2010年12月23日木曜日

アルゼンチン旅情報

雨、雨、雨のLA。アルゼンチンから戻ってから、記録的な大雨に襲われてます。

ようやく昨日の夜から雨が止んで、今日は久しぶりの青空が戻ってきた。だけどこれまでの降雨量のせいで、特にLAの内陸部や、崖のあるマリブーの海岸地帯などで土砂崩れや水鉄砲が発生して停電や通行止めになってる主要道路もあるほど。せっかくのクリスマスシーズンなのに、天気のせいでジミーな雰囲気。また数日後には次の低気圧がやってくるらしく、雨はまたしばらく続きそうです。

この暗くて水浸しな天気、アルゼンチン旅行で疲れた身体と心を癒すにはうってつけな天気。僕の身体は感謝してる。アルゼンチンにいた期間、ずっとアレルギーに悩まされ続け、僕の目や鼻の粘膜はボロボロ・・・。どうも花粉だけじゃなくって、埃、ダニ、カビなんかも多かったみたい。あの国には掃除機がないみたいだし!泊まったホテルやホステルで掃除機をかけてるメイドを見かけなかった。掃除機自体を見かけなかったよ。それに、部屋でエアコンをつけると、これがヒドイ。一気にカビか埃が舞い上がって目は充血。ひどい痒みに襲われてクシャミの連発。夜行バスも同じで、ガンガンにエアコンをかけるんだけど、空気自体が汚い。きっと一度もフィルターの掃除をしないんでしょう、あの国では・・・。

車もね、整備されてないのが多々走ってるから排ガスがひどかったよ。道端でエンストしてる車も多かったしね。走ってる車種も、日本車はほとんどなくって、プジョーとかフィアット、VWとかヨーロッパ系の庶民的なのが多かったね。排ガス規制が厳しいカリフォルニアだと、(昔と違って)排ガスが気になるっていうことがないんだけど。自分の生活環境がいかに恵まれてるか、っていうのが身にしみたアルゼンチン旅行でした・・・。

最終日も、タクシーで空港へ行くとき、高速道路への入り口がことごとく閉鎖されてて焦った。タクシーの運ちゃんが一番焦ってたね。貧困層が、社会保障か保険制度の改革を求めて、ブエノスアイレスでデモをやってて、中心部では政府の建物の入り口で物が燃やされてた(写真)。なんでも、1週間近く続いてるそうで、都市機能が一部麻痺してた。。。警察も見守ってるだけ。

帰国して見たアメリカの人気旅行番組No Reservationsで、パーソナリティのアンソニー・ボーデインが言ってたことが心に響いた。「僕は世界各地を旅したけれど、その多くの場所に住む人たちは生活への不満を募らせているというのを体験した。僕らの国がいかにprivileged countryかということだ」。

日本も数少ないprivileged countryの一つ。一歩海外に出ると、日本や北米では見かけないような貧困に苦しむ人たちを目にする。例えば、今回アルゼンチンでも、屋外レストランで食事をすると、小銭を求めて寄ってくる老若男女や、地下鉄でもカードや手帳などを座ってる人の膝に置いて、しばらくして回収しにくるという人たちに多く遭遇(同情したら回収しにきた際にお金を寄付する仕組み。体裁上、手帳など膝に置かれた文具を「買う」ということ)。僕も5、6歳の子供や妊婦さんに寄付したけど、焼け石に水なんだよなぁと無力感のほうが強く感じました。






でもこれからアルゼンチンに行くという人、もしくは、それでも行ってみたいという人のために情報&アドバイスをまとめてみました。

● ブエノスアイレスの滞在時間は2日で十分
よっぽどタンゴに興味があってはしごして観覧したいとか、南米文化が大好きとか、ラテンアメリカでゲイ文化が一番花開いているといわれるブエノスアイレスのナイトライフを堪能してみたい、という人でない限り、ブエノスアイレスでの長期滞在は不要。特に、西欧(パリ、ローマ、バルセロナ、マドリード等)に行ったことがある人にとっては肩透かし。南米に住んでる人で、ヨーロッパは高くて行けないという人にとって、ブエノスアイレスはラテンアメリカ随一のヨーロッパ文化が色濃い街として観光名所なんでしょう。果たして日本人が、ヨーロッパに行くよりも高い航空運賃を払って行く価値がある場所か、というのは大いに疑問。

● 広大な土地を持つアルゼンチンならではの地方色や大自然を優先
アンデス山脈そしてイグアスの滝は他ではなかなか見られない場所でした。僕は南下しなかったのでペンギンは見られなかったけど、南極圏ならではの動物や自然も他にない景色でしょう。ただ、ホテルで話をした外国人観光客によると、パタゴニアはホテルや諸施設の料金が高騰しているし、観光地化されていてガッカリだったとか。また、アラスカでも似た景色があるのも事実。北米、しかも西海岸に住んでる身にとって、わざわざ南半球まで見に行く必要はないかも。行く人の期待する内容、これまでの旅暦なんかも満足度に大きく影響するからね。最終的な満足度は個人個人で違ってくるのでしょう。

