2004年8月22日日曜日

ホリデーガール Holiday Girl!

男運のない僕だけど、出会いが全くなかったわけじゃない。そんな一人が、Luke(ルーク)。オクラホマ州出身の25歳で、イタリア系。髪は黒く、目はブルー、身長は175センチくらい。僕と同じジムに通っていて、広い肩幅に、よく発達した胸板と、日本人にはありえない上向きの引き締まったヒップ。イタリア系の血筋なのか、肌は日焼けしていて、それが一層Lukeを精悍な顔つきにしていた。理想を絵に描いた、というよりも、現実が僕の理想になったと言ったほうが正しいかも。


Lukeと最初に出会ったのはバー。彼はバーテンダーとして働いていた。僕がこの地域に引っ越してきた2年前、初めてそのバーに行ったとき、最初のドリンクを注文したバーテンダーがLukeだった。アメリカのバーでドリンクを注文するときは、「Hi, how’re you doing tonight?」とか、「Hey, what’s up?」というような挨拶をするのが習慣。僕もそんな一通りの挨拶をLukeにしたところ、普通だと、即、「OK, so what do you wanna drink?(OK、注文は?)」って聞かれるのに、Lukeはバーカウンターから身を乗り出すようにして、「Are you having a good time?(楽しんでる?)」っていう返事。僕は「あれ?普通のやり取りと違うなぁ」ってちょっと違和感を感じた。

毎回、このバーに来ると、Lukeがいて他のバーテンダーとは明らかに違う優しい態度で僕に接してくれた。しばらくたって、Lukeからデートの誘いがあった。アメリカでは5月にメモリアルデーという休日がある。その日、Lukeの赤い車でドライブして、チャイナタウンでランチ。ランチを支払うとき、割り勘にしようって僕が言ったのに、Lukeが払うって言い張るもんだから、レジでちょっと押し問答に。そしたらレジにいたヒスパニック系のオバチャンが、「彼(Luke)が払うって言ってんだから、おごってもらいなさいよ」っていう突っ込みを入れてきた。その言い方があまりに大阪のオバチャン風で単刀直入なうえに、タイミングがよかったので、僕はもう笑いながら、Lukeにされるがままに自分の20ドル札をポケットにねじ込んだ。

そして自然がそのまま残されている森みたいな場所へ行って、二人っきりで小川沿いに散歩。バーテンダーっていう接客業が身に染み付いているのか、とにかくLukeは優しかった。小川を渡るときには、必ず自分が先に渡って、僕の手を取ってくれた。Luke自身、自分を頼りにしてくれるような人が好みなのだとか。僕はこれまでカレになった人に頼るってことはあったけど、相手に積極的に、「頼ってくれ」みたいなことは言われたことがなかったから、そんな男っぽい態度に照れくさいやら面映いやら。

デートが終わって別れ際に、「また今日みたいな時間が過ごせるといいね」ってLukeが言ってくれて、僕も心からそう思った。だけどLukeには4年間、一緒に住んでいるフィリピン人の彼がいることが、彼自身の口から発せられた。結局、それ以来、Lukeとのデートは繰り返されないまま1年以上が過ぎた。

そして翌年の7月4日、アメリカ独立記念日の休日に、またLukeからデートの誘いが。この1年間、たまにジムやバーでLukeとは出会っていて、挨拶はする仲だったけど、もうそれだけの関係。友達ですらなかった。だけど、誘われると断れないという、僕の性格が災いして、もう一度Lukeとデートすることに。再会して、いっそうかっこよくなったLukeを見て胸が締め付けられる息苦しさを覚えた。Lukeは、やっぱり前回と同じように、僕にとても優しかった。

Lukeに、「これまで2回デートしたけど、両方、ホリデーだって気づいてた?」って聞くと、Lukeはそれに気づいていなかったみたいで、「Oh, you’re my holiday girl!」って白い歯をのぞかせながら冗談っぽく笑って答えた。

Lukeの恋人はシステム・エンジニア。この職業は、普通の人が働かない日に、コンピュータをシャットダウンしてメンテナンスする仕事だから、休日出勤が多い。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)