2014年1月4日土曜日

【動画と写真】酔ったラグビー選手がパブで全裸 [Video and Photos] Drunk and Naked Rugby Players Make Out in Public

ノンケの体育会系男子が、酔った勢いで人前で全裸になるわ、男同士でキスするわ、乳首舐めるわやりたい放題なイギリスのテレビ番組を発見。

ここまでして、「俺はゲイじゃない」ってインタビューで答えてるラグビー・チームの主将——。

こういうのを見ると不思議なんだよねー。男性ホルモンが有り余った男たちって、勢いに乗ると、こういう男同士の裸の付き合いが始まって、同性愛的な行為で互いの友情を確かめ合ってるんだよねぇ。

それをゲイって言うんじゃねーの?って昔は思ってたんだけど、バイ男なんかと付き合ったり、自称ノンケの体育会系男子を観察してると、いわゆるゲイバーに通ってボーイフレンドをさがしてるようなゲイとは確かに別の種類の生き物やわ。

女性も好きだけど、男友達もとっても大切で、もしかすると男同士の友情のほうが優先されるかもしれない、、、っていうようなタイプ。こういうのが、ちょっと目覚めるとバイ男になるんだけどねー。


人間の性行動について研究したアルフレッド・キンゼイ(Alfred Kinsey)が言ってたように、人間の性的指向って、白黒はっきりしてるんじゃなくって、 1 から 6 までの段階( 1 はもっぱらヘテロセクシュアルで、 6 はもっぱらホモセクシュアル)にグラデーションになって分布してんだよね。

ちなみに、キンゼイ・レポートでは同性愛について次のように報告されてる:

キンゼイの報告によると、サンプルされた成年男性の46%が両方の性別の人に性的に「反応した」と回答している。また、37%は少なくとも1度以上の同性愛の経験を持っていた。20歳から35歳の白人男性の11.6%は同性愛と異性愛の 両方の経験者であった。さらにサンプルされた男性の10%が「16歳から55歳の間の少なくとも3年間、多かれ少なかれ、専ら同性愛だった」という調査結果がある。また、20歳から35歳の女性の2~6%は同性愛と異性愛の両方の経験者であり、1~3%は専ら同性愛者であった。(情報元

酔ったイギリスのラグビー選手たちが、パブで全裸になって、ディープキス、乳首キス、握り合いっこしてるテレビ番組がこちら。2011年の番組みたいね。


これも同じ番組だけど、パーティーから数日(?)たって酔いが醒めてから、ラグビー選手たちに自分たちの乱痴気騒ぎのビデオを見せて感想を聞いてる。恥ずかしくないのかね?そうとう爆笑してウケてるんですけど。

Rugby team getting naked by sjb8a 

ついでに、オーストラリアのプロのラグビー選手、ジョージ・バージェスが自撮りしたヌード写真が去年の夏にリークしてた。


ここで見られるよ(やや半立ちっぽいww)。もちろん大人の人だけ見てね。

やっぱカラダがええわー。あと、割礼してない皮カムリなのね、彼って。アメリカ人だと、ほぼ割礼するけど、オーストラリア人は、やっぱイギリス文化の影響が強くて割礼しないのが多数派なのかね?



Create your free online surveys with SurveyMonkey , the world's leading questionnaire tool.

5 件のコメント:

  1. 同性愛に目覚める原因ってなんなのでしょうね?
    生まれつきの人もいるし、女好きが何かのきっかけで男狂いになったりするし。
    元々同性愛の遺伝子は生まれ持っていて、その覚醒が早かったり遅かったりするんでしょうかね?

    返信削除
  2. ティム・オークス率いるサンドバッチRUFCを取材したその番組が放送されたのは二〇〇七年ですね。放送時はFamous Males Forum でも話題になりましたし、QueetClick でも取り上げられました。
    のちにティム・オークスはFamousmales.uk.net という今はなきサイトのために全裸になりました。その写真自体はまだネットで見られますよ。

    返信削除
  3. princessmiaさん

    そうだねー。むかーしここでも紹介したけど、ゲイの遺伝子っていうのはありそうな感じ。それが覚醒するかどうか、っていうのはまた別のメカニズムみたいね。

    http://gayjapaneseexpat.blogspot.com/2011/04/blog-post_14.html

    ただ僕も最近つとに思うのが、僕みたいな根っからのゲイっていうタイプと、こういうラガーマンみたいに男同士で全裸になってばか騒ぎするのが好きなタイプでバイもしくはゲイっていう人とは全然種類が違うなーってこと。

    こういう限りなくノンケっぽいゲイは、アメリカではゲイとは言わず、『a man who has sex with other men=他の男とセックスする男』って呼ばれてるんだよ。やっぱゲイとは違う生き物やわー。

    返信削除
  4. 猫屋レオ丸さん

    情報ありがとう〜。Tim Oakesのヌード写真見ました。なんで彼、お立ってんの?!普通、有名人のヌードモデルって、立たせないよね?いや〜驚いた。><;;

    http://victorsportcelebs.blogspot.com/2010/07/tim-oakes-bristish-sandbach.html
    http://www.dudetubeonline.com/2008/07/daily_dudetube_377.html
    http://themalestarblog.com/?p=2174
    http://www.anakedguy.com/?p=49
    http://victorsportcelebs.blogspot.com/2010/07/tim-oakes-bristish-sandbach.html
    http://blogaboutmen.blogspot.com/2008/06/tim-oakes-sandbach-rugby-captain.html
    http://guysforthecamera.blogspot.com/2011/07/tim-oakes-hung-and-naked.html

    返信削除
  5. そうですね。脱ぐのが好きな人なんでしょう。イギリスらしいですよ。やはりイギリスといえば、すぐ全裸になる文化ですからね。
    あと、そのリンク先にもありますが、ティム・オークスはのちにオナニーを撮った映像がリークされましたね。それもネットに流通していると思います。

    ところでブラジルの雑誌"G magazine"に前はよくプロスポーツ選手がモデルとなって勃てたものを出していましたよ。ソフトボール選手のRobinson Rodrigues とか サッカー選手のWagner Limeira やRafael Cordovaが出ていました。今でもネットで写真を撮影模様を記録した映像を観られますよ。

    返信削除

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)