2009年6月20日土曜日

僕も大人に・・・

夏休み、、、また新たな出会いです。

彼の名前はジェイ。28歳、学生。ミシガン州出身。でも大学を卒業してからLAに引っ越してきて、それ以来、ずっとLA。スポーツジムのジェネラルマネジャーを4年間していたとあって、上腕から肩、背中にかけての筋肉がすごい。今は看護師になるべくもう一つの学位取得を目指してる。だけど毎日のジム通いは欠かさないらしい。

顔はぁぁぁぁ、誰に似てるかといわれると、同級生のモルモン教のジョシュアに一番似てる・・・。と言っても誰にもわかんないよね。有名人どころだと誰だろうなぁ。

髪はダーティー・ブロンドで前髪がややカール。目はブルー。家にプールがあってそこで日光浴をよくしてるっていうんで、かなり日焼け。僕より色黒だな。日焼けのせいで、28のわりにシワが目立って僕より老けて見える。顔は、誰だ?ちょっと検索してみる。。。。

ゲイ映画のJeffreyで主人公を演じたSteven Weberに目が似てる。







あと、Queer as Folkでトムの恋人役(?)をしたこの俳優さんDean Armstrongのほうがもっと似てる。





いやはや。実は去年LAに越してから、ジェイとは何度かメールのやり取りはしてた。けど、途切れ途切れで長続きしなくて、会うこともないだろうなと思ってた矢先、トントン拍子にことが運んで今日、初対面。いやー、写真どおりの人が現れるって、久しぶりかも・・・。それだけで記念すべき日だす。

なかなか性格も良い人で、気後れすることのなくさばさばした人。いろいろとお話しました。

僕としては恋人募集中なので、単刀直入に聞いてみたところ、夏の間も授業があって忙しいし、アルバイトのマッサージセラピストの仕事があるし、、、というやんわりNoのお返事。玉砕。。。

だけど今週末、また会う約束をして、今度はディナーでも一緒にということになってるので、同じ学生としてお友達にはなれそうな予感。

彼の興味が、栄養学や健康、フィットネスで、今、医療関係の学位を目指してて、傍ら、マッサージ師のライセンスも持っててアルバイトしてるという健康オタク。軽く肩を揉んでもらっった僕・・・。ヤクトクだねぇ~こりゃ。10年若返ったよ。(←あんた、いくつだって感じでしゅが・・・。)

でもさ、これだけハンサムで若くて、身体がすんごくって、マッサージセラピストって、あやしくねぇ?そこで僕は聞きました。マッサージって、本当にマッサージだけってね。

そしたら、本当にマッサージだけらしい。ちゃんと折りたたみ式のマッサージテーブルを車に詰め込んで出張するんだって。自宅でもするし、クライアント宅で配達マッサージもするとか。

そうこう話している間も、彼のブラックベリーには、頻繁に電話が・・・。誰からかかってるのかコーラーIDを見て、ジェイが、

「ちっまたストーカーからだ」

マジ、ジェイみたいな風貌のマッサージセラピストには、ストーカーがいそう・・・。なので

「ホントにストーカーに追われてるの?」と僕。

「Yeah、彼もアジア人なんだけどさ」とジェイ。

「彼、49歳のお医者さんなんだけど、週に2回は僕のマッサージをリクエストするんだよ。でも彼のおかげで住宅ローンが全部払えてるから、大得意のクライアントではあるんだけど・・・」と続けるジェイ。

あんた、、、住宅ローンが払いきれるくらいの金額っていくらだよぉ!!!!しかも週2回、その関係がどれくらい続いているかは聞かなかったけれど、数年は続いている模様。おかげで授業料も払えてるというし、、、。僕は切り替えして

「じゃ、ジェイのシュガーダディーだね」と言ってみた

「そうだね。これまでもらった額を考えたら数万ドルはいってるかな」

ひょえー。ジェイは28歳の若さで家を持ってて、最近はキャンプ用のトレーラーハウスを買い替えたらしい。モテモテで友達も多そうで、毎週末、予定が入ってるんだってさ。7月4日の独立記念日はラスベガスに旅行に行くっていうし、時間的に僕が入る隙間はなさ毛。これまで数ヶ月間、会えなかったのも納得だす。

だけど来週火曜日、幾何学の試験があるらしく、「幾何学得意?」と聞かれて、「もっちろーん」と答えるアジア人の悲しい僕・・・。

とりあえず今週末、もう一回会うことになってるけど、マジ、幾何学教えてそうで怖い・・・。僕もそのアジア人お医者様と同じで、ハンサムな白人マッサージ師の術にはまってるかも??

