たしちゃってるんじゃないかな?

話を聞いてても、あんまり頭脳明晰ってわけじゃないし、かといって何かに情熱があるってわけでもないし、確かに言われてみれば「モデル」っぽいかも?(読者の中に、本物のモデルさんがいたらゴメン。)

別れ際、レストランを出たところで強烈なハグされた。。。しかも長いの。これから、彼の新しいビジネスにちょっとかかわることになりそうだし、アドバイスをバンバンに求められてくるから、適度な距離感を保ちつつ、なんかお付き合いが始まりそう。まー、悪い人じゃないんだろうけど、持ってる運気が悪そう・・・。でも、家族のサポートが得られてビジネスが軌道に乗れば僕も嬉しいし、彼には中年パワーで頑張ってほしいな。

ということで、モデルの写真を集めてみたヨ(こういうビューチフルなモデルたちも、中年になったら何やってるんだろうねぇ~。他人のことながら心配やわ。しかも白人は劣化が早いしね。)
















1 件のコメント:

  1. 連続コメント失礼いたします。白人劣化はやいのはわかります。20代後半でも顔のしわが目立ったり、おでこがひろかったり。僕は同い年から年上がタイプなので、Tsuyoshiさんのようにそういうデートの機会があるのは羨ましいです。僕が年上がすきって言うのは、ルックスもですけど、なんかその人のキャリアとかバックグラウンドとかからにじみ出るサクセスに憧れ、ロールモデルみたいで、その人はなにかに情熱が会って一緒にいて楽しいみたいなところがあります。たとえば、オーケストラの指揮者の方々とか。音楽の世界で成功するのは大変じゃないですか。だから、すごい惹かれます。コンサートに行って、指揮をしてるのをみて、「このあと一緒に帰って楽しく過ごす」というのも結構燃えましたしいい気分でした。あのステージに立っているの人は俺のものみたいな感覚笑 すいませんIt sounds so weird.hahaでも、未だにシュガーダディー的な関係には慣れません笑。
    日本には外国人のゲイの方ってどれくらいいるんですかね?いい出会いがあるといいナーと思いながら荷造りをしています。あと、そのようなネットワーキングイベントがあれば僕も参加したいと思いました。そのほかの方ともデートするご予定なのですか?

    返信削除

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)