2012年1月12日木曜日

全米で最もゲイな都市ランキング The 'gayest' U.S. city? but not necessarily the most gay friendly... WTF?

ミシガン州在住のもっちりさんから、ツイッター宛てにこんなメッセージをもらったのでご紹介~。

いつもアンテナを張り巡らせているtsuyoshiさんだから、もう知ってるかもしれないけれど…。ちょっと、普段のランキングとは違って、興味深いニュース。 inamerica.blogs.cnn.com/2012/01/09/wha… うちは6位でした。これは、まぁ納得。
Direct message sent by もっちり on Jan 10, 11:34 PM.
こちらが、その「全米で最もゲイな街」ランキングの結果とその簡単な特徴・・・

15. コロラド州デンバー(Denver, CO)--肩ひじ張らずゲイに親切な風土

14. カリフォルニア州ロングビーチ(Long Beach, CA)--素晴らしいプライド・パレード

13. テキサス州オースティン(Austin, TX)--多数あるお祭り行事と文化的多様性

12. オレゴン州ポートランド(Portland, OR)--ヒップで超教養に溢れる町の雰囲気

11. アーカンソー州リトルロック(Little Rock, AR)--ゲイに親切な教会多し

10. ミシガン州グランドラピッズ(Grand Rapids, MI)--中西部で最高のカントリー・ラインダンス

9. ジョージア州アトランタ(Atlanta, GA)--黒人ゲイクラブが有名

8. テネシー州ノックスビル(Knoxville, TN)--LGBTの10代を支援する組織が複数あり

7. ミネソタ州セントポールとミネアポリス(St. Paul & Minneapolis, MN)--ダイナミックなゲイ・ビジネス・コミュニティーあり

6. ミシガン州アンアーバー(Ann Arbor, MI)--レズビアンのナイトクラブが複数あり

5. ワシントン州シアトル(Seattle, WA)--ダン・サーベッジが住んでる。気軽なハッテンが簡単にできる

4. フロリダ州フォート・ローダーデール(Ft. Lauderdale, FL)--マイアミに近い

3. マサチューセッツ州ケンブリッジ(Cambridge, MA)--全米初のアフリカ系アメリカ人のレズビアン市長が誕生

2. フロリダ州オーランド(Orlando, FL)--ディズニーワールドで「ゲイ・デイズ」が開催される

1. ユタ州ソルトレーク・シティー(Salt Lake City, UT)--ゲイの地位が「最も改善が進んだ」町

このランキング見て、みなさんどう思う?なんか聞いたことない地方都市が多くない?

これねー、まー僕もニュースは読んでたけど、正直に言うと、そのランキング内容がメチャクチャなんで萎えてたんだよねー。1位ユタ州って、あんた、冗談にもほどがあるでしょー!?しかも、「ゲイの地位の改善が最も進んだ」って、そりゃー相当差別がひどかったら、改善の度合いもすごいでしょーよー。フロリダ州のフォート・ローダーデール、「マイアミに近い」ってのも笑えるよね。そのマイアミ自体がランクインしてないのに!シアトルは、ハッテンがしやすいって、そんなにシアトルってしやすいの?!

それに、いつものごとく、この手のランキングって、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコっていう3大ゲイタウンがランク入りしてないしね。

このランキングは、老舗ゲイ雑誌The Advocateが出してるのだけど、そのランキングの評価基準について、改めて読んでみた。 そしたら、

「ニューヨークやシカゴ、ロサンゼルスで大規模なLGBTライフが形成されてるっていうのはもう秘密でもなんでもないでしょ?(中略)いまさら、(ロサンゼルスの)ウェストハリウッドや(ニューヨークの)ヘルズ・キッチンにゲイたちが集まってますなんていう記事なんて誰が必要としてるっていうの?」

という書き出しで始まってる・・・。

ようは、まじめに「全米で最もゲイな都市ランキング」なんてやっても、みんな既に知ってる当然の結果だし毎年変わるもんでもないから、話題作りのために独断と偏見で別のランキングを出しました、ってことなんだよね。記事でも、ちゃんと但し書きとして、「 私たちのこの3年目になる全米で最もゲイな場所ランキングは、完全に正確な情報に基づいてます―意図的に主観による評価基準だけど(in our third annual accounting of the gayest places in America — according to our totally accurate if decidedly subjective criteria)」って書いてるし。 (-_-;)

今回も、この手のランキングで多い、「人口一人当たり」でランクが決まってるんだよねぇ。例えば、人口一人当たりのLGBT専門書店の数とか。イマドキ、都市部のゲイなんてオンラインでしょー。昔みたいにLGBTの本屋行くティーンネージャーなんて、まさにアーカンソー州とかテネシー州のド田舎くらいなもんよ~。

その他の評価基準っていうのもふざけてて、人口一人当たりのヌードヨガの数、ゲイ・ソフトボール・ワールド・シリーズに参加したチームの数、国際Mr.レザー大会に出場してセミファイナルに残った人の数とか、ホント、主観で選んでるから半分以上オフザケでしょう・・・。このランキング結果を紹介したCNNの記事タイトルも、「全米で最もゲイな都市とはどういう意味か?それは必ずしもゲイに優しいという意味ではない」って皮肉ってるしさ。

なんか、この全米で最もゲイな街ランキングの話って、前にも紹介したよね?!あ、ここだ。ちょうど1年前の1月14日だー。同じ雑誌The Advocateのランキングってことは、去年は2回目だったってことか。。。今年の3回目と見比べてみると、まだ2回目の結果のほうがマシに思うんですけど、どうでしょう?

来年は、さらに壊れたランキングになるのか、それとも揺り戻しが起きて、もう少しマトモなのになるのか見ものだね~。(o ̄∇ ̄o)

P.S. もっちりさん、ゴメン、もっと前向きな投稿にするつもりだったのに、調べれば調べるほど、「なんじゃこりゃ~」って気分になっちゃった・・・。m(>o<)m

3 件のコメント:

  1. いえいえ、記事に取り上げてもらっただけで、もう感動! こちらこそ、あまりちゃんと読まずにリンクを送ってしまって、ごめん。「わ〜い、アナーバーが載ってる〜♪」だけで、舞い上がっちゃってました。

    ちなみに、かつて住んでいたテキサス州オースティンは、本当にゲイフレンドリーな町だったよ。

    ブログに載るんだったら、もっとちゃんとした文章を書けばよかった…。

    今日、ゲイの同僚がこのブログの読者であることが判明。「モッチ、このビデオをちょっとみてみ? なんか変と思わへん?」って、メールが来た。
    http://gayjapaneseexpat.blogspot.com/2011/12/gay-travel-guide-in-tokyo-japanese-tv.html」
    リンクを開けてビックリ、ここだった。

    返信削除
  2. えー、同僚とこんなゲイゲイしいブログについて語ってるの?!ええ職場やんか~。

    僕なんて、会社で「実はブログやってるんです」って言いたいけど抑制がかかってる・・・。でも、仕事先でもプライベートでも、使い分けることなく素の自分を出せるのが本当は一番精神衛生上よいことと分かっているんだけどねー。

    いつかはもっちりさんみたいに同僚にもカミングアウトしたいなぁ。

    返信削除
  3. 何か、たまたま。そうだねー、職場でゲイを隠さないでいいのは、楽でいいね。しかも、自分では言ってないし…。僕の前任者(古い友だち)が僕が採用される前から皆に言ってたの(笑

    返信削除

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)