2010年7月24日土曜日

ロスのイメージって?

先週の『世界!弾丸トラベラー』を見てたら、場所がロスだった。(今週も、その後編でロス。)わ~い、地元だぁ~と思って喜んで見たら、なんかがっかり系。



『世界!弾丸トラベラー』'10.7.17 (1-2) 吉川ひなの&ギャル曽根

『世界!弾丸トラベラー』'10.7.17 (2-2) 吉川ひなの&ギャル曽根


まず、これは地元住人にとってはしょうがないことなんだけど、見てて新鮮味がない。「あ~、あそこね」っていう場所ばっかりで、テレビに期待する「裏情報」とか「最新情報」がゼロ。全米第2の都市、ロスなら他にも穴場があるだろー、と期待して見たのが悪かったかも。吉川ひなのがプレゼンツしたという建前だったけど、ホントに彼女のセレクションだったのかも。

あと、泊まったホテルBeverly Wilshire Beverly Hills (A Four Seasons Hotel)は、映画「プリティーウーマン」の舞台になった豪華ホテル。見てて、「あ~、あのロデオドライブのホテルに泊まったのね。やっぱ予算があるんだなぁ~」なんて思ってたのに、そのトリビア情報がなし。ナレーター天野君のせいじゃないと思うけど、そういうチョイネタを付け加えることで、視聴者を楽しませるのがテレビのお仕事でしょう~?この点でも肩透かし。撮影当時の裏話とかあってもよさそうなのに。




あと買い物といっても、ロバートソン・ブルバードとラブレアっつーお決まりコースだし。パリスだブリットニーだのもう古いんじゃねーの?っていうので盛り上がってたのもしらけちゃったー。泊まったホテルがあるロデオドライブは、ロスで一番の高級ショッピング街。な・の・に、その情報もないしさ。

食事も食事で、せっかくギャル曽根がいるんだからもっと深堀してもよさそうなものを、ホットドッグとステーキっつーアメリカ料理の定番。。。ロスならもっとうまいもんがあるべー。サンディエゴに行く暇があるなら、サンタバーバラのワイナリーに行って欲しかったよ。吉川ひなのの泥酔姿のほうがテレビウケはいいとおもうんだけどなぁ~。

それにロスに来たからにはウェストハリウッドのゲイライフなんかにも突撃レポートしたら、さぞ面白かっただろうに・・・。それもなし。過去に弾丸で木下優樹菜がロスに来るエピソードがあったけど、それと大して変わらない内容だった。。。来た人が違っただけ、という感じ。


今回のエピソードみてて、なんかロスって、ハリウッド、パリス・ヒルトン、テーマパーク、ステーキ、ホットドッグ、高速道路、やしの木・・・・っていう頭悪そうなイメージばっかだなぁ~って思ってしまった。有名建築家Frank Gehryが設計したWalt Disney Concert Hall とか、美術館のGetty Center & Villaとか、知的トラベラーを満足させる名所もたくさんあるのに・・・。

Walt Disney Concert Hall


Getty Villa


自分が住んでる街のイメージが、こうも頭悪いものなのかと、ちょっと愕然。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)