● アルゼンチンは果たして安いのか?
1ドル=約4ペソで、金融危機以前(1ドル=約3ペソ)に比べてドル高らしい。だけど、アルゼンチンは外国人料金を強制してる場所が多い。例えば、アルゼンチン国内の航空運賃は、居住者用よりも高い運賃が適用されてるので、かなり高くて日本並み。「早割り」とか金券ショップがないアルゼンチンは、日本より高いとも言える。僕は結局、国内移動は夜行バスにしたのだけど、これもレシートをよく見ると、「一般料金(?)」と書かれていて、どうも外国人料金の模様。

例えば、ブエノスアイレスからメンドーサまで13時間の距離をファーストクラス(suite cama)のバスで移動した場合、片道約100米ドルだった。イグアスの滝までだと、さらに高くて120ドルほど。日本とそんなに変わらないよね?庶民の食べ物、ジェラート(エラルド)も、2種類のスクープをコーンで頼むと16~18ペソ(4~4.5米ドル)。イグアスの滝への入場料も、外国人料金が設定されていて、85ペソ(21ドル)払った記憶が。現地人だと8ペソだったような。10倍って、ボッタクリじゃない?頻繁に値段を上げてるみたいで、入場チケットに印刷された料金は古いものだった。。。

安かったものといえば、地下鉄、タクシーなどの乗り物、ワイン、チップ(タクシーではチップは期待されてない。レストランでも10%で十分。アメリカだと今時18%~20%が期待されてるからね。アメリカのチップが高騰してるのか・・・)。だけど、レストランでは、チップに加えてel cubierto(カバーチャージ)が加算される。一人1、2ドルだから大した額ではないんだけど、座っただけでカバーチャージがかかって、それにチップまで請求されるっていう習慣に違和感。毎回、レシートに「service not included」ってスタンプや手書きで書かれてチップを念押しされるのがウザかった。あと、クレジットカードで支払う場合、クレジットカードの手数料を顧客に課金するところが多い。クレジットカード料金と現金支払いの料金が違うっていうのがザラだった。クレジットカードで払う場合は事前に確認を。


【細かい旅情報】

● ゲイ・ナイトライフ 
あいにく語れるような体験をしなかったので、旅雑誌『Time Out』(日本で言う『るるぶ』?)の最新号から紹介。一般旅行ガイド雑誌に、ここまで詳細なゲイ情報が掲載されてるっていうのがスゴイ。『地球の歩き方』に『ハッテOバ・ガイド』が載ってるようなもんだからね。恐るべし英語圏のガイドブック。。。





ゲイバーで使える「トップ10スペイン語フレーズ」っていうのが笑えた。?Sos un taxi?って、あんた。。。でも人によっては必須フレーズなんだね。


● レストラン
Mark's Deli and Coffee House
青山とかNYのSohoにあるような小洒落たコーヒーショップ&デリ。サラダやサンドイッチ、デザートが食べられる。地元のお洒落な女性とゲイ、観光客に人気。だけど、ブエノスアイレスにまで来て行くべき場所かは疑問。アルゼンチン色は一切ない。ブティックが密集する地区Palermo Sohoにあるので、もしここに来てお昼を食べるならオススメ。ウェイターには可愛いアルゼンチン男子が多し。

El Trapiche
これまたPalermo Sohoにあるレストラン。古い田舎食堂みたいな場所だけど、実は僕が一番気に入ったレストラン。いわゆる、「きたなシュラン」的なレストラン。なんか思い描いていたアルゼンチンに一番近かったような。アメリカには絶対にない雰囲気のお店だったというのも気に入った理由。料理もアルゼンチンの伝統的家庭料理。客層も、オールタナティブ系の地元っ子が多かった。どの料理もボリューム満点で、一人で行くには辛いかも。

各種ソーセージと豆の煮物

小魚のフライ

飛び入りで演奏を始めたパフォーマー


Dada
中心街、フロリダ通りの裏通りにある小さなレストラン。最初に泊まったホテルでアメリカ人のクリスがお勧めと言っていた。

ここのステーキが最高。今回の旅で食べたステーキ料理で一番だった。マスタード・ソースが柔らかいステーキにマッチ。薄くスライスされたポテトに、焦げたチーズが挟まってた。

後ろの席に座ってた客が気になった・・・。アメリカ人がお勧めするだけあり、英語圏の観光客に人気がある模様。英語のガイドブックにも掲載されてた。


● ジェラート(エラルド)
アルゼンチンで食べた各種ジェラートで一番美味しかったのが、ブエノスアイレスにあるPeRSicco



僕の旅をオンラインでNYからずっとサポートしてくれたのがブライアン。今度は、ブライアンがジャパン・デビューをすることになった。年明け早々の1月に、東京へ旅行に行くことにしたんだとか。僕がアルゼンチンにいるとき、「香港、台湾、ソウル、大阪、東京の中でどの町が良いと思う?」と聞かれていた。1月という冬の季節ということや、今の円高・ドル安という状況から、僕は香港と台湾をオススメしていたのだけど、彼の興味はやっぱり日本だったらしい。ブライアンのお兄さん(ノンケ。バイ?)も、英語教師として熊本県に赴任した経験があるからね。彼が日本に興味があるというのも家系だね。今度は、彼の旅を僕がオンラインでサポートすることになりそう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)