2010年9月17日金曜日

アイルランド系

1週間ぶりにステューに会ったら、ヒゲをはやしてた。

ますます、サッカー解説員のAlexi Lalasに似てきた・・・・。こらえきれず、本人に「アレクシー・ララスに似てるって言われたことない?」って聞いたら、「ない」、とのこと。「同じred hairだから似て見えるんじゃない?」とも。アメリカ人って、あんまり誰に似てるとかっていう話をしないよね。。。それがかっこいい人であっても、本人の個性を否定してる風に聞こえるとこがあって、嫌がる人もいるしね。それにしても似てるべ、あ、ヒゲがね。写真と同じ感じで、うっすら無精ひげ。萌え~。



一緒にシャワーを浴びながら、しげしげヒゲと胸毛を眺めてると、逆に質問されてしまった。「何日ぐらいヒゲそらなくてもいいの?ヒゲ、ないよね」って。確かに・・・。アジア人だからそもそもヒゲが薄いんだけど、またさらに僕は薄いんです。基本的に、頬には生えない。口とアゴのみ。

そしたら、ステュー、「いいよねぇ」って。そうかな?ヒゲが立派に生える男はカッコイイと思うんだけど。さすがに狼男みたいな黒い毛が背中や肩、胸、腹に一面に生えてるのは嫌だけど、ステューみたいにほどよく金髪・赤毛っぽいのが生えてるのはセクシーだと思うんだけど。そこで、

「ヒゲ好きだけど」と言うと、

「俺って、ヒゲが下の毛までつながってるんだよ。だから首・喉も毎日そらないといけなくてrazor burnがひどい。やっぱアイルランドの血だな」とのこと。

アイルランド人って毛深いの?なんか白人全般が毛深い印象なんだけど、確かに白人でもスベスベの男性っているよね。ステューもオシリはスベスベなんだけど。。。

19世紀にアイルランド人がアメリカに移民してきたころ、先に入植していたイギリス系に、アイルランド人は野蛮、教養がないって差別されてたんだよね。アイルランド人は毛深くて身体が巨大というレッテルが貼られて、アフリカからの移民と同じ低賃金の仕事についてた。映画、アンタッチャブルでも、ショーン・コネリーが演じるアイルランド系の同僚に対して「アイルランドのブタ野郎」って暴言を吐くシーンがある。





アジア人の僕からしてみれば、イギリス人のあんたたちも十分毛深いでしょうと思うんだけど。

こういう歴史的背景があるから、St. Patrick's Day(アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日で、アメリカではニューヨークやボストンなど、アイルランド系移民の多い地域・都市で盛大に祝われる)は盛り上がるんだろうな。Love Irish!

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)