2012年3月10日土曜日

ジョージ・タケイがアンチ・ゲイのテネシー州議員3人にビデオ・レター George Takei Sends Funny & Poignant Video Message to Three Homophobic Tennessee Lawmakers

おそらくアメリカで一番有名なアジア人ゲイは、日系俳優のジョージ・タケイでしょう。スター・トレックに出演してた頃、彼に惚れたというアジア人好きアメリカ人ゲイが多いらしい・・・。

こちら、スター・トレックでSulu役を演じた頃のジョージ・タケイ。


こちら、長年連れ添ったお相手と結婚した時の写真。


彼はカミング・アウトしてから、LGBTの人権向上活動に積極的で、先週の朗読劇8にも出演してた。そして今回、テネシー州の議員で、アンチ・ゲイのコメントをしたり法律を制定しようとしてる3人に対して、ビデオ・レターを発表してる。こういうとんでもない議員がいるテネシー州にも驚きやし、ジョージ・タケイのユーモアに富んだ(だけど辛辣な)メッセージが笑える。(下のビデオは再生されにくいみたい・・・。元のサイトだと確実に再生できると思う。)

このテネシー州の3人の議員を、ジョージ・タケイは『オズの魔法使い』にかけて、「“friends of Dorthy”(ドロシーのお友達)」と呼んでる。

1. Stacey Campfield: 「ゲイだと言うな法案(“don't say gay” bill)」を起案。
2. John Ragan: ゲイを嫌う神を信じてる限り、同性愛恐怖症的にゲイに暴力をふるう人を保護する法案を起案(ようはゲイというだけでその人に暴力をふるっても良いという法案)。
3. Richard Floyd: 「彼の家族にトランス・ジェンダーの人が近づいただけで半殺しにしてやる“stomp a mudhole through any transgendered person coming near his family”」と発言した。

この3人を脳みそのないカカシ、心のないティンマン、勇気のないライオンとかけてるんだよね。あと、「ゲイ」と「タケイ」をかけてるのも笑えるわー。

とっても明瞭にゆっくりと話してくれてるので、英語の勉強にもなると思うよ。

でも、こういうテネシー州の議員みたいに病的なまでにゲイ恐怖症の男とか見ると、こいつらも心の奥底に同性に魅かれてる気持ちがあるからなんやろうなぁ~って思う。(それについてはこちらで詳しく紹介してます→「同性愛恐怖症の男は男性同士のゲイ・ポOノに一番萌えるという実験結果」)

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)