2011年8月18日木曜日

カナダのゲイ旅行番組が東京・京都編を放送 The Gay travel show Bump! comes to Tokyo & Kyoto!

カナダのテレビでゲイ旅行番組Bump!っていうのがあるんだけど、その東京・京都編をネットで発見!

これまでBump!が行く旅先は、北米、南米、そしてヨーロッパっていう白人世界ばっか。楽しく見ながらも、アジア圏に全然旅行に行かないこのゲイ旅番組に、どっかレイシストなのか?!と不信感を抱いたりしてた。やっぱ、北アメリカのゲイは同じ白人文化の国々に旅行に行くのが好きで、アジア圏にはライスクイーンくらいしかこねーの?って。だけど、ネタが尽きたのか?つにアジアに進出した模様。既にタイ、バンコク編も放送されてて、今後アジアの国々が登場するみたいで楽しみ~。


旅のレポーターは4人いるんだけど、そのうちの一人で、この番組のプロデューサーも務めるCharlie Davidがなかなか。


チャーリーは、2009年に僕のブログで紹介したゲイ映画、Mulligansにも主演&監督として活躍してる。


これが東京編。日本からも見られるといいんだけど。(番組途中で同じシリアルのCMが4回連続で流れる箇所が3か所ほどある。我慢我慢・・・。)下の画面をクリックして見られない人は、ここのLogoTVのサイトで直接なら見られるかも。

 同じ東京編、YouTubeにもアップされてました。これなら確実に日本からも見られるでしょう。





日本人ガイドも登場。英語がなかなか流暢(たまにしゃべってる情報が間違ってたりするけど、そこはご愛嬌!)。二人で秋葉原のおでん缶がある自販機に行って、そこでフレンチフライとパンケーキ・ジュースを試すんだけど、その時、チャーリーが日本人ガイドに対して「君はどんな味がするのかなぁ~」ってイヤラシイこと言ってたけど本気だったの?チャーリーってどこに旅行に行っても現地ガイドとイイカンジになるんだよねぇ~。もっと2丁目のシーンを見たかったのにそこが少なかったのが残念。ま、20分番組だから。そういう意味でもゲイ版弾丸トラベラーだな。

あと、チャーリーは映画Kill Billの舞台としても使われたレストランの権八にも行ってたんだけど、そこで登場したウェイター(?)が超超超男前。カンペキなアメリカ英語話して、見た目キアヌ・リーブスっぽいアジア人ハーフ顔。ブライアンだったら即、食いついてるなぁ~。僕も超気になっちゃった・・・。あのモデル・俳優張りの容姿で、レストランのウェイターっていうギャップがエロくね?

そしてこっちが京都編。こちらも同様に、下の画面から見れない人は、LogoTVのサイトで直接なら見られるかも。

京都編もYouTubeにアップされてた。





東京とは別の現地ガイドの人も頑張って説明してるんだけど、Lの発音ができん人で聞き取りにくい・・・。でもお酒飲むシーンではチャーリーがまた現地ガイドとイイカンジになってflirtatiousだった・・・。ヤツは誰とでもこういう感じになるんやね。それに、これまで100回も放送してる中で、今まで男っぽい自分ばかりを見せてたチャーリーなのに、京都編の101回目でついに女装に挑戦!「私、ゲイのゲイシャになるわよー!」ってオヤジギャクも炸裂。。。彼のイメージが崩壊しちゃったけど、彼への好感度は確実にアップした回でした。

東京と京都だけじゃなくって、もっと日本各地を巡ってほしいなー。

15 件のコメント:

  1. この動画サイトは日本からじゃ見られないみたいです。

    返信削除
  2. 同じ東京編、YouTubeに投稿されてた。これなら日本からも見られるでしょう。どれくらい削除されずにYouTubeに残ってるかわかんないけど・・・。

    http://www.youtube.com/watch?v=6kB2Noz3Ueg

    返信削除
  3. I reckon that local guide spoke just perfect English!!
    Nothing wrong about it...

    cheers from Sydney

    返信削除
  4. Thanks for your message from Australia! You're talking about the second guide in Kyoto, right? He is very knowledgeable and definitely well prepared. When I watched the show with my American friends, though, all of us noticed some accents in his English. It was not Australian English either, was it?

    I like Australian English actually. I wrote about Australian and Canadian English and American Southern accent in my blog sometime ago. Did you read it?

    Cheers!

    返信削除
  5. 主さんこんにちは。Jpです。このたび、ゲイビーチ?に初めて行くことになりました笑 主さんのブログのおかげでなんだかアクティブになってきてます最近。かなりどきどきしているのですが、なにか気をつけたほうがいいこととかありますか?是非アドバイスお願いします!

    返信削除
  6. えー、どこのゲイビーチに行くの?そういや、今週末、ニューヨークのブライアンはポートランドに旅行に行ってるって。快晴で最高ってメールが来た。

    ゲイビーチは一人で行くの?ヌードビーチ?(さすがの)僕もヌードビーチでヌードになったことはないんっすよー。恥ずかしくて。Jpさんの度胸次第だと思うなぁ。ちょう恥ずかしい水着を履くという手もあり(爆笑)。あと、こっちでも日焼けの跡はセクシーに思われてるから、残ってもいい形の水着を選んどくのが後々のことを考えるといいかもねー。報告を期待してます。

    返信削除
  7. フロリダです!ヌードビーチでは無いと思います笑 一人で行くんですけど、もう今から楽しみなようで、すごい緊張してます。。主さんはフロリダに行ったことありますか?いい報告が出来るように頑張ります

    返信削除
  8. フロリダかぁ。いいっすね!僕も東海岸に住んでたことが長かったんで、マイアミ、キーウェスト、パームビーチ、フォート・ロードデールとか結構行ったよ。マイアミはもう南米文化圏でエキゾチック。その一方でニューヨークからの観光客が多くてビーチで会うのはニューヨーカーっていうパターンも多かった。あとね、なぜかフロリダはドイツ人に絶大な観光スポットらしく、ドイツ人比率も高かったなぁ。

    返信削除
  9. そうなんですか!一人旅なので、主さんお勧めスポットがありましたら是非教えてもらいたいです:)色々調べてみて、サウスビーチやアールデコ?に行ってみたいなと思っていて。ダウンタウンは場所によっては治安がかなり悪いということも聞きました。。ドイツ人!ドイツ人って良いですね。ますます楽しみです!

