2011年11月16日水曜日

またしても恋の悩み Agony of Love Again

ここで紹介してたフィル君(ちょっと太ったルーク・ウィルソン)と一悶着あって、また悩んでる・・・。今晩も深夜に彼からテキストがきて、どういう返事しようか悩んでたらタイミングを逸してしまった。

前にも書いたけど、フィルって超無口なんだよねぇ。それを反映して、テキストも超手短。大体、ワン・フレーズとか、長くてワン・センテンス。しかも、時間の感覚がマイペースすぎて、自分が時間があるときにしか返事しないっつーヤツ。

例えば、土曜に僕が「今週末どうしてる?」なんてテキストを送った時、その週末の間には返事がなく、一週間たった次の土曜になって、「今日か明日、会える?」とかいう返事がくる。ようは、僕がいつテキストを送っても、自分のスケジュールが合わなかったら、「ゴメン、今週末は都合が悪い。来週とかは?」っていう返事を一切送ってこない。

実は、こういうことがずーっと続いてて、2週間くらい前にも「今週は?」というテキストを僕から出したのに返事ないまま数日が過ぎ、金曜夜になって、「たった今、ニューヨーク出張から戻ってきたとこ。今晩空いてるけど?」っつーテキスト。あんたさ、おいらが金曜夜に彼から来るともわからない連絡を待って予定を空けてると思ってるわけ?金曜夜でっせ?

そもそも、出張先でもテキスト読んでるわけだから、そのとき、「金曜まで出張でいないんだけど、金曜夜には戻るから」とか一言テキストを送ってくれればこっちだって予定を立てられるわけじゃない?ヤツはそういう事前に連絡をするとか、先の予定を立てるっていうことを一切、せんやつなわけさ。

最近、身体がぶくぶくに太って醜くなってきてるのに、なんちゅう態度?!って思ってしまう。ま、関係ないけどさ・・・。


そうそう、そんな中、今週また過去の浮気男ステューからメールがきてたんだよー。ウザイ。向こうは最近、干上がってるみたい。ざまーみろ。

ステューからのメールが、またイラつく内容でうんざり。

「元気にしてるといいんだけど。どう調子は?」っていう出だしは丁寧な感じで好印象だったのだけど、その後がダーティー・トーク。下ネタ全開でいつもの調子なわけ。うっぜーって思って、こんなふうにチクリと返事だしてやった。

「元気にしてるよ。そちらも元気みたいだね。僕のことが懐かしいんじゃなくって、僕のカラダが懐かしいんだね」

もう一昔前の昼メロか火曜サスペンスなみ。「あんた、最初っから私の体が目当てだったんでしょ!」っつーやつよ。

ステューからのメールを読み返して思ったんだけどさ、例えば告白した相手に、「恋愛対象としては見られない。でもいい友達にはなれると思う」って言われるのと、(ステューみたいに)そういう深い恋愛関係としては全然対象として見れないけど、身体の関係には断然興味あり、っていう返事だったらどっちがマシ?

よくさ、告って、「お友達でいましょう」とかって最悪の返事やーとか言うけど、告って、「やらせるだけやらせてくれ」って言われるのもどーよー?そっちのほうが酷くない?相手をモノ扱いしてる感じがして、より相手への尊厳度合いが低いと思うなー。

ついでに、ステューへの返信の中で、(このブログでも紹介した)トーマス・ジェーンが若いころゲイのハスラーやってたニュースとか、ザッカリー・クィントやABCのニュースキャスターがカミングアウトしたことを教えてあげたら、

「俺にカミングアウトしろって暗に言ってるみたいだけど、俺は絶対カミングアウトしない。だって俺はゲイじゃないから。前にも話したけど、俺はバイ。1段階~10段階で、10が完全ゲイとしたら、俺は4くらい」

だと。

ステューってもっと頭いいかと思ってたら、アホや~、こいつ。カミングアウトって、ゲイしかしないものだと思ってんの。アホすぎ~。だからバイで受け(ネコ)役が大好きなのに女性と結婚して浮気してない(ふりをした)良い亭主を演じるなんていう、人生の半分を棺桶につっこんだような人生送ってるんやなー。おーまいがー。

