2012年2月17日金曜日

アメリカのゲイの間にあるアジア人人種差別?Gay Racism Against Asian Men - Discussion on "No Fat, Fem, or Asian"

ちょうど前回の投稿で、体鍛えても言い寄ってくるのは「skin deep(表面的なことしか見てない)」男ばっか、なんて書いてたら、「Skin Deep: Gay Racism Comes Out(表面的なことしか見ない:ゲイの間の人種差別が明るみに)」っていう昨日付けのコラムを発見。

僕がもう何年も前から言ってる、「No fat, fem, or Asian(デブ、オネエ、アジア人はお断り) 」とオンライン・デート・サイトのプロフィールで書く差別的な男たちを批判してる記事。アメリカのゲイ文化にちょっとでも興味ある人や、ガイセンの人、アメリカに移民・留学したいと思ってる日本人ゲイであればぜーったいに読むべき内容。

いつもだったらざっくり訳して紹介するとこだけど、今週末はアメリカは3連休で僕も時間がないっつーこともあり、リンクの紹介だけ。。。

どなたか、この記事(とそれに続くアメリカ人やイギリス人の読者のコメント)に共感(もしくは反感)を持った方で、ざっくり日本語で訳してもいいという方がいたらお願いします。

それまで待てないという方、Googleの自動翻訳機で日本語訳にしてみた・・・(以下↓)。ワナワナ・・・全然意味わかんねー。

【Google自動翻訳による記事の日本語訳】

これらの4つの男性は、酒に酔って、セクシーなボディを披露し、 "ホット"カテゴリへのすべての秋。 1あなたが家を取るチャンスを、与えられた?

あなたの最初の思考は白い男だった場合、それはあなたが人種差別するのでしょうか?

ほとんどの人はそれがないことを言うでしょう。アジア系アメリカ人作家アレクサンドル·チーは、彼の解説Out.comために "いいえアジア"で述べたように、 "私は欲望が民主主義ではないと言う最初にでしょうが、独裁者のセックスはフェアではありません。それだけではセックスだ。"

まだゲイの出会い系と特にオンラインデート - 拒絶反応と人種差別の世界ではしばしばBFFsのように一緒に歩く。のみカットパートナーを募集して同時に、読者がデートゲイのボディfacist側の彼らの嫌悪感を議論している - 最後の11月私たちは "オンラインデートの醜い側面なし脂肪、FEMMES、または..."呼び出されないポストを提示、筋肉体格。とチーの指摘するように、それらの具体的なことが多い密接に、より人種差別的な性質のコメントが続いている。

"アジアのあることはジムを訪問し、医師、または行動療法で治療何であるかのようにアジア布告なしは、通常、無脂肪/ FEMMES / POZを伴ってされていません、"と彼は書いている。 "ノーアジア群衆としようとする訴訟にはここを誘惑があります - "あなたはアジア人にわからない方法を言うことができるハリーシャム/ BDウォン/ダニエル·キム大統領はどうでしょうか?? " - それは的外れ本当にだ "。男の肉欲が一方向または別の彼を傾くことが要請しながら、チーは黙って、現実のクルージングの昔に、人種に基づく拒絶があった "と説明しています。同様に、あなたの反応。誰かのためあなたのレースがあることを拒否した場合、あなたのケースを押していない限り、通常はそれを聞いていませんでした。しかし、彼らのプロフィールにありアジア人を入れない男性が好みを述べていません。 "

この多くの明白な例の力LGBT出版物のゲイの人々を描くために使用されている画像、Webサイト、および広告を検討するための1つ。伝統的に白、中流階級の人々によって設立され、実行すると、これらのアウトレットは、しばしばこれらの同性愛者の男性や自分の好みを反映した画像を特色にした。同じ表現のための叫びが上がったように1は、いくつかの多様性を見ることができますが、それらは白、中産階級の郊外地区に提起されたいかのようにもして色の人々は一般的になります。これは、1990年代から問題が、今日は非常に生きている状況ではありません。でも、テレビで見てゲイの男性は、通常は白です:ネイトBerkus氏、ブラッドGoreski、ミッチェルとカム近代家族で、グリー上でクルト·フンメル。最近のCNNの解説では、アフリカ系アメリカ人作家ロブ·スミスは次のことを示した:

