2011年9月16日金曜日

ゲイ男が失恋して気分が落ち込んだ時の対処法は? What's the best way to ease broken-heart gay man's depressed feeling?

今週は、なんか長かったなぁ。やっぱ落ち込むと時が流れるのが遅く感じてしまうのでしょうか。

先週まで仕事が超忙しかったというニューヨークのブライアンは、今週になって落ち着いたというのでまた旅行を計画してるそう。アリゾナのツーソン、シカゴ、そして南米コロンビアへのフライトを購入したのだとか。ヤツは選んだ職業が間違ってたんじゃないかってたまに思う。。。(ゲイの)フライトアッテンダントになって世界を飛び回るのが性にあってるんじゃないかって。でも、彼の仕事自体が時間が不規則で夜勤もあるけど、その分、1か月とか長期代休を一度に採れたりするから、それを旅行に充ててると言う意味で、天職なのかなぁ。出世とか全然興味ないっていうし。ホント、彼をみてるとこういう生き方もあるんやなぁって開眼させられる。


ブライアンにも、「ついに1年半続いてたやつと別れた」って話したら、「やっと?!でもそれでよかったと思うよ」という返事。



ブライアンも、最近、Grindr(ゲイ用スマートフォンアプリ)とかその他のオンラインデートサイトにはうんざりして、Grindrを削除したそう。ブライアン曰く、「Grindrとかでhookupするのに飽きた」と。僕も同感~。やっぱ友達だけあり、付き合いも長いから思考の波長が似てくるのかなぁ。

僕を慰めるために(?)、ブライアンから、彼が10月にシカゴへ行くのに合わせてシカゴに来ない?というお誘いがきた。ご丁寧に彼が安いフライトチケットを探してくれてその情報まで添付して。だけどシカゴかぁ~。もし僕のブログを読んでる方でシカゴ在住の人がいたら悪いんだけど、僕もシカゴには住んだことがあるし、出張でも何度も行ってるし、今改めてシカゴ行く気にはなれんー。

ブライアンからは、

「僕と一緒に週末が過ごせる、っていうベネフィット付きでも?」

なんていう傲慢なプッシュが来たけど、

「君が大人しくしてるっていう保証はないわけでしょう?」

と、2年前に彼のニューヨークのアパートに泊まって散々だったときのことをチクリ。


今週はなんか考え事に耽ることが多かったから、仕事でもミスをしてしまった。。。取引先から催促がきて、あわててお返事。大事ではなかったけれど、気が抜けるとすぐ仕事に出ちゃうよね。あぶないあぶない。。。今週末どうにか全快して来週は元の調子に戻さなければ。

憂さ晴らしに、今週は夜な夜なオンラインで色々買ってしまった。やっぱ、気落ちしてると、なにかパーッと消費したくなるのかね?自分の気持ちを高めようとする自然な反応でショッピングしちゃうんでしょうか。。。今週末、ショッピングモールからは遠ざかっておいた方がよさそうだよね。また思わずshopping spreeに走っちゃうかもしんないし。

といいつつ、今晩は近所のスーパーでたくさん食材を買いこんできてしまった。冬眠前の熊みたい。商品を袋詰めしてくれたお兄さんが、「これ、全部、自分で食べるんですか?」だと。「はい、そうですよ」と答えたけれど、そんなに多かったかなぁ。。。2袋分の食材で合計60ドルほどだったんだけど。あと、結婚して誰かと住んでるって思ってくれなかったのが悲しい。。。金曜夜、たくさん食材を買い込む独身男、っていうオーラが出てたんだろうなぁ。あー、やだやだ。この暗ーい憑き物を早く落とさなければ。。。

