2004年8月21日土曜日

6人たどれば・・・ Six degrees of separation

ゲイ映画の名作に、「Six Degrees of Separation」(1993年)というのがある。今話題の「I, Robot」で主演しているウィル・スミスが、主人公のゲイの青年を好演した名作。タイトルの意味は、スタンレー・ミルグラムという社会学者が、1967年に発表した理論“Six Degrees of Separation(6人の隔たり)”を元にしたもので、人は誰でも知り合いの知り合いというふうに、6人たどっていけば、世界中の誰とでもつながっているというもの。これをまさに体感する経験を、ゲイの世界でしたんだな、これが。


1つ目の事例:NYのゲイバーで知り合ったC君とお話をしていたところ、C君が行ったM大学の同窓生で、建築学を学んでいる中国系のゲイの友人がいるという話に。実は、その数週間前、僕の元カレのアメリカ人Jから、彼の元カレになる日本人ゲイA君に、新しい中国系のボーイフレンドができたという話を聞いていた。(僕もA君に数回、会ったことがあったので、そんな話になった。)で、その中国系のカレの名をR君というのをそのとき聞いていた。しかも、そのとき、僕の元カレJから、そのR君は結構、建築業界では有名らしく、今度ディスカバリーチャネルに出るから、TVで見てみてといわれていた。なので、バーでC君の話を聞いたとき、特徴が、①M大学出身、②建築家、③中国系、④ゲイ、という4つの要素をすべて満たした人だったので、「その人ってもしかしてRっていう名前?」ってきいたら、まさに同一人物だったのだー!そのときのC君の面食らった顔といったら・・・まじで驚いてたな。

この関係を図にすると、僕→僕の元カレ(アメリカ人B君)→B君の日本人のモトカレ(A君)→A君の新しい中国系カレシ(R君)→R君の大学生時代の親友C君→そして僕。

2つ目の事例:カナダを訪問したときのこと。一人旅だったので、夜、暇を持て余して、ホテルの一室からインターネットをしていると、あるカナダ人Bとチャット・ルームでお話をすることに。話が進むうちに、実は彼も東京に何年も住んだことがあることが判明。しかも、僕が東京にいたときとまったく時期が重なっている。しかも、彼も新宿二丁目のGBやらArty Fartyに行っていたというではないか。なのに東京では一度も会うことがなかった。ま、東京は広いからねなんて話をしてたところ、名前の話に。彼の名前はB。僕の東京時代のモト彼(アメリカ人)の名前もB。そこで、僕が、「あー僕の東京時代のモトカレもBだよ。B-chanって呼んでた」といったところ、彼が思わず「Oh my god!」と突然の絶叫。「な、何事?」って思ってると、彼が、「そのBってやつはX州の出身じゃない?」という質問。そう、まさに僕のモトカレBは、X州の出身です。なんと、彼と僕のモトカレは、知り合いだったのだー。しかも、この人が東京時代にずっと付き合ってた人H君は、僕のモトカレも少しデートしたことがあったらしく、その後、友達として関係を続けていた。僕は、このH君に会ったことはないけど、僕のモトカレから、たまに名前は聞いていた。

この関係を図にすると、僕→僕のモトカレB→Bがデートしたことのある日本人H君→H君の当時の恋人B→そして僕

6人たどらなくても、こんなに世界中の人と僕達はつながってるんですねぇ。世界は狭い、というか、アジア人ゲイとアジア人好きの白人ゲイの世界って、すっごく狭いかも。実は、東京で暮らしていた頃に外専バーでよく見かけていたある白人男性を、NYのゲイバーでも見かけたことがあったりしたし。これとは別に、NYのゲイバーで知り合いになった児童心理学の大学教授とは、出張先だったサンフランシスコの道のど真ん中で、1年後くらいにばったり出くわすし。だいたい、ゲイが行く場所が限られてるのかなぁ。あー、そんなに狭い世界なのに、僕の王子様はいずこに・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)