2004年8月15日日曜日

オリンピックとオーストラリアと彼氏

オリンピックの試合をカブリツキで見た。今日(アメリカ時間で土曜夜)は、男子水泳(女子水泳も)と男子体操を放送していた。(今はビーチバレーをやってる。)もちろんアメリカのテレビなので、視点が、すべてアメリカ。カメラはすべてアメリカ人のアスリートを追いかけ、ナレーターも、かれらのバックグラウンドや何人兄弟の何番目だとか、どこ出身だとかいうパーソナルな情報を紹介。


それにしても、ジムナストとスイマーは、体が美しいね。もううっとり見とれてました。USAチームでもっとも金メダルの呼び声が高いのが、Paul Hammという選手(らしい。今、アナウンサーがそう言ってた)。彼がインタビューに答えていたのだけど、僕のゲイダーによると、彼も「お仲間」のようです。なんか、余計に応援したくなりました。(僕のタイプじゃないけど。念のため。)

Paul Hamm君

オリンピックの競技じゃないけど、個人的に、一番美しい体つきのスポーツは、オーストラリア・フットボールだと思う。選手全員が、上腕部の筋肉がはっきり丘状に盛り上がって、力こぶ(biceps)も大きすぎず機能的なサイズ。とにかく、カラダのバランスがとても取れていると思う。(見たことない人は、以下のサイトで要チェック)。

オーストラリア・フットボールの公式サイト


とあるチームAdelaide Crowsの集合写真

でも、なんといっても、そのユニフォームがゲイ・センス抜群というか、かっこいいのだ。スリーブレスでタイトなトップに、これまたピチピチの半ズボン。発達した太ももがくっきり強調して見えるデザイン。最近のサッカー選手なんかは、スパッツはいたりして、せっかくの太ももが見えない状態だけど、オーストラリアのフットボーらーは、そんなセンスないことはしません。ちゃんと、観客が何を見たいのかしっかり分かってらっしゃる。さすが、ゲイ大国、オーストラリア。

ゲイの間で、やっぱりアスリートは人気。そういうスポーツ好き(アウトドア好き)のゲイが集まるサイトを発見した。オリンピックの試合を見ていて、やっぱりアスリートのカレが欲しい!と、だだっ子のような衝動を抑えきれず、ひそかにスポーツ好きでもないのにこのサイトに登録。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)