"私は午前中に私のコンピュータにログオンすると...私は間違いなく私のようには見えません。ページの上に他の人によって書かれた物語に接続された私のように見えない人々の画像が表示されます...広告です様々な製品のために...私のようには見えません...私は電車の中でだとき、私は私の好きな​​ゲイ雑誌を読む人々によってモデル化されています。私が今まで表紙に私のように見える人を見た覚えていないことができます私はそれを読んだとき私はより多くの広告を参照してください - 下着のために、ケルン、クルーズ、ホテル、衣服 - 。私のように見えない人と作家の未のように見える人についての物語を私のように見えませんし、あるが私を私はようやく私の肌の色を共有して誰かと広告が表示された場合、広告は、HIV薬のためのものです。 "

この点は、一見Gay.net自身のアイキャンディセクションでサポートされていますが、まだ、同時にそれは考慮すべき別の点を発生させます。アイキャンディは、ウェブサイト全体の最上位売買セクションであり、その時々の読者モデルの選択があまりにも白であることをコメントに。と、まだ我々はポストにアフリカ系アメリカ人やアジア系アメリカ人を入れたときに、少ない読者はそれをチェックアウトする]をクリックします。同じことがGay.comのホームページやニュースレターの "注目のメンバー"セクションに言うことができる。 Gay.comのメンバーはすべての形、大きさや肌の色入って来たが、全面的に彼らがサイトを訪問したとき、彼らは、メンバーの順序で画像をクリックしてください:イタリア/地中海/オール·アメリカン·白男、色白のヒスパニックまたはラテンアメリカ人、ブラジル/ "未知のレース"男性、黒男とアジアの男性のネクタイ、ライターは男ほど、クリックした皮が。

したがって、同じゲイメディア人種差別の微妙な形で表現するか、単にビジネスの欠如は何ですか?我々は日の企業や広告主の終わりには、複数のレベルで、それが重要だと感じていますので、2つのサイトの外観のバランスを取るために努めていますが、その記事や広告をクリックして人々を必要としています。それは彼らの個人的な生活や嗜好を反映していないため、読者がサイトを離れる場合は、それらの企業は非常によく廃業行くことができます。

おそらく実際の引数は、最も明白なものである。主流社会の中で生まれてきたので、私たちは私たちに教え込まれたすべての荷物の社会とのLGBTのコミュニティに来て。 CNNのスミス氏は考え方ができるいかに侵襲を示していますこの逸話を提供しています。 " 私の友人といくつかの飲み物を持った後、私は彼らが私を見るとき彼らのリラックスした幸せそうな顔が怖くターン...私は通りを手をつないで歩くゲイ男性のカップルを参照してください。マンハッタンのミッドタウン地区(Garment District)を介してホームを歩くと、彼らはすぐに手をつないで、別のをやめる。この夜遅くまで街のなじみのない領域では、私がLGBTコミュニティの一員として見ていないしています。私は黒です。私は男性です。私は脅威です。 "

そして、それは見られないことが疑わしいでしょうが、デートの世界のように "いいえ黒人を!"プロフィールに書かれた、アジア人は公正なゲームと思われる。スミス氏は、チーとユダヤ人の作家テリー·レヴァインは、すべてこのような態度が時々表示することができる場所の主要な例として、Grindrを引用している。さらに、ユーザーがのようなものを記載し、右に1つ、のようなイメージに呼ばれるチーとLevine "私は中国の万里の長城よりも、ここで多くのアジア人をブロックしていた!"チー "は、ここまで行く人々の言う..あなたが唯一の人種差別主義者じゃない、それもより奇妙だ:あなたは、これまで仲間アジア嫌いを探しているあなたは人種差別主義者とフックを探していると言って、半社会的に受け入れられる方法の変装を使用しています。他の人種差別主義者で。大丈夫ですよ。アップだけで人種差別主義者にあなたのプロファイルを変更し、代わりに同じシークします。 "

レバイン氏はスケーターボーイのプロフィールはおそらく面白いことを意図している間、そうでないことを認めるものとします。 "これはユーモアで表現さ人種差別の陰湿なソート、彼らはアジア人やインディアンや黒人だからそれは単にアジア人やインド人や黒人を侮辱しても大丈夫だという概念でウィンクしたものだ..."彼はゲイの男性(および彼のような他の多く)は、必ずしもいつでもすぐに誰の芝生の上に十字架を燃やしされないことを追加しますが、それはまだ人種差別だし、どのレベルでゲイコミュニティ内での偏見は、容認できないとみなされるべきである。

"我々はすべての好み"を持っている、それは確かに私たちの権利だ "と彼は言う。彼らはまっすぐな人がいるため私たちは愛を選択した人から私たちが劣等感を感じるようにする権利を持っているよりも、私達、それ以上と異なって見えるため、 "しかし、我々は、人々は劣等感を感じるようにする権利を持っていません。ないこの日および年齢では。ない結局我々は経てきました。これからは違います。 "

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)