2013年9月24日火曜日

【動画】大久保じゃあナイト 絶品「オネエ飯」を特集 9月21日 Scrumptious Dishes Made By Gays - Japanese TV show


「オネエ飯」っていうから、どんなメシ?って興味をそそられ、見てみた。単に、2丁目のママが作るおいしいご飯だった。

でも、こういうママが一家に一台(?)あったらいいよね〜。仕事で疲れて家に帰ったら、おいしい手料理って、やっぱええわ〜。

おいしい手料理で胃袋と玉袋をつかむって、実際のところ、どれくらい使えるんだろうね?

今まで、手料理でボーイフレンドの胃袋、玉袋をつかんだっていう人、いる?!

たまーに、オンラインデートのプロフィール欄に、「アジア料理が作れる人」っていうアジア人好きの白人男性とか見かけるよ。こういうタイプは、手料理で玉袋をつかまれちゃうタイプなんだろうね。(もしくは、単に、アジア人ボーイの家政婦を探してるだけか・・・)

だけど、やっぱりよく聞くのは、お尻とか、ナニとか、胸の形がよくって、それが 止められなくって、ダラダラ関係が続くっていうのは、ゲイでもストレートでもよく聞くよね。アメリカ人ジョークみたいな感じで、ノンケの男が、ノンケの友人に、「あんな性格の悪い女なんか、別れちまえよ」と言われて、「でもな、あいつはいいムネしてんだよ」とかっていうのは、よく聞く話。

人によって、胃(玉)袋をつかまれてしまうポイントが多少違うんだろうね。僕の場合は、断然、顔です、はい・・・。面食いなのは生まれつき〜。さすがに性格が超悪かったら、速攻で冷めるけど、まー、底意地悪いとかでないかぎり、だいたい、顔のいい男とはダラダラ続いてしまう星の下に生まれてます。

 逆に、僕のこれで相手を掴んでるなぁと思った瞬間もあるのだけど、それは自慢話になってしまうので自粛...。少なくとも顔でも手料理でもない(涙)。

皆さんのエピソードは?


0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)