    返信削除
  10. アメリカ東海岸の3大ゲイビーチが、マサチューセッツ州のP Town、ニューヨークのFire Island、そしてフロリダ州のSouth Beach。だからマイアミのサウスビーチに行けばゲイ・パラダイスなのは確実。イケメンが超タイトなスピード水着来て、真っ青(っていうかエメラルドグリーン)のトロピカルオーシャンでたむろってるのが目撃できるでしょう!楽しみだねぇ~。

    バー情報は常に変わるから最新の情報はネットや現地ガイドブックに譲るとして、マイアミにだけ滞在するんだったら、もうサウスビーチだけでいいかも。マイアミ市自体は退屈。。。サウスビーチにクラブとかレストラン、ビーチ、ホテルが密集してるから、そこで南米気分を味わうので十分の気がする。レンタカーを借りるなら、ちょっと足を延ばして、映画でも有名なセブンマイルブリッジを走破してキーウェストまで足を延ばすっていう手もあり。キーウェストもゲイ(とゲイバー)が多いよ。

    サウスビーチには、キューバからの移民が多くて、カフェとかスペイン語しか通じないところとかもあるから、スペイン語のフレーズを少し知ってると便利。例えば、ミルク入りコーヒーだと、cafe con leche(カフェ・コン・レチェ)。お願いします、はポルファボール。ありがとう、はグラシアス。

    サウスビーチのゲイ・シーンを垣間見られる映画は、なんといってもThe Birdcage。1996年公開と古いけど、伝説の映画で、バーやレストランが密集するアールデコの街並みがふんだんに出てくるから予習にはいいかも。
    http://www.imdb.com/title/tt0115685/

    ゲイのファッションデザイナーのベルサーチが、たしかフロリダでゲイのアジア人ハスラーに殺害されたんだっけ?anyway、彼はサウスビーチに豪邸を構えてて、そこを生活拠点にしてたらしくて、彼が行きつけのカフェとか、僕はガイドブックを頼りに見て回った記憶がある。彼のマンションは、今公開されてツアーできるらしい。
    http://www.orlandosentinel.com/travel/orl-travel-miami-versace-mansion,0,3041592.story

    今のご時世、モバイルアプリだから、Grindrとか出会い系アプリをインストールしてイケテル写真をアップして、マイアミ到着したら即使えるようにメンテしとくっていうのも大切かもね~。

    返信削除
  11. なるほど。なんかわくわくしてきました笑 いい報告が出来るように頑張ります!ありがとうございます!

    返信削除
  12. ふと思ったのですが、そういう場所に普通、一人で行ってもいいものなのでしょうか?なにしろ、なにもわからないもので。。。:(

    返信削除
  13. 「そういう場所」ってゲイビーチのこと?それともゲイバーのこと?せっかくゲイの3大ビーチの一つに行くんだから満喫しない手はないと思うよ。一人のほうが色々な人と話できるチャンス多いと思う。

    もしまだホテルを予約してないなら、サウスビーチのホテルにしてずっとサウスビーチっで過ごすっていうのもあり。それだとレンタカー借りる必要もないし。ロサンゼルスと違って(!)サウスビーチだと徒歩で全部踏破できるしね。慣れない街で運転だと不安だったりするから、そういう不安を一つでも減らせればいいよね。

    僕が初めてマイアミに行ったとき(もう何年も前。懐かしすぎる・・・)は、このBlue Moonホテルに泊まった。ビーチから1ブロックしか離れてなくて立地が抜群。
    http://www.bluemoonhotel.com/

    2回目は出張でインターコンチネンタル「の近く」のビジネスホテルだった記憶が。3回目は1泊50ドルくらいのしょぼーいB&Bで名前も思い出せない・・・。マイアミ発のクルーズ旅行に行ったときで、前日入りしてマイアミに1泊したのでした。徐々にホテルのランクが下がっていってるのが悲しい。。。

    返信削除
  14. そうですよね!満喫し尽したいと思います:)ホテルはサウスビーチの近くにしようかなと考えています。Blue Moon ホテルすごくきれいな所ですね!でも、予算が...笑 こうやって色々ホテルとかを探すのもすごいワクワクしますね。とにかく勇気を持って頑張ります笑 いつもアドバイスありがとうございます。主さんのおかけで今までに想像もしていなかった生活を送っております。:)

    返信削除
  15. マイアミ、きましたー。Bump!の過去のエピソードで、マイアミのサウスビーチが紹介されてたよ。例のベルサーチの豪邸も出てくるし、ゲイ・バー情報も後半で紹介されるから旅の下準備に見ると役に立つと思う。あと、超驚いたのが、A-Listのブラジル人モデル、ロディニーが登場!

    http://www.logotv.com/video/episode-7-8212-season-4-8212-miami-florida/1632105/playlist.jhtml#vid=484779

    返信削除

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)