2011年4月10日日曜日

Grindr使ってる人たちって意外とまじめなのね

Android版のGrindrが登場して数週間。出た当初は、せっかく入力したプロフィールが保存できなかったり、写真がアップロードできなかったり散々な代物だったけど、先日、ようやくプロフィール写真をアップすることができたよ。まだまだバグが多くって、操作してると30秒に1回くらいクラッシュするし、写真を投稿するのだって、何度も何度も同じステップを巡回した後、ようやくアップ完了画面に到着。写真を選んで、それからそのサムネールサイズを作成するためにクリップする手順にバグがあって、10個くらい同じサムネール写真を作らされたよ・・・。




で、ようやくまともなプロフィールができて使ってみた。別のオンラインデートサイトでよく見かける「常連」もちらほらいるけど、やっぱ物理的に距離が近い人だけが表示されるからまともな人が多い気がする。たとえば、明らかに自分じゃないモデルの写真使ってる人とか、いやらしい写真使ってる人はいないね。携帯電話1台に1個のプロフィールだから、ちゃんと素性がしっかりしてるっつーか、自分の顔写真1枚でまともなプロフィールの人が多い気がする。3分の1くらいは腹筋だけとか顔無しの上半身だけ、みたいな人もいるけど、顔写真の多さが圧倒してると思う(サングラスかけてる写真の人もいるけど)。Grindrユーザのモラルの高さ、これは意外だったよ。

でね、ここ数日、28歳のロブ君とやり取りしてる。年齢の割に老け顔の小熊系。身長は185以上ありそうだから大熊か?日本にも最近(地震前)に旅行に行ってきたばかりとかで話も弾むんだけど、煮え切らない。向こうは一日に何度もログインして、一言づつ言葉を交わしてるから、一つのテーマで2,3回言葉を交わすだけで一日が終わる。しかも、ロブ君から話題を振ってこない。こっちが気を回して、「どこ出身?」とか「週末はどうやって過ごしてる?」とか振ると、向こうが回答するって具合。でも、最初に僕に声をかけてきたのはロブ君のほうなんだよ(念のため)。

最初に言葉を交わしてからもう1週間は経つのに、一向に、「じゃ、コーヒーでも?」って話にならない。話題もこっちが振るばかりで向こうはそれに回答するだけの受け身君。これってやっぱ脈なしだよねぇ。ベッドでも受け身君になりそう。体は巨体で顔も老け顔で大人っぽいけど、ベッドだと超シャイな受け身君になる人って多くない?しかもアジア人好きに多そう。自分より若くて小さいアジア人に手玉に取られたいっつー大熊。それに萌える人だったらいいんだけどさ、いっつもトロの大熊ってどーよー。疲れる。これまでの経験からして、重たい大熊の両足を肩に乗せるだけで体力使うし。。。やっぱ米と魚が主食のアジア人には重荷だすよー。大熊を仕留めるのは。

もう一人、横顔写真を掲載してる人からもHiって声かけられたけど、向こうがあんまりGrindrにログインしないから会話が進まない。

Grindrで恋人にまで発展するような出会いがあった人いる?成功体験を聞きたいっす~。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)