2013年10月8日火曜日

アメリカ人美男子ゲイ・カップルに起きた悲劇が映画化 A tragedy to a good-looking gay couple has been made into a movie

美男子ゲイ・カップルに起きた悲しい出来事が映画になったんだって。今月末に劇場とオンラインで公開されるらしい。ニューヨークタイムズでも映画について紹介されてる。

そのきっかけになったのは、シェーン(Shane)が2012年5月に作ったユーチューブ動画。(これがシェーン)

ウィスコンシン州の田舎町出身だそう。

そして、これ(下の写真と冒頭の写真)が、シェーンの彼氏でパートナーのトム。トムはインディアナ州の田舎町出身。

二人は、約6年間、つきあってたのだそう。ビジネスを一緒に立ち上げて、家も一緒に購入し、世界中を旅行してた。


つきあい始めて約1年経った頃、二人は自分たちの家族にカミングアウトした。シェーンの家族は、寛大に受け止めてくれて、シェーンが人生の伴侶を見つけたことをとても喜んでくれた。姪は、トムおじさんのことが大好きだった。


 だけど、トムの家族は違った。ゲイは罪だとトムの母親は言い、そしてクリスマスに一時帰省したとき、トムの父親はトムを殴り、銃でおどすなどの暴力をふるった。母親は、「なんでもっと早く言わなかったの!病院に連れて行って治せたのに!」とまで言ったそう。トムはすぐに家を出て、シェーンと暮らすカリフォルニアに戻ってきた。

そしてつきあい始めて6年が経とうとする頃、トムが事故で建物の屋上から落下し、この世の人ではなくなってしまった——

すると、トムの母親がカリフォルニアまでやってきて、いきなりトムの銀行口座について聞いたかと思うと、

「遺体は、あなたがインディアナ州までの費用を払って送り届けなさいよ」

という心ない言葉。

これはトムが事故死してからまだ24時間もたっていない状況下。その後も、二人が住んでいた家にきて、トムの遺品を物色し始める始末。シェーンは、何でも好きなものを持っていってくれと言うしかなかった。

その後、トムの葬式に参加したいと電話すると、「来たら、トムの父親と叔父が、銃を持って待ち構えてる。来るなら、やるぞ」と脅されたそう。しかも、トムの家族は、トムがシェーンと撮った写真やシェーンとの生活を綴った彼のフェースブックページを削除依頼してしまっていた。

シェーンは、最愛の人の葬式に参加することができなかった。

だけど、ひっそり、葬儀が終わってから、シェーン は、トムのお墓を訪れた。生前、トムは、「いつか僕が生まれ育ったところを見てほしいんだ」とシェーンに言っていた。まさかそれがこんな形になるとは。

シェーンは、トムの死因について、病院に詳しく知りたいと質問したとき、「家族じゃないと教えられない」と突き返されたそう。この事故は、カリフォルニア州で同性結婚が合法化される前のことで、二人は結婚していなかった。ともに会社を立ち上げ、住宅ローンも二人で加入していたのに、書類上、二人は単なるルームメート。政府にとっても、ルームメート以外の関係は認められていない。

29歳という若さで突然の事故死をしてしまった最愛のパートナー。そんな若い二人は、遺書を用意するなんてことも考えていなかった。

片方が他界して、初めて思い知らされた不平等と、ゲイに対する偏見と暴力。そして、シェーンのことを、トムの人生からなかったことにしようとするトムの家族。

この映画によって、トムとシェーンが人生を共に過ごした証になるといいね。

ところで、シェーンに新しい恋人はできたのかね?まだ若いし、いい男だから、その点は心配なさそうだね。


これがシェーンが作ったユーチューブ動画。

トムのためのメモリアル・フェースブク・ページ
https://www.facebook.com/TomBridegroomMemorialPage

EqualLoveEqualRights(ゲイのための平等な権利のためのフェースブック・ページ)
https://www.facebook.com/EqualLoveEqualRights

シェーンのツイッター
https://twitter.com/ShaneBitney

シェーンのフェースブック
https://www.facebook.com/ShaneBitneyCroneOfficial

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)