2004年8月9日月曜日

チャンス

出会い、、、それは異性愛者にとっても同性愛者にとっても同じくらい難しいテーマ。日本でも、出会い系サイトっていうと、援交とか、売春とか、ちょっといかがわしい感じがあるように、やっぱりゲイの「出会い」については、そのテのいかがわしい系が多いのは事実。それが、いっそう、まじめな出会いを難しくしてるんだよなぁ。清く正しい(ウソ)マンゴスチン太郎は、そんな誘惑に負けず、ひたすらボーイフレンドを求めて表通りで活動してます。


理想の相手のことを、英語では、Mr. Rightとか、Prince Charmingとか言うんだけど、ゲイの間では、それをもじって、Mr. Right Nowっていうのがあります。Right Now=いますぐ、つまり、「いますぐヤレるやつ」っていう意味。こわいですねー。(←ちょっと淀川さん入ってる)そういう行為のことを、hook-upとも言います。健全な皆さんは、ぜんぜん覚えなくてよい単語ですよー。一方、まじめにお付き合いしたい、長期の関係は、long term relationship、略してLTRといいます。

ゲイにとっての出会いの場所を挙げてみると、ゲイバー、インターネット(チャット、広告)、デートサービス、ソーシャル・クラブ、友達の紹介、などなど。インターネットの出現のおかげで、より他の人とつながりが簡単になったけど、しょせんインターネット。Mr. Right Nowを求める人たちが多い。そこで参加したのが、ソーシャル・クラブ。ダンスを踊るクラブじゃないですよー(それはソーシャル・ダンス)。自分の趣味や嗜好と同じ人たちと友達になることを目的にして作られているグループで、アメリカの都会だと、だいたいこういうゲイのグループがいくつもある。

例えば、「SFファンのゲイの集い」(牛乳瓶の底みたいなメガネをかけたダサダサ君が多そう。これは避けました。SFのファンじゃないし)とか、「黒人ゲイ」、世代ごとに「10代」、「20代」、「30代」、その他、「マラソン」、「水泳」、「宗教モノ」、などなど。で、参加したのが、「アジア人ゲイ」と、「20代ゲイ」の二つのサークル。

これは20代ゲイのためのサークルでの出来事。だいたいこういうまじめなグループに参加してくる人たちは、ゲイバーの売れ残りで、どこか魅力薄ーっていう人たち(←自分のことはとりあえず棚に上げてる)。その日も、これまで見かけたことある売れ残りの輩の顔を一瞥した後、新参者がいることを発見。それもイケてる。目じりにちょっと小じわがあったりして、20代にしてはちょっと老けてるかも、と思いつつ、それでも長身で、どこか『ビバリーヒルズ高校白書』のブランドン(俳優:Jason Priestley)(http://www.tvtome.com/tvtome/servlet/PersonDetail/personid-3190)に似てなくもない。想像をたくましくしていると、なんか向こうもこっちをチラチラ見てくる。えっこれってもしかして向こうもこっちに興味ありってこと?なんてドキドキ。

その後、みんなで夕食を取りにレストランまで歩くことに。これが、20~30人の集団で、そこはもうゲイパレード状態。信号無視を繰り返し、通り過ぎる中年のカップルからこれは「何事っ?」ていう感じの目で見られても、そんなことおかまいなし。そんな無敵グループの中で、既に何度も会って友達になっていたクリス(24、5歳の白人。いい人だけど、既に禿げてて魅力ゼロ。完全なオトモダチ)とだべりながら交差点で一旦ストップ。そのとき偶然にもブランドン、じゃなくてブランドン似の彼の真後ろに立つことに。彼が振り返って目が合ったので「Hi」の挨拶。彼も、「Hi, I'm Stephen」と自己紹介。ふーん、ステファンって言うんだ。普通、アメリカ人はスティーブンで、ステファンはドイツ式の呼び名なんだけどなぁ、珍しい、なんて考えていると、出身はこの辺りだけど、10代のころ両親の仕事の関係でずっとロンドンに住んでいたのだとか。やっぱりちょっとヨーロッパに関係してた。(このとき、友達のクリスについてすっかり忘れていた。ごめーん、クリス。)

友達にはズケズケ話す割に、肝心なときに怖気ずいて話下手になる僕(別にシャイなアジアン・ボーイを演出しているわけじゃなく)。このときも、「ふーん、ロンドンかぁ。すごいね。イギリス英語話せる?」なんてアホな質問を始める始末。ステファンは、ご丁寧に、「できるけど、アメリカ人の前だとやらないね」というこれまた直球の回答。僕も「そうかー、いつかロンドン行ってみていなぁ。でも物価高いっていうし」なんていう当り障りのないコメントしか返せない。あー、もうテニスのボールを打ち返すだけで精一杯の素人テニス・プレーヤー状態。もっとロマンチックに、自己紹介を膨らますとか、こっちもあなたに興味あります的なフェロモンというか、メッセージを発信しないとっ、、、って焦っていると、スティーブンが急に早足に。なになに、どこいくの?って思っていると、今日、ステファンがずっと話をしていた別の人々に追いつきたかった模様。なんか取り残されて、精神的にも既に疲れていた僕は、ステファンの数歩後ろをレストランまで独り、誰と話すことなく行くはめに。(このとき、クリスにもすでに見捨てられていました…。)

もうこの時点で悲壮感たっぷり。多分、会話の弾まないやつだと思われたに違いない。チャンスって、やってきても、それをつかむことって難しいよなぁ。もっと積極的に楽しい会話のできる練習をしなくちゃと、これを教訓に思ったのでした。

(注意: 英語の「gay」は、形容詞で用いる場合、男女ともに同性愛者のことを指す場合もありますが、このサイトではあくまでオトコの同性愛者をゲイとよび、オンナの同性愛者はレズビアンとよぶことにします。名詞の場合、「gay」は常にオトコを指します。)

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)