2013年9月9日月曜日

マッチョ文化が色濃いメキシコのプロレス界でゲイの選手集団「エキゾティコ」が人気 Exóticos -- Mexico's Gay Pro Wrestler (Lucha Libre) Group

アメリカ人の友達から、「これ面白いよ~」ってこんな記事が送られてきた。メキシコのプロレス・グループに、ゲイばっかりの集団「エキゾティコ」っていうのがあって人気があるんだって。


これはアメリカのNHKとも言える公共ラジオ放送NPRで9月7日に放送されたもの。下のリンク先で、ラジオ音声も聞けるよ(アメリカ国内からだけかも)。ゆっくりしゃべってくれてるので、英語の練習にもいいかも。

In Macho Mexico's Lucha Libre, The 'Lady' Is Often The Champ

メキシコって、プロレス文化が盛んなんだよねぇ。確か、元女子プロ選手の北斗晶もメキシコでプレーしてたよね。

そんなメキシコのプロレス界で、ゲイの選手が複数、活躍してるんだって。しかも、ノンケとゲイの両方のファンがついてるとか。

そんなゲイのプロレス選手たちを追ったドキュメンタリー映画が作られたんだって。

派手な衣装にメーキャップを施して、かなりオネエ・キャラを前面に押し出してる。だけど、カミングアウトしてるゲイのプロレス選手っていうのは、メキシコでは1940年代からいたんだと。だけど、当時は、メーキャップはなく、衣装も今みたいにド派手ではなかった、とこの映画を監督したMichael Ramosは語ってる。

こちら、このドキュメンタリー映画の予告編。バックに流れる曲で、「まりーぽーさー、まりーぽーさー♪」って歌ってるけど、「マリポサ」って、スペイン語で、「オカマ」の意味。差別的ニュアンスがあるけど、ここではそれを逆手に取ってるんだろうね。


ファンが決まって「おねだり」するのは、キスなのだそう。「きーすー、きーすー」の歓声の出ると、マリポサ・レスラーは、対戦相手(もしくは審判)を抑え込んで、大きなウェット・キス(ヨダレ付きのキス)をするのだそう。それを見て、観客席は大爆笑の渦に巻き込まれるんだって。楽しそうだよねー。下手なドラッグ・クイーンのクチパクのショーより笑えそう。(ノ≧∀≦)ノ

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)