2011年2月4日金曜日

Butt in fashion お尻のファッション考

ゲイ活動用に使ってるFacebookにログインしたら、こんな広告が目に飛び込んできた。



垂涎もの。いいケツしてるよねぇ~。


<<追加>>
翌日は、こんなのも。完全にゲイ狙いだねー。

========


Bonobos.comっていう男性用ファッションサイトのもよう。

他にも、こんな前向きのセクシー・パンツ。



結構ピッタリで、足の筋肉がうっすら浮かんで見える感じが最高。

日本ではこれくらいピッタリフィットの洋服を着てる男性は普通だけど、アメリカだとまれ。こんなの着てると、即、「あんたゲイでしょ?」ってなるから、ノン毛男性は敬遠の対象。せっかくいい体してるのに、それを隠すようにダボダボの洋服着る人が多いんだよねぇ~。これはスーツにしても同じで、アメリカのビジネスマンはゆったり目で体のラインが見えにくいのを好む人が多いよね。逆に、ヨーロッパに行くと目のやり場に困ることがあるくらい、体にフィットしたスーツを着てる人が多い。

アングロ世界の男性に貫徹する『ぴったりフィット系への嫌悪の歴史」については、ずーっと昔に訳したこの秀逸な記事が的を射てます。

アメリカにも、こんなピッタリ・フィットが主流になる日が来るかなぁ。来ないだろうな。

でも、最近はヒップなティーネージャーに、腰まで入りきらないくらいの子供用ズボンを履いてる人を良く目にする。

これこれ。


ティーンに人気のジョナス兄弟が元祖?



こういうカッコいい着こなし方をしてる人は稀。


だいたい、みんな、ボンレスハム化しちゃってるよね・・・。確かに足・おしりのラインはバッチリ出てるけど、セクシィかと聞かれると、、、No。


そうそう、人口の半数以上が肥満のアメリカだと、ほとんどの人がこんな感じでお肉がはみ出しちゃってるよね。


ダボダボ、ゆったり系のダサいファッションに見切りをつけたかとおもったアメリカン・ティーンだけど、やっぱり股間とかオシリとか足の筋肉とかをセクシィな感じで締め付けるファッションはゲイなんだね。だからこんなパロディーみたいなボンレスハム・ファッションが生まれたのか・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)