2011年1月27日木曜日

"COMING OUT" ON THE OPRAH SHOW: 25 YEARS OF UNFORGETTABLE GUESTS

日本ではあんまり有名じゃないけど、黒人アメリカ人女性としては最大の金持ち、オプラ・ウィンフリーっていうトーク番組の司会者がいるのね。まー、日本だったら黒柳 徹子みたいな位置づけ?インテリで、彼女が推薦する本は必ずベストセラー。番組の収録スタジオにやってくる観覧客全員にスポンサー企業から高価な商品をタダであげるという大盤振る舞いでも有名。彼女の長寿番組、オプラ・ウィンフリー・ショー(ABCテレビ)も終わりで、自分のケーブルテレビ会社(OWN TV)を作ったらしい。




彼女の25年の番組史の中で、いろいろな有名人や無名人が登場して、そこでカミング・アウトするっていうことが度々あったそうで、昨晩、その「25年のカミングアウト史」の総集編があった。偶然チャンネルを替えてたらComing Outっていう言葉が出てきてそのままテレビにくぎ付け。

彼女の番組で初めてカミングアウトしたタレントには、レズビアンのエレンがいる。


他には、高飛び込みのオリンピック金メダリストでHIVポジティブのGreg Louganisも。彼は昨晩の総集編で再登場。


リッキー・マーティンも、自叙伝でカミングアウトして以来、初のテレビインタビューがオプラのこの番組だった。保守派の牧師で攻撃的なゲイバッシングで有名だったテッド・ハッガードっていう人が、実は男性ハスラーにお金を払って同性との性交渉を長年続けてたっていうニュース覚えてる?彼も事件発覚後、オプラの番組に出演してたんだね・・・。

世界で唯一、皇族としてカミングアウトしたインドの王子が彼女の番組に登場。昨晩もスタジオに再登場して近況を語ってたけど、オプラの番組に出たおかげで、親族たちもようやく理解してくれるようになったし、インドで同性間の性交渉を処罰する法律があったけど、これも廃止されることになったとか。めでたい。

無名の人も多々登場。例えば、ストレートとして結婚した男女カップル。子供も二人生まれて、長男は14歳にまで成長したある日、妻が夫に「私は実はレズビアンなの」と告白。すると、夫も、「実は僕もゲイなんだ」と返事。今でも仲良く家族で暮らしてるらしいけど、摩訶不思議っつーか、なんつーか。ラッキーな二人だよね。で、それを見たある奥さんが、夫にカミングアウトしたら、夫もカミングアウトしたっていうカップルも登場。彼女曰く、「私たちみたいな夫婦は、みなさんが思ってるよりもずっと多いっていうのがわかった」とのこと。多いよねー。まー僕は「隠れバイ夫」しかしらないけどさ・・・。

オプラは、自分のケーブルテレビ局で(有料の)番組を続けるらしいけど、視聴者の規模はぐっと減るんだよね。特に主婦層の視聴者に絶大な支持を得ているオプラ。彼女が番組で取り上げたら売れる、って言われるくらいの影響力がある人だけに、ゲイの認知と人権をますます認めてもらうために、彼女の番組が民放キー局(ABCテレビ)からなくなるっていうのは惜しまれるね・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)