2011年6月21日火曜日

アメリカのスーパーマーケット

日本のスーパーもよいけれど、アメリカのスーパーも個性的で面白いところがある。スーパーって、外国人から見て、一番地元の人たちの生活感が出るところだと思う。


例えば、僕が中西部(ウィスコンシン州、イリノイ州、ミズーリ州とかの辺り)に住んでた頃、そりゃーもう海産物がなくって、あるのは肉、肉、肉っていうスーパーにカルチャーショックを覚えたものでした。しかも、安いんだよね、肉が。申し訳なさ程度にアラスカ産サーモンの切り身とか鮮魚コーナーで売ってるんだけど、べらぼうに高い。あと、お魚コーナーっつっても、淡水魚が多くて、テラピアとか、ナマズ、ザリガニ系が幅をきかせてこっちは手も足も出ない・・・。

ボストンとかニューヨークに引っ越して、普通にお手頃価格でシーフードが売られてることにホッとしたのを覚えてる・・・。

南カリフォルニアも鮮魚は豊富。しかもスーパーも種類が多くて用途に応じて使い分けしてる。例えば、果物とかヨーグルト、乳製品など、どのスーパーでもだいたい同じっていう商品は、徒歩圏内にあるPavilionsSafeway系列)のスーパーをよく利用。割引セールをよくやってて、値段が一番安いような。ただ、安いスーパーなだけあり、お店の雰囲気が暗い。。。東海岸に住んでた頃、近所のSafewayを「ソビエトSafeway」って呼んでるアメリカ人のゲイ友がいた。品数が少なくって、店内が暗い、っていうのでこの名前が愛称として与えられた模様。鮮魚も乏しい。僕はこのお店では鮮魚を買ったことない。アメリカって魚まるごとっていうんじゃなくって、切り身にしてよく売られてるんだけど、元の魚がどんなだったのか形跡を失った、半分溶けかけ(腐りかけ?)の魚の切り身がガラスケースに入れられてます。




一方、オーガニックの野菜や美味しいお惣菜、ちょっと高めのワインなど「いいもの」を買いたい場合はWhole Foods。このスーパーは人体に有害な油脂や製品を一切置かないことを社訓にしてて、社員も手厚い福利厚生が与えられてるというスーパーの中では優良企業。ただ、その分、商品の値段は高めの設定。マンハッタンにも巨大なのがあるよね。ロサンゼルスにも複数店舗展開していて、セレブの出没地帯かも。Bravo TVの人気番組、Top Chefでもセレブなシェフたちが買い出しに行く場所としてテレビによく登場。


このほかに、AlbertsonsとかHarris Teeterとかもある。



で、僕の一番のお気に入りはトレジョー(Trader Joe's)。LAのパサデナ発祥のスーパーで、今では全米展開してる。ニューヨークのチェルシーにもあるんだね。もともとは、カリフォルニアワインの小売店として始まっただけあり、安くて美味しいワインが豊富。


トレジョーって、Pavilions(Safeway)の低価格と、Whole Foodsの高品質を併せ持ったスーパーだと思う。とにかく南カリフォルニアに住んでる人はトレジョーに熱狂的。トレジョーを知ってしまうと他のスーパーには行きたくなるかも。価格は低めの設定なんで、店内は手作り感があふれる。例えば、レジは全て木製。店内の値札や名札は全て手書き。だけどお店で働いてる人は楽しそうだし、僕の行きつけのトレジョーにはイケメンの若いお兄さんがよく働いてる・・・。これも行きつけになる理由。。。

そしてもう一つ、自社開発した冷凍食品が豊富。野菜や果物は新鮮なのを用意してるんだけど、鮮魚は置かず、すべて冷凍。そしてトレジョー・ブランドで作ってる冷凍食品が、うまくて種類が豊富なのだ。しかも、アジア系の料理(シューマイや餃子、チャーハン、トムヤムクン、春巻き)から、インド料理(タンドーリチキン、ナン、ホウレンソウカレー)、イタリアン(イタリア製ピザ、ラザニア、ペンネ、ニョッキ)、フレンチ(オニオンスープ!)などなど、レストランに行かなくてもトレジョーで済む。しかもお手頃価格。

常に新製品を開発してるんで、飽きがこない。逆に、原料の季節が終わったらその製品は生産停止。

最近見つけたお気に入りは、自宅で焼くだけのmulti grainクロワッサン。

アメリカ在住でトレジョーにまだデビューしてない人には一度行ってみることをおススメ。あと、アメリカ観光する人にも、地元の生活を垣間見れる場所として行ってみると面白いかも。

ちなみに、都市部に住むこだわりゲイは、もちろん食にもこだわります。なので、高級食材を取り扱うWhole Foodsでは、ゲイの出現率も自然と高くなる。僕がかつて住んでた東海岸のゲイタウンにも、巨大なWhole Foodsがあったのだけど、そりゃーいつ行ってもオシャレな服を着たヤッピーなゲイたちがオーガニック・フードをご購入。しかも、食料品だけじゃなくって、たまに男も「お持ち帰り」することもできるハッテン場になってたらしい。僕もオヤジに追いかけられたことはあるけど、お持ち帰り経験は残念ながらなし。きっと、ロサンゼルスでもゲイタウンWeHoのトレジョーとかWhole Foodsにいくとハッテンしてるのかなぁって思う。今度行くだけ行ってみようかなぁ。。。

3 件のコメント:

  1. ども、hectorです。僕もトレジョー大好きです。なるほど、ゲイの出没率が高い…美容や健康に気を遣っている人が多いから、その解釈は理にかなっていますね。これからはトレジョーに行く時でさえも身だしなみに気を付けようと思います。

    返信削除
  2. 一時期、リッチなヤング・エクゼクティブにでもナンパされないだろうかと、意味もなくWhole Foods通いをしたことがあります。ははは。ちなみに、テキサスはオースティンにあるWhole Foods本店。

    テキサスはWhole Foodsの本拠地なせいか、トレジョがなかったので、ミシガンに引っ越してから知りました。今はお気に入り。今日も行ってきました。

    返信削除
  3. そうそう、Whole Foodsはテキサスのオースティンが発祥だよね。僕もその本店に行ったことあるー。倉庫みたいに超だだっ広いお店だったのをよく覚えてるよ。今見たら、ホントにトレジョーってテキサスに1店舗もないんだね。Whole Foodsのおひざ元で進出できないんだろうね。

    やっぱ、買い出しに行くときでも身だしなみに気を付けるような緊張感ある生活を送ってたら、男子力がアップするんだろうねぇ~。こないだは、週末だったこともあり顔も洗わずヒゲボーボー、着古したフリース着てトレジョーに行っちゃったよ・・・。

    返信削除

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)