2008年8月26日火曜日

バレー&ゲッティー

昨日の日曜は、マリン郡(ゴールデンゲートブリッジを渡ってSFの北)からブルースがやってきた。かつてベニスビーチやサンタモニカに10年以上住んだことがあるので、街の歴史や地理にめっぽう詳しい。しかも、大学を卒業してしばらくはタクシーの運転手をしてたというから、地理感覚については折り紙つき。

この機会を見逃す僕ではないです。お願いして家具屋のIkeaに連れて行ってもらった。一番近い場所にあるのが、Burbankにある店舗っつーことで、一山越えて、いわゆるバレー(谷)と呼ばれる地域に初デビュー。

アメリカ在住の方なら、Burbankと聞いてJay Lenoを連想するのでは?僕もそんな一人。Jay Lenoはアメリカ版タモリ(?)とでも言うべきNBCテレビのトークショーの司会者。彼の番組の収録が行なわれているビルの前をブルースのガイドのもと通過。



バレーの印象――暑い。

山を越えることで、海からの潮風が入ってこない盆地になるらしく、とにかく猛暑。日差しも当然きつくて大変でした。南カリフォルニアって、砂漠地帯なんだということを改めて実感。こういう気候もあって土地が安いらしくて、映画産業は、かつてLAの中心地にあったのを、この地に引っ越してきたとか。なので、ユニバーサルスタジオやワーナーブラザーズのスタジオが隣接してありました。

その後、マリブーに近いところにあるゲッティー・ビラへ。ゲッティー・ビラへは、2年前、ジャドソンに連れて行ってもらってます。今回で2回目。

いつ来ても清潔に保たれてます~。おそらく、設立者・設計者の根底には、この世のものを越えたを楽園を連想していしていたのではないかなぁ。



前回行ったのは8月、今回も8月だったけど、はすの花が満開で咲いてました。イチジク、ヤマモモ、レモン、ブドウなんかも実をつけてた。



そして庭には、ホモエロティックな銅像が各所に・・・。設計者の意図が見え隠れします。



正面の広場を抜けて、中庭で僕が目にしたものは・・・









彼、かなりクルージーでした。この後、サングラスを掛けた青年が、この日光浴してる人の反対側のベンチに座って彼を観察開始。それに気づいたこのクルージーな彼は、大胆にもこの人に隣に行って会話を始めるっつー、お子様にはちょっとまねの出来ない芸当を見せ付けてました。
(中庭の景色を撮る振りして彼の写真を4枚も取った僕・・・。最後の4枚目の写真の頃には、完全に僕が写真を撮ってるということがばれてましたね。だって彼の目線がこっちむいてるし。)

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)