でも買い込んだ食材っていうのが、独身男が買うようなもんじゃなかったと思うんですけど。半分は生野菜と果物。キャベツ1個、ピーチ、ペア(洋ナシ)、ペッパー、ブロッコリ、ズッキーニなどなど。独身男はこんなに野菜を調理せんでしょー。で、残る半分は、豚の肩ロース、チキン、サーモン。でもって、ブラウニー・ミックス、ポテトチップス、アイスクリーム2パック、ヨーグルト。確かによう買い込んだなと思うけど、たぶん1週間くらいで食べつくす量ではないかと。

なんか無性に料理がしたくなって、今晩はキッチンがフル稼働。今晩は鶏そぼろと豚の角煮、野菜炒め、それとピーナッツ入りブラウニーを作った。料理って、手順があって、次の作業を考えながら一つづつ作っていくし、しかも同時進行で2品、3品作るからマルチタスクだし、作業している間は変な考え事を忘れることができるから落ち込んだ時にはいいセラピーだと思う。

あと、今週はテレビも見逃したのが多かったのだ。今シーズンのA-List見てる?なんかつまんないよねぇ。明らかにヤラセっていうのが見え見えな演出だし、わざとテレビ番組用にドラマ演出やってて、それでも「これはリアルなんですよ」って言うには無理がある。。。で、今週月曜のA-List第7話は見逃してたのだけど、オンラインにアップされたので今晩見た。(アメリカ国内からのみ視聴可能だと思う。)

オースティンが、プレイガールでカバーモデル(フルヌード)になるべきかどうかとか、ブラジル人モデルのロディニーが、29才にして生え際が後退してきたから自分の毛根を移植する手術シーンとか、ライケンがシワ取りのためにボートックスするシーンとか、ウンザリ。もうどーでもえーし。なんか憂さが余計に溜まった感あり。。。


そしたらアゲアゲ気分になる写真を発見。

Lenny Krayzelburgっていうアメリカ人の水泳選手、知ってる?オリンピックで4個も金メダル取ってるらしいんだけど、どうもマイケル・フェルプスのニュースにかき消されてあんまりアメリカのテレビには登場してなかったみたい。

彼がすごいのが、いわゆる「水泳体系」って、流線形の身体で体脂肪も低いけど筋肉も機能的なのがついてるっていう感じじゃない?だけど、Lenny Krayzelburgは違うんだなぁ。この胸板どーよ。水泳選手の体系じゃないよねー。この筋肉で、ワッサワッサと水をかき分けて金メダル取ったらしい。ロシア人とウクライナ人の両親みたい。どおりで、この骨格だわな。しかも、南カリフォルニア大学卒業でロス出身!顔は僕のタイプじゃないんだけど、この身体だったら、あり。←かなり上から目線。。。







彼はゲイの人権にも積極的に支援を表明してるところも好感度大。今月の9月24日、ロス近くのマリブーで、Equality Californiaという団体が今年2回目となるSwim For Equality(平等のための水泳)というチャリティーイベントを開くらしく、そこに去年に引き続き、Lennyも参加するんだと!見に行きたいー。こりゃー見に行くべきですな。



そしてもう一つアゲアゲ気分になるニュース。

今度はニュージーランドに、全裸でラグビーするチームがあるんだと。そのチーム名が“The Nude Blacks”。アマチュアチームらしいんだけど、思いのほかイケメンが多いのでびっくり~。女性もチームメンバーに一人入ってるっていうのがビックリ。

☆★☆★修正なしの写真・ビデオが続くので、これ以降は自己規制で閲覧してください。☆★☆★





修正なしの試合のビデオが、ここニュージーランドのテレビ局のサイトにアップされてる。特に、最初の、チーム全体で敵チームを威嚇する儀式が超かっこええー。特にキャプテンがホンマにオトコマエ。こりゃー惚れたわー。


これがキャプテン。










こんなキレイな女性も屈強な全裸の男たちに混じって試合って、、、どんだけー?









これだけでアゲアゲになるオラっちって、なんて安上がりなんだろう・・・。


オマケ

こういうバカっぽいフラット・ジョックのヌード写真とか見てるとドーパミンが脳内に大量放出。ただ持続性が低いのが悩み。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)