2008年12月11日木曜日

ちょー怒涛

師走、どーよ。この忙しさ加減。もー、いいかげんにしろっちゅーねん!っていうくらい。この年末も差し迫ったときに、アメリカの企業の買収または資本提携したいんで、先方に連絡とってくれます?なんていうご無体な連絡が来て、もー、怒涛。やめてけれー。このままほんわかモードで年末を迎えられると思ってたら、裏切られた。しかも、レポートがあと3本残ってるし。死ぬ。

年末の予定も全く立たず、このままだと、この街でつまんねー、年末年始になりそう。ジェームスのご両親が住むフロリダに行こうか?なんていうプランもあったけど、いつのまにか立ち消え・・・。

超忙しいときに限って、男から連絡が・・・というのが僕のパターン。またです。きました、過去につきあってた海軍勤務のジェレミー。過去、このブログでもご紹介したよ、確か。当時、海軍基地があるサンディエゴに異動になって、それっきりだったけど、先週、彼からeメールがきやした。なんでも、今はサンフランシスコに引っ越して、製薬会社で働いているとか。多分、営業職だろうなー。だって、彼、高卒だったし。

久々だねー、なんてメールをやり取りしてたら、facebookかmyspaceの会員になってる?っていう質問が。両方、入ってましたが、飽きたというのと、実名、写真つきでプロフィールを作ってたのでキャンセルしてた。最近じゃー、若者は、eメールじゃなくってこういうソーシャルネットワークサイトでメッセージのやり取りや近況報告をするんだってねー。へぇ~。なんか面倒だけど・・・。結局、facebookにメッセージが来たというお知らせが、eメールで来るし。それだったら、eメールでコミュニケートするのと変わんないジャン!って思うのは、やっぱり旧世代の考え方?

とーにーかーく、ジェレミーに聞かれ、思わず、facebookのアカウントを復活してみた僕。そーしーたーら、あの、シアトルに一緒に旅行に行ったブライアンから、3年ぶりくらいに僕のfacebookに友達に登録しましたという自動メッセージが。

「まだ生きてたのかー!」って早速返事を出したら、「君こそまだこの町にいるわけ?ぜーんぜんみかけないじゃん!」という返事。そうさ、僕はもうゲイバーは卒業して、意味ある有意義な生活を送ってるんだい!と強気な返信をしたけれど、要するに、地味なプライベートライフをひそかに送ってるだけっちゅーだけの気も。

いやー、おそるべし、ソーシャルネットワーク。facebookって、自分のeメールでやり取りしたことがある人で、facebookにプロフィールを作っている人を全員、探し出す機能がついていて、過去に、ちょっとだけデートしたことがある人なんかが、写真つきでプロフィールを作ってたりするのも探し出しちゃったりして大変。世の中、ますます狭くなってきてるって感じるねー。ちょっとメールアドレス入れただけで、何やってるかクリック一つだからねー。いやはや。

この年末は、一年を振り返るどころか、過去5年間くらい振り返ることになりそうぅぅぅ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

*このサイトで取り上げた内容を記事として転載・流用される場合は、本サイトのURLを情報元として併記していただけると幸いです。m(_ _)m If you would like to republish or mention the content found here, please include my website as a reference and/or source. Thanks!

自己紹介 About Me

自分の写真

My blog:

メインブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ American Gay Life (since 2004)
サブ・ブログ:アメリカ・ゲイ・ライフ日記 American Gay Life Diary(since 2013)

単身渡米してなんとか生き延びてる日本人。主にアメリカで起きてるゲイについてのニュースやハリウッド・セレブ、スポーツ選手たちのゴシップが中心のブログをメインブログで書いてます。恋バナや個人的なことはサブ・ブログで。

 Born and raised in Japan, I decided to immigrate to the U.S. to pursue a more liberated gay life. I am mostly writing about gay-related news and gossip about male celebrities, LGBT issues in general, and sometimes personal bromance. Most of my posts are in Japanese, but I sometimes introduce Japanese television programs and gay-related cultural stuff in English. Feel free to leave comments in my blog. ;)