2010年8月7日土曜日

マツコ・デラックス

前々から気になってたマツコ・デラックス。

色んな動画を見てたら時間を忘れてのめりこんでしまったよ。
特にはまったのが、『5時に夢中』の月曜日版。最近の動画はここでまとめて見られます。

5時に夢中の司会者って、あの逸見正孝さんの息子、太郎君なんだね~。

お父さんが癌で亡くなったときにアメリカ留学から一時帰国してテレビにもチラッと出たのを覚えてる。イケメンだよね。マツコさんも、「オカマの間じゃ、あんた結構オカズになってんのよ!」と太郎君イジリに楽しんでるご様子。テレビの前ということもあって、必死に壊れまいと取り繕う太郎君はいじめがいがありそうだよね。だから太郎君にはMのうわさがあるんだろうなぁ。

「しょせん、小娘が好きなんでしょうよ!」っていうマツコさんの投げやりな言葉にも、どこか寂しい響きが。。。「あんた、今まで何人とやったのよ!」っていうガチな質問で攻めてる週もあったりして、興味津々で太郎君の返事を待ってたら無言だったね。どう切り替えしていいか途方にくれてた。。。額が冷や汗でテカテカ。。。こういう経験があって、司会者として成長していくんだろうね。太郎君はマツコさんに鍛えられてる感あり。さながら、相撲のぶつかり稽古だわな。

あと、5時に夢中の中にある「黒船特派員レポート」いいよねぇ~。今の特派員、ロシア人のドミトリー君は、結構いいなと思う。武道やってて身体も鍛えてるし。ちょっとナルっぽいけど、ま若干20歳だしね。

ドミトリー君は右側。いつもはメガネをかけてる。メガネも似合うよ。あとなまってる日本語が微笑ましい。


過去の黒船特派員も番組のサイトで見られるんだけど、実はあんまりタイプなのがいない・・・。なんかビジュアル系とかナル子っぽいのが多い。女性にはそういう線が細めのほうが人気あるのかなぁ。いわゆる、草食男子ってやつ。だけど、過去の特派員で一人、イケテル人がいました。

このエヴァンはモロイケっす。もっとこれ系の黒船特派員を希望~。

マツコさんからも番組スタッフに、もっとゲイ受けする黒船特派員を取り揃えるように押して欲しい~。

だけどマツコさん、外人さんは苦手なんだと。もっぱらアジア人専門らしい。しかも人力車引いてるお兄さんとか佐川急便の配達のお兄さん、はたまたJリーガーの長友がタイプらしい。いわゆる汚れ系だわね。

マツコ・デラックス、好みのタイプは「長友よ!」

マツコさんって、雑誌「バディ」の元編集者らしい。今にして納得~。だからバディのグラビアに出てくるモデルとか、全然、いけなかったんだって。僕が「バディ」を読んでた頃(もうすっかり昔だけどさ)、汚れ系のモデルが多かったような。あれってマツコさんの趣味だったのかもねぇ。

いやはや、だけどマツコ・デラックスが好きなコメンテーター・ランキングの堂々4位になったというニュースもあるくらいで、実力がある人だよね。うがったコメントが多いし、知識が豊富。ちゃんと事前に勉強してるんだろうね。それに低俗なスポーツ新聞はばっさり一刀両断するのも小気味いい。僕もアメリカ版マツコ・デラックスを目指して精進します~。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)