2013年10月1日火曜日

バーモント州にある大学のテニス部キャプテンがカミングアウトBrian Healey Came Out - captain of men's tennis team at Saint Michael's College in Colchester, Vermont

バーモント州にある大学のテニス部キャプテン、ブライアン・ヒーリーがカミングアウトしてたというニュース。しかも男前やー。ここまでかっこ良くなかったら、ニュースにもなってないんじゃない?

2012年1月と少し前のニュースなんだけど。当時、大学4年で卒業前ってことだったから、今社会人2年目で23歳のはず。どうしてんだろうね。

インタビュー記事によると、幼少期から、自分はゲイだって気がついてたんだって。カミングアウトは大学4年生のとき。親友はおおむねポジティブに受け取ってくれたそう。親友の一人(アマンダっていう女性)だけが、かなりガッカリだったそうな。

というのも、ブライアンのことが大好きで、一生を共にする伴侶になるはずと思ってたから。ここにも、一人のゲイのカミングアウトで傷ついた女性が、、、。まー、でもこれは結婚もしてないし、つきあってもいなかったみたいで、相手の先走りっていうのが大きいだろうね。(この写真の後ろの女の人じゃないよね?!)


でもカミングアウトの状況が笑えるものだったんだって。友達と部屋でラジオをききてたときにカミングアウトを切り出したらしいのだけど、カミングアウトしたとたんに、ゲイのテーマソングとも言われる「It's Raining Men」の曲が流れ始めたんだって。ブライアンも、「ラジオ局の人たちが僕らの話を聞いてたとしか思えない、絶妙のタイミング」と言っている。


これがその曲。ゲイって、体重超過気味の女芸人が大好きだよねぇ〜。

ブライアンも、まじめなカミングアウトの話しながら、自分で吹き出したりしなかったのかね?


両親へのカミングアウトは、やっぱりちょっと難しかったみたい。一応、カミングアウトはしたんだけど、母親は信じられないという反応だったとか。「高校のとき、あんなにガールフレンドがいたじゃない?」って。


英語で、girl friendって、2つの単語に区切って言うときは、性的関係のない女友達のことなんだよね。一方、girlfriendと一言で言うときは、性的関係のある、いわゆる「ガールフレンド」のことになる。なので、ブライアンのお母さんは、高校時代のガールフレンドたちのことを、girlfriendsだと思ってたらしいのね。ブライアンには、単なるgirl friendsだったんだけど。
でもスポーツもできて、イケメンでっていったら、女の子たちも放っておかんだろうね。オラも放っておかんわ〜。

いいよねー、こういうテニス部部長、みたいな爽やかイケメンのカレシって〜。ホント、どこに行ったらこんな天然記念物みたいなイケメンジョックと出会えるんだろうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)