2011年8月18日木曜日

リトルトーキョーのタナバタ祭りに行ってきた Went to the Tanabata Fest 2011 in Little Tokyo of Los Angeles

先週末は、ロサンゼルスの日本人街、リトルトーキョーで開かれたタナバタ祭りに行ってきたぞ。

かれこれ3年もロサンゼルスに住んでるのに、日本人や日系人の知り合いが全然いない。。。ということもあり、日系人の七夕祭りにもこれまで行く機会がなかった。けど今年はたまたま(?)アメリカ人の知り合いに誘われたということもあり、行ってきた。


リトルトーキョーに到着したら、道がいくつか封鎖。そのため浮浪者がたむろするちょっと危ない雰囲気の街角に車を停めて徒歩でお祭り会場へ。パレードのルート沿いに到着したのはいいけど、人がまばらでこの上ない寂しさが漂ってる・・・。もしかしてこれだけ?なんて不安がよぎる。

既にパレードは始まっちゃってたので、見逃した先頭をみるべくパレードのルート沿いに駆け足で移動。途中、こんな山車(?)も。日本のお祭りなのになぜか西部開拓時代の(?)馬車。ま、アメリカなので・・・。


進むにつれて、だんだんと人が増えてきて活況に。ホッと一安心。


和太鼓集団を発見。

目の前にいる肩幅の広いお兄さんが気になる・・・。

浴衣着た男の子がクヮイイ~。昔の自分を見るよう。←ナルコ

元ロサンゼルスドジャーズのTommy Lasorda監督。なぜ日系人のお祭りに?

LAPDの警官もー。制服フェチとしては見逃せません。警官にも日系人が多いみたい。

日系人の消防隊チームもパレード。

コスプレチームも登場。もうタナバタという言葉の意味を失ってきてるお祭り・・・。弾幕を見ると、二世ウィークフェスティバル?これは七夕祭りじゃなくって日系二世のお祭りだったの?!

あぁ、線と千尋の神隠しのお化けに見られてる・・・

日系人女優(?)のGena Hiraizumiっていう人。すごい人気があってサインを求められてた。知らんわー。

観客の中に熊発見!この人、日系人女性と結婚してる人みたいで子連れ熊だったw

浴衣着た白人アメリカ人親子。単にコスプレしたいだけの気も?

さすが日系人都市、ロサンゼルス。着物クラブっていうのがあるらしく、彼らもパレードに参列。このブロンドのおっさん、サムライになりきってるよねぇ~。これもコスプレじゃー。

お囃子集団

福岡のお祭りグループ

仙台の山車。やっと七夕らしい雰囲気~

高知のよさこい祭り~

これってどこのお祭り?

集団にイケメン発見。だけど単にこの辺に住む住人だった模様・・・。

これ京都の祇園太鼓?

徳島の阿波踊り!

青森ねぶた

見物客の中にみかけたイケメン兄弟(の後姿)

いやー、一度に日本全国のお祭りを見て回った気分になれる、とってもお得感の高いお祭りだったー。やっぱロサンゼルスってこんなに日系人が多いんだね。しかも見物客を見てると、日本人もいたけど、日系何世とかいう感じで英語しか話せない人とか、アフリカ系やヨーロッパ系と結婚してる人なんかをわんさか見かけて、こうやってアメリカに来た日本人たちが、世代を重ねるごとにアメリカ化されていって混血も進んでいくんだなぁ~って実感した。特に子供たちを見てると、アフリカ系とのハーフの女の子が、お母さんに日本語で話しかけてたり、ヒスパニック系とのハーフの子やら、まさに将来のアメリカの主流になってくような子供たちがたくさんいた。一見、日本人とはわからなくても、そういう人たちにも日本人の祖先の血が流れたりするんだよねぇ。そして子供時代、親に連れられてリトルトーキョーのタナバタマツリに来てたりして、日本の心もしっかり受け継いでいってるのかも。

もしかしたら、祖先がヨーロッパから移民してきた白人アメリカ人たちが、11月の感謝祭や7月の独立記念日にアメリカにやってきたピルグリム・ファーザーズだちのことを尊敬の念で想うっていうのは、僕がこの日感じた日系移民たちへの敬意に似てるのかも。特に日本がこういう状況になってるご時世だけに、海外で何十年も前から日本コミュニティーを作ってきた先人たちを目の当たりにして、畏敬の念を感じたお祭りでした。

6 件のコメント:

  1. お祭りいいですねー、なんか記事を読んでいて久々に日本がちょっとだけ恋しくなりました。by the way,もの凄い妄想とか、過ぎた憶測って言われそうなんですけど…もしかしたら、僕今週Tsuyoshiさんと会ったかもしれませ…マジで!!しかも会話もしたかも…マジで!! いや、たまたま在米歴7年で関西出身の日本人ってだけだったんですけどね(笑 でも、名前はTsuyoshiさんじゃなかったです、と言うオチ(笑

    返信削除
  2. えー、あれってhectorさんだったんっすか?わかっちゃいました?

    と話に乗ってみた僕。その人もゲイでしたか?でも七夕祭りの会場だったら、あれだけ日系人が集まってたからどこかで遭遇しててもおかしくなかったかもね。

    大都市ロサンゼルスといえど、ゲイコミュニティーはさらに小さくなるし、そこにアジア人要素が加わるとさらに狭まるからいずれ遭遇する可能性あるよねぇ~。ま、そのときはお手柔らかにお願いします・・・。

    返信削除
  3. あれ、やっぱ違ったか(笑 いや、どっちかつーとゲイの社交場とかではなく、ただのオーガニックレストランでした。それにその方は別にゲイと公言しているわけでもなく…ただ、物凄く英語が堪能で、本当にnaturalな英語を話していたのと、在米歴、出身が関西、且つスマートな身のこなしと短髪(?)、そこだけでなんとなく直感で「もしや今の人Tsuyoshiさん?」と。結構な男前さんでしたしね(笑 でも、違ったかぁ…結構自信あったんですけどね(笑 因みに火曜日の話です。って、やっぱ違うか(笑

    返信削除
  4. なんか話だけ聞くとオレか?って思うけど、まー、日本脱出してアメリカに骨埋める日本人ゲイなんてワンサカいるよねー。しかも日本人が多いロサンゼルスともなると無数。ゲイは狙った男のためなら英語猛勉強するしね。んでもって、健康にも気を遣ってるからオーガニックのレストランに出没と。きっと似た人なんていっぱいいると思う。catch me if you can!だね。LOL

    返信削除
  5. >これってどこのお祭り?

    あたしも気になって「羅府」で調べたら

    ~アメリカはロスアンジェルスにて神輿会を結成している彼らをご存知でしょうか?「羅府」とは、日本語でロスアンジェルスの意味~

    http://www.nippori.net/photo2-top.htm

    だって。へぇ~×10!!!!
    羅府、ってロスアンジェルスなの!?

    こんなにいろんなお祭り見れるとお得感満載ですね♪

    カオナシにガン見されてる一枚に座布団10枚(笑)

    返信削除
  6. 羅府ってロサンゼルスの意味だったんですねー。そういやー、羅府新報っていう現地日本語新聞がありました・・・。

    あのキャラクター、カオナシって言うんですね。あのガンミされてる写真、ちょっと怖いですよね。

    返信削除

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)