でも幾何学教えるくらいだったら屁ですわ。代わりにあの腕っ節でマッサージされたらおつりが来るってもんだす。

ジェイが看護士の勉強するのにも、その中年アジア人医師は色々アドバイスしてるんだと。

なんか僕もライバル心(?)がついちゃってさ、「オンラインデートサイトとかで、いきなり『君いくら?』って聞いてくる中年オヤジっているよねぇ」と言ってみた。

するとジェイ、「それで、返事した?」

「もちろんしないよー。だって僕、お金なんて必要ないもん」と僕

「そーだね。お金が必要ないんだったらするべきじゃないよ。していいことない。気持ち悪いだけ」とジェイ


ひゅるるるーーー。なんか風が吹き抜けますタ。そしてジェイの告白、

「この中年アジア人ドクター、手でいかせてあげてるんだ」


やおお。


やっぱりですたな。それで週2回っすか。それで数万ドルっすか。すかすかすかかか。

どうね。ハスラーとはいかないまでも、それに近いものあるっすね。でも、あの美貌と身体だったら、客のほうから寄ってくるべ。んでもって、その商売、一度味を占めたら、なかなか足、洗えねーべさ。だけど、そんなジェイでも「お金必要ないなら、やらないほうがいい」っていう一言に正直な気持ちが顕れてたね。なんかかわいそう。


それにしても、想像力豊かなぼくちん、また豊かな想像力に0.5秒ほど溺れてしまいますた。「もし」ジェイと恋人関係になった場合、どうなるか。

この金持ちアジア人医師との関係は縁を機って欲しい?そりゃー、切って欲しいすわな。手だけといっても、キモイ。だけど、ジェイの資金源なわけだし、僕が代わりにシュガダディになることなんてできないし。仮に、ジェイの生活そのままに、ボーイフレンド関係になれるか?ま、しばらくは続くだろうけど、どうだろね。ジェイが大学卒業して、フルタイムの看護士になって、マッサージ師の仕事を辞めてくれたら、続く可能性あるね。

それにしても、かっこいい彼氏できたら大変だと思うよ。つなぎとめるのに。やっぱ、同じ「リーグ」の人とじゃないと無理だべか。

そもそも、ジェイを恋人にすることは可能か?っつーのが目下の目論見ではある。つい今しがたもジェイからテキストが来て、「今日は楽しかったよ」とメッセージをくれてるし、脈はありそう。

これが男女間だったら、子供作ってshot gun marriageするところだけど、男の僕にはそんな芸当できないすしねー。ゲイの間だったらどうすんだろね?そのアジア人医師みたいに一日30回も電話してストーカー行為にはしるしかないんすかね?

別れ際に、ジェイに、「一日何通までテキスト送っていい?何通以上送ったらストーカー」って冗談めかして聞いてみた。

「君なら30通でもいいよ」ってジェイ。

確かにそう言ってくれたはず。。。。なんか記憶がおぼろげ。違ったかな。僕の妄想だったかなぁ。なんかやさしい言葉をかけてくれた気がすんだけど、記憶がちょっと飛んでる・・・。

彼みたいな場合、「恋人になって」って迫るより、既成事実作って、快適な環境を作ったほうがいいんだろうね。気がついたら毎週末、一緒に過ごしてた、みたいなね。幾何学を教えてあげて、逆にマッサージしてあげて、料理作ってあげて、至れり尽くせり系?ジェイって、尽くされるのに慣れてそうだなぁ~。

どうでしょう。ジェイと恋人になるためのあの手この手?妙案ある?

P.S.「僕も大人に」の真意は、昔、若かりし頃だったら、こんなお仕事をしてるボーイフレンドなんてジェラシーと嫌悪感で恋人になんて絶対なれないって思ってただろうけど、今のこの変わりように自分でも驚いた、という意味。完璧な人なんていなくって、それを自分が大人になって、変わって、相手と折り合いをつけていくかってことに気がついてきますた。大人だんねぇ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)