2011年3月6日日曜日

The Adjustment Bureauも観た~

今週末は映画三昧だ。昨日封切りのThe Adjustment Bureauも観てきたぞ。主演のマット・デイモンとエミリー・ブラントが、今週、同じ夜に、別々の深夜トークショーにゲストで登場してこの映画の番宣をやってた。






ストーリーは、いちおうロマンスものってことになってんだけど、それよりもSFサスペンス色が強いなと思った。『Men in Black』と、『City of Angels』(ニコラス・ケージとメグ・ライアン主演)に、ドラえもんの「どこでもドア」を足して割った感じ。マンハッタンの土地勘がある人が見ると一層楽しめる。マンハッタンを走り回る映画だから、「あ~、ここ知ってる~」っていう場所がよく出てくる。

SFちっくな設定だけど、<人間の自由意思とは?>という哲学的で宗教的な問いかけが根底にあるので、その辺を深く考えていくと、深読みもできる作品かな。。。日頃、自分たちの自由意思で取捨選択をしていると思っていても、実は大きな見えざる手によってそう判断するよう導かれている・・・かもしれないというお話。

でも、やっぱマット・デーモンって、『ボーン・アイデンティティ』でみせた、あの特殊訓練を受けた鉄人殺し屋役が最高だったよね~。今回も、やっぱ追われっぱなしで、常に女性を連れて逃げ回る役でさ、結局、ボーンと変わらないじゃん!って思った・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)