2009年10月3日土曜日

朗報

タイで、HIVワクチンの開発に迫る大きな一歩の研究結果が発表されたという報告。まだ未完だけれど、31%の感染リスク低減の成果だったとか。

★ ★ ★
HIVワクチン開発に光明、感染リスク低減と 米軍医療機関

(CNN) エイズウイルス(HIV)のワクチン開発を進める米陸軍の医療機関と米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)は、タイで実施した新型ワクチンの臨床試験で、感染リスクを低減できうる結果が得られ、HIVワクチンの開発に光明が見えたと明らかにした。詳細は10月にパリで開かれるエイズ・ワクチン会議で発表する。

NIAIDなどの研究者は、タイの18歳から30歳までの1万6000人以上を対象に、臨床試験を実施。半数に仏サノフィ・パスツールなどが開発したワクチンを、残る半数に対照試験として偽薬(プラセボ)を接種した。ワクチン接種後、3年にわたって被験者を追跡した。

その結果、ワクチンを接種したグループでHIVに感染したのは51人だったが、プラセボ接種グループでは74人と、有意差が認められた。感染リスクは約31%、ワクチン接種グループで低かった。

米陸軍のジェローム・キム大佐は、臨床試験で用いたワクチンは、タイで流行しているHIVに対応したものであり、他地域での有効性は不明だとしながらも、これまで不可能だと考えられていたHIVワクチンの開発に道が開ける結果だと指摘している。
★ ★ ★

アメリカでは、特に若年層の間でHIVの感染が広がってるらしい。報告によると、特にMSM (men who have sex with men)の分類に入る若い黒人男性の間による感染増加数が飛びぬけて高いらしい。MSMとは、いわゆる、DL(down low)と呼ばれる超クローゼット(カミングアウト)してない人たちのことで、自分たちをゲイとは認めていないグループのこと。女性と結婚したり彼女がいながら、裏でゲイというタイプが、コンOームを使わない行為に走ることが多いので感染率が高い模様。そのため、女性の間でもHIV感染の二次被害があるとか。あと、麻薬の利用(注射針の使いまわし)もおそらく感染拡大の原因の一つと指摘されている。

今年発表された
別の報告
によると、米国で新たにHIVに感染した人のうち、半分は10歳~19歳の青少年と20歳~24歳の若年層だったとか。よく言われるのが、身近にHIV/AIDSで命を失った親しい知人がいないため、その恐怖を実感できないことが要因と言われている。それに、最近ではカクテルと呼ばれる薬の開発によって、感染しても症状を抑えられて、一見すると普通の暮らしができるようになったというのも若年層でのHIV/AIDSに対する警戒が非常に低くなっている原因とも。

昔の(70年代~80年代の)アメリカのポOノビデオを見てみると分かるとおもうのだけど(え、そんなの見ない?)、ジムに通いつめたような筋肉マッチョって、非常にマイナーだったんだよね。ビデオに出るような人ですらヒョロっとしてたりあんまり筋肉鍛えてなかったりってのが多い。

だけど、80年代になってエイズが蔓延し、そして感染者は病気と闘うために筋肉を鍛えることが有効ということがあって、都市部のゲイ人口の間に一気にジム通いという習慣が広がった。HIVに感染してるけど、身体を鍛えて見た目の魅力度はアップするゲイが増えて、感染してない人にもジム通いという習慣が浸透。そして今度は、「ゲイは見た目が魅力的な人が多く、女性に人気がある」、っていうようおな都市伝説ができて、それがノンケ(ストレート)の男性にも広がるようになって、今では大学生ですらジム通いをしてモデル並みの身体を作ることが一般的になったんですねぇ~。

ファッションやヘアスタイルも同じで、ゲイの間で流行するヘアスタイルやファッションが女性の目を引いて、それからノンケ男性に伝播するっていう文化の流通経路があるのが面白い。

いやはや、アメリカ人のジム通いって、もとはゲイの間でHIV感染者が広がったことが原因って考えると不思議な気がするね。

話が逸れましたが、ワクチンの開発は待望されていることだけに、今回のニュースは久々の朗報。だけど、ワクチンが完成されてしまうと、ゲイの間のモラルが崩壊してしまうんじゃないかって、ちと心配・・・。ただでさえ盛んなゲイたちなのに、最後の砦が崩れてしまうと、一気に悪い方向に流れるような。そんな状況になっちゃうと、ますます人生の伴侶を見つけることなんてできなくなるよねぇ・・・。たぶん、それが10年くらい続いて、他のSTDとかが出現したりすると、また揺り戻しが起きるんだろうけどさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)