 あまりに自分が見えてないステューだったんで、

「あのさー、カミングアウトって、ゲイだけがするものじゃないでしょ。トーマス・ジェーンだって2度女性と結婚して、2回離婚して、娘が一人いるんだよ。セクシャル・オリエンテーションで誰かに秘密にしてることがある人は、誰だってカミングアウトすることがあるってことでしょ」と言ってやったさ。

そしたら無視しやがんの。負けを認めるのが嫌いみたいね。それでもまた会いたいとか言うから、「離婚したら連絡して」って言ってやった。それに対しても返事なし。

でも、ステューは、カミングアウトは絶対しないとは書いてたけど、離婚は絶対しない、とは書いてなかったんだよねぇ。僕の直観だけど、ステューは数年後くらいに離婚してそうな気がするなぁ。ざまーみろだけどさ。あ~、それまでに僕は結婚しておきたい。

話が脱線しちゃったけど、今の問題はフィルだよ、フィル。ヤツの自己中な返事っぷりに嫌気がさして、先々週のすれ違いについて、僕から先週末の土曜日、長ーいテキストを送ってやったのだ。

「フィルさ、僕からテキスト送ってもすぐに返事してくれないでしょ。先週日曜だって、 会おうって言うテキストくれたから僕から返事出したのに、それに対して返事くれなかったじゃない。日曜、ずっと連絡を待ってたんだよ。僕ら、コミュニケーションの仕方を改善しないといけないと思わない?」

そしたらフィルからいつものごとくワン・センテンスの返事、

「I can do better」

・・・どう、これ?この返事されたら、もう言い返せないものがあるよね。向こうが改善するっつってんだから、じゃー、お手並み拝見といきましょうか、ってなるじゃない。

このやりとりが土曜夜で、じゃ、明日、日曜に会おうってなったわけよ。そしたら、日曜になって、フィルからテキストがあり、

「喉が痛いんだ」

の一言テキスト。

「それは、今日は会えないってこと?」と僕。

「そうだね」

アホ・・・

日曜に会おうって言ってきたのもフィルでっせー。I can do betterって返事した翌日にこのドタキャン。しかも、別に用事ができたとかじゃなく、喉が痛いっつー、微妙な言い訳。喉が痛いって言ってるから、こっちは信用するしかないじゃない。医者の証明書を見せろって言うわけにもいかないし。体調が悪いって言うんだから、それを無理に会えっていうのも言えないけど、そのテキスト送ってくる12時間くらい前には、「明日会おう」って言ってたんだよ。この12時間で、そんなに会えなくなるほど喉が痛くなる?なんか怪しいっつーか信用ならんよね。

もう彼とのやり取りにこっちもアホらしくなってきて、もうヤツとはなしやわ~。次や、次!って思ってたら、2日後の火曜夜(今晩)、フィルからまたテキストがきて、

「治った」

だと。

このフィルからのテキストに、どういう返事をしたらいいもんか、悩んじゃったわけです・・・。ホント、どう返事しよう・・・。

今考えてる選択肢は、

1.「フィルとのやり取りに疲れたから終わりにしよう」と言う。

2.「フィルとのやり取りがうまくいかないのがフラストレーション。どうすればいいと思う?」と相手に(また)聞く。

3.「(ダメモトを承知で)こういう中途半端な関係には疲れたからボーイフレンドになって」と切り出す。

4.もしくは、「こういう中途半端な関係は終わりにして、1対1のまじめなお付き合いを(誰かと)したい」と切り出す。これで、フィルが、「じゃ、僕と」と出るか、「じゃ、お幸せに」と出るかは彼次第。

はっきり言って、フィルのことは今でもようわからんし、無口だから会話が弾むってこともあんまないんだけど、(太っても)見た目タイプやし、基本的な性格はとっても素直でいい人。ステューと違って結婚してなくてシングルっぽいし、ボーイフレンドになってくれる可能性はある気がするんだよなぁ。短い返事だけど、こっちからお願いすると、I can do betterって素直な返事が返ってくるところに脈があると言えなくもない。ボーイフレンドはダメって言われたら、それで終わっていいし。。。このままダラダラとフィルの自己中なリズムに振り回されるのだけは勘弁って感じ。

あー、でも、たとえフィルと恋人関係になっても、振り回されそうだよねぇ。でも恋人になったら、互いの家へお泊りし合うっていうこともできるだろうし、さすがにそうなったら出張の予定とか事前に言うでしょ。

でも、マジでどういう返事しようか迷うー。気持ち的には、選択肢1と4の間で揺